闇金(ヤミ金)の金利は通常の500倍!?知らないと怖い利子相場|闇金相談解決ガイド

闇金相談解決メニュー
闇金(ヤミ金)の金利は通常の500倍!?知らないと怖い利子相場
闇金(ヤミ金)の金利は通常の500倍!?知らないと怖い利子相場
闇金(ヤミ金)の金利は通常の500倍!?知らないと怖い利子相場

闇金(ヤミ金)の金利は通常の500倍!?知らないと怖い利子相場


318115 評価:4.5
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を評価する
在我が国日本では貸金業法という法律により上限金利が年、10万円未満20%、10~100万円未満18%、100万円以上15%、と定められていますが、闇金(ヤミ金)業者は最低金利と呼ばれる「トイチ(10日で利息1割)」でも年、単利で365%を超える不当な暴利を貪ります。闇金(ヤミ金)は日本の法律上刑事罰の対象となりますが、法外な金利を課す違法業者と知りながら借入を実行し闇金(ヤミ金)業者とのトラブルに悩む人が後を絶ちません。

日本闇金(ヤミ金)解決センター 金城


法律で定められた金利は年20%が上限

出資法・利息制限法という法律では貸金業者が個人に融資をする際

10万円未満(年)金利20%まで

10万円以上~100万円未満(年)金利18%まで

100万円以上(年)金利15%まで

融資する金額により金利の上限が決まっており、延滞金を含んでも金利は最大20%までと定められています。


律で決められた上限金利20%以上を課すと登録の有無に関わらず闇金業者です!

日本闇金解決センター 金城


闇金(ヤミ金)の金利は最低でも年365%以上

闇金(ヤミ金)は非合法な業者なので際限なく金利を課してきます。

10日で1割の金利→トイチ(年)金利365%(上限金利の18倍)

10日で3割の金利→トサン(年)金利1095%(上限金利の54倍)

1週間で2割の金利→週2(年)金利1043%(上限金利の52倍)

1週間で5割の金利→週5(年)金利2607%(上限金利の130倍)

1日1割の金利→アスイチ・カラス金など(年)金利3650%(上限金利の183倍)

1日3割の金利→ヒサン(年)金利10950%(上限金利の548倍)

闇金(ヤミ金)業社により金利はさまざまなので、相場というものがありません。

一番低い金利のトイチでも年間を通した金利に換算すると利率365%以上という途方もない金利になります。


闇金(ヤミ金)と消費者金融の金利比較

闇金(ヤミ金)業社正規登録された消費者金融5万円を借り入れた場合の金利を比較します。

闇金(ヤミ金)業社で5万円を借り入れた場合

トサン(年金利1,095%)で借り入れ

 

 10日間で1万5000円の利息 

「5万円×30%=1万5000円」

(借入額×金利=利息)

 1日あたり1500円の利息

「1万5000円÷10日=1500円」

(利息÷利息の日数=一日あたりの利息)

 1ヶ月あたり4万6500円の利息

「1500円×31日=4万6500円」

(一日の利息×1ヶ月の日数=1ヶ月にかかる利息)

 1年借り入れると54万7500円の利息

「1500円×365日=54万7500円」

(一日の利息×1年の日数=1年にかかる利息)

このようにこれだけの法外な利息が発生します。


正規登録された消費者金融で5万円を借り入れた場合

法律で定められた上限金利20%で借り入れ

 

 1日あたり27円の利息

「5万円×20%÷365日=27円」

(借入額×金利÷1年の日数=1日の利息)

 10日あたり270円の利息

「27円×10日=270円」

(1日の利息×10日間=10日間の利息)

 1ヶ月あたり837円の利息

「27円×31日=837円」

(1日の利息×1ヶ月の日数=1ヶ月の利息)

 1年借り入れた場合は9855円の利息

「27円×365日=9855円」

(1日の利息×1年の日数=1年の利息)

このように闇金(ヤミ金)に対して圧倒的な金利の差が発生します。


大手消費者金融3社と闇金(ヤミ金)の金利を比較

大手消費者金融アコム・アイフル・プロミスの3社で借入をした場合と闇金(ヤミ金)で借入をした場合の金利比較


(年)金利5万円を1ヶ月
借入した場合の利息
アコム3%~18%最大金利18%で計算
764円
アイフル3%~18%最大金利18%で計算
764円
プロミス4.5%~17.8%最大金利17.8%で計算
755円
闇金(ヤミ金)365%~3650%以上1095%(トサンの金利)で計算
4万6500円

このように闇金(ヤミ金)だけが圧倒的に金利が高いという結果になりました。


金(ヤミ金)の利息が正規登録された消費者金融と比較して高金利であるのは、警察や弁護士・司法書士などに介入され借金の回収が不可能な状況に陥った際の損失をカバーするためです。仮に闇金(ヤミ金)の金利をトサン(10日に3割の利息)として5万円の借入を10人が実行した場合闇金(ヤミ金)業者は50万円の投資が必要となりますが、そのうち2人が法律家の介入によって回収が不可能になった場合10万円の損失を負うことが確定します。ですが高金利を課すことで他8人から10日間で利息12万円が生じるため損失の10万円を十分に補うことができると言う訳です。
 正規登録された消費者金融に比べ闇金(ヤミ金)業者は債権回収が不可能になるリスクが非常に高いことから、金利を高くすることで常にリスクの分散(リスクヘッジ)を図り更に「少額のみの貸付」「貸付時に利息の先引き」を行うことでリスクを最小限に抑えます。
 何も儲けがしたいがためだけの高金利ということではなくリスクを考慮した上で設定されている金利ということを考えるといかに狡猾に営業を行っているかが察することができるため迂闊に手を出すことは危険です。

日本闇金(ヤミ金)解決センター 金城
top_cv_area


闇金(ヤミ金)を対象とした刑事罰則の種類

利息の上限は年、金利20%まで 


「出資法」・「利息制限法」では
金利の上限は借り入れた金額の20%までと定められているため

20%以上の金利を課した場合
刑事処罰が下ります。

109.5%以上の金利を課した場合には
更に重い処罰が加わります。


上限金利20%を超えた場合

法で決められた上限金利20%を超す利息を請求した場合

5年以下の懲役 

1000万円以上の罰金

もしくは併科

などの刑事処罰が与えられます。


年、金利109.5%を超える場合

また、年利が109.5%を超える場合は刑事処罰が更に重くなり

10以下の懲役

3000万円以下の罰金

もしくは併科

の刑事処罰が下ります。

一番低い金利の「トイチ」でも年間を通すと金利365%以上となるため、「闇金(ヤミ金)対策法」の刑事処罰される対象となります。

「闇金(ヤミ金)対策法」 

違法な金利での貸付は上に書いた刑事罰則の他にも

  違法な広告・勧誘  

→100万円以下の罰金

  違法な取り立て行為の規制  

→2年以下の懲役

→300万円以下の罰金

→もしくは併科

  年109.5%を超える金利の無効化  

→年109.5%を超える金利を課した場合

契約は無効とされ一切支払う義務はありません。


また、闇金(ヤミ金)から借りたお金は

「不法原因給付」といって

元金を含め返済する義務や

金利を支払う義務はありません。


闇金(ヤミ金)と正規登録された金融業者を見分けるポイント

闇金(ヤミ金)業社を簡単に見分けるポイントは4つ

 固定の電話番号がない

 貸金業者の登録がない

 営業を行っている住所が不明

 上限金利20%を超える貸付の条件

貸金業法では業者を特定する住所や貸金業者登録番号などの情報開示が義務付けられていますが、闇金(ヤミ金)業者はこうした情報の開示をしません。

闇金(ヤミ金)の情報の確認

正規登録された金融業者では「貸金業法」に従い

 貸金業登録番号

 所在地

 商号と名称

 代表者名

 電話番号

 貸付条件(金利など)

明示しなければならないことが義務付けられています。

もし借入を行う際は安易に信用せず、必ず確認する必要があります。

闇金(ヤミ金)は正規登録された中小金融を装い別の業者情報を偽って掲載している場合があるので

 大手消費者金融に似た名前

 聞いたことのない金融名

である場合には上記の確認に加えて細心の注意が必要です。


確認の方法

金融庁「登録貸金業者情報検索サービス

登録番号や商号といった情報を入力することで国に正規登録されている業者を検索することができます。

検索をした結果

業者が名乗る商号と違っていた

登録番号や住所が違う

何度検索しても情報が照会されない

という場合にはその業者は闇金(ヤミ金)だと言えます。

日本貸金業協会「悪質業者の検索

闇金(ヤミ金)業者を始めとした悪質な業者の情報を一部入力するだけでも検索することが出来ます。

ただし以下の3つの理由から入力後、照会されなかったからと言って安心することは非常に危険です。

闇金(ヤミ金)業者は登録情報を変えやすい

正規登録された金融は照会されない

寄せられた情報がデータベース化されている

情報を確認する際は「登録貸金業者情報サービス」と併用してください。


在我が国日本では貸金業を営む場合には貸金業法で定められた上限金利などの規則に則った上、金融庁の管理下において国の許可・登録が義務付けられています。正規登録のされている貸金業者で金融庁の登録情報に乗っていないということは有り得ませんので、金融庁の登録貸金業者情報検索サービスに載っていなければ闇金(ヤミ金)と思って間違いありません。

日本闇金(ヤミ金)解決センター 金城
top_cv_area


被害の急増と多様化する闇金(ヤミ金)の手口

近年ではインターネットの普及により闇金(ヤミ金)の営業形態が従来の闇金(ヤミ金)に比べ多様化している傾向にあります。

「ソフト闇金(ヤミ金)」

従来の闇金(ヤミ金)に比べ対応や金利が「ソフト(=優しい)」というイメージから名付けられた闇金(ヤミ金)業者。インターネットなどで自らソフト闇金(ヤミ金)を名乗り告知をする闇金(ヤミ金)業者も。


「SNS闇金(ヤミ金)」

インターネットやスマホの普及に伴いソーシャルネットワーキングサービス(通称:SNS)を利用した闇金(ヤミ金)業者。告知・連絡・取り立て行為をLINEやFacebookといったSNS上で行うことから「LINE闇金(ヤミ金)」「fecebook闇金(ヤミ金)」と呼ばれることが多いようです。


「スマホ契約融資」

闇金(ヤミ金)営業に必要な「飛ばし携帯」(他人名義の携帯)を得ることを目的とし、借り手側に必要な信用回復を謳うことでスマートフォンやタブレットを複数台契約させ融資を行う闇金(ヤミ金)業者。

携帯電話の第三者への譲渡は犯罪になることやスマートフォンの割賦金、契約に関することは全て自身の責任であることなど注意が必要です。


「銀行口座担保融資」

銀行口座を担保に融資を行う闇金(ヤミ金)業者ですが、口座の第三者への譲渡は法律での禁止事項であるほか担保として業者が口座を保管することも禁じられている行為となりますので注意が必要です。


「上限金利よりも少し高い程度の金利でお金を融資」

従来の闇金(ヤミ金)と比べ金利設定を低くしている業者であったり個人間融資で認められた年、109.5%程度の金利で貸付を行う業者のことを指します。

弁護士や警察が介入した際に金利が109.5%以内の「個人間融資」であることを主張する闇金(ヤミ金)も居ますが「業」として上限金利20%を超える金利を課していることは全て違法行為となり闇金(ヤミ金)対策法に基づいた刑事処罰の対象です。


来の闇金(ヤミ金)に比べ借入が簡単なイメージを持ちやすい傾向にあることから安易に借入をしてしまう方が増えていますが、上限金利をはるかに超える金利を課されると坂を転がるように利息は増えていくため返済は困難の一途を極めます。返済が滞れば悪質な取り立てに遭うことは誰の目にも明らかですので安易に闇金(ヤミ金)からの借入を実行することは絶対にしてはいけません。
 闇金(ヤミ金)の手口は巧妙で年々手口を変えていくために被害が発覚しづらいですが、貸付条件である金利を基準にすることで闇金(ヤミ金)と正規登録された金融業者との見分けはつきます。甘い誘惑や勧誘にその場でのらず、少しでも不審な点のある業者から借入を行わないことで被害は未然に防ぐことが可能です。

日本闇金(ヤミ金)解決センター 金城


やむを得ない理由でお金が必要ならば

闇金(ヤミ金)被害に遭った方の中には銀行や消費者金融等で借入が行えないためにやむを得ず利用してしまった…という人も中には居ます。そんな場合には国の「公的融資制度」と呼ばれる融資制度を利用してください。

公的融資制度には様々な種類がありますが、以下3つが個人が受ける一般の融資として利用しやすい制度となっています。

 緊急小口資金制度

 生活福祉資金貸付制度

 求職者支援資金融資制度

貸付額や貸付条件などは各管轄地域によって変わりますのでお住まいの地域で確認をしてください。

国の融資制度なら低金利・もしくは無利子

生活福祉資金貸付制度をはじめとした国の融資制度では無利子・低金利での融資を受けることができます。

 連帯保証人を立てた場合→無利子

 連帯保証人を建てない場合→年、金利1.5%

金利1.5%というのは一般の消費者金融や銀行系カードローンの最低金利よりも低い金利となっています。

貸付条件などは厳しいところもあり融資を受けるまでに手間もかかりますが闇金(ヤミ金)の金利を考えると生活の立て直しが図りやすく、利息の支払いにより生活が逼迫する心配もありません。

生活福祉資金貸付制度の融資を受けたい場合は厚生労働省の「生活福祉資金貸付制度」のページから各金利や貸付の条件など詳細を確認してください。


闇金(ヤミ金)に困っているなら法律家へ

闇金(ヤミ金)から借入を実行してしまったことで悪質な取り立てを始め、高金利によって発生する利息に追われ生活が逼迫している方は、出来るだけ早く法律家に相談することで状況の回復をすることができます。

専門の法律家に頼むメリット

専門の法律家に頼むことで以下4つのメリットがあります。

 取り立てをすぐにやめさせられる

 闇金(ヤミ金)での借金がなくなる

 和解の交渉などすべて任せられる

 生活の再建を図れる(債務整理)


同時に債務整理をするメリット

闇金(ヤミ金)での借入を実行してしまう方の多数が多重債務に悩んでいることから、闇金(ヤミ金)で借入を実行するほとんどの方がやむを得ず闇金(ヤミ金)からの借入を実行してしまう状況であることが伺えます。

第三者からの借入や闇金(ヤミ金)からの借入を実行してしまうと連鎖的に次の借入に繋がることも多くこうした状況を変えるためには根本的な解決としての「生活の再建」が必要になります。借入を繰り返してしまう状況に陥るのにはいくつかの原因が複合している場合が多いですが弁護士や司法書士を介入させ債務整理などを行うことで原因を追求し改善することで生活の再建を図ることができます。


相談は必ず「専門家へ」

弁護士や司法書士はたくさん居ますが闇金(ヤミ金)に関する相談や解決はどこの弁護士事務所や司法書士事務所でも扱っているわけではないので、必ず闇金(ヤミ金)に関する事案を取り扱っている弁護士事務所や司法書士事務所に相談・依頼をしましょう。

まずは無料相談してみませんか?

自力で闇金(ヤミ金)に関する事案を取り扱う弁護士や司法書士を探すのは至難の業ですが、当サイトでは闇金(ヤミ金)に関するトラブルに悩む方の力になりたいと弁護士事務所や司法書士事務所の紹介を行っています。

当サイトの取り組みとして通常法律家への相談は30分○千円と費用などがかかる場合がほとんどですが

費用などが心配で依頼になかなか踏み込めない…という方のために

 相談無料

 後払いや分割払いに対応

 全国対応

などの取り組みを行っている事務所を専門的に紹介しています。

相談後も事務所側が無理に依頼の流れにもっていくということは一切ありませんのでどうぞ安心してご利用ください。

専門家に悩みを打ち明けるだけでも不安で憂鬱な気持ちが軽くなったという相談者も多いため、現状を打破するためにもまずは相談をすることが解決への糸口を掴む一歩目です。

top_cv_area


金(ヤミ金)の被害を未然に防ぐには借入をしないことが一番ですが、すでに借入を実行している場合には現状を打破することを第一に考え早急に手を打つ必要があります。費用や解決方法など先の見えない恐怖に不安を感じて悩むこともあるでしょうが、相談を思い悩んでいる間にも取り立ては周囲に拡大していき利息は膨れ上がる一方であること、闇金(ヤミ金)からの借入を実行してしまった時点ですでに一人での問題ではないことをしっかりと認知してください。
 この記事を読んでいるなら解決する意思があるのだと思いますが行動をすることでしか現状は変えることができません。あなたのこれからの人生をより良いものにするためにも問題を解決するべく専門家への相談をすることでまずはその一歩を踏み出しましょう。
闇金(ヤミ金)に強い弁護士や司法書士への情報はこちらから見ることができます。

日本闇金(ヤミ金)解決センター 金城



おすすめ 取り立て 口コミ 司法書士 和解 報復・嫌がらせ 弁護士 手口 無料 相談・解決 知識 被害 費用 金利
〜複数の事務所に相談する事でより早く解決する〜
日本最強の専門家集団!

闇金に関する相談解決は→