ヤミ金被害の相談は【即日解決】の日本闇金解決センター

闇金相談解決メニュー
闇金相談のことなら日本闇金解決センターメイン画像

闇金相談に強い弁護士・司法書士!「相談件数・閲覧数・おすすめ」でランキング


すぐ相談解決できる頼れる専門家比較!

全国対応 相談無料 人気

おすすめ度

24時間電話受付/成功報酬/相談無料/後払い可/年中無休
迅速丁寧悩む前に是非ウイズユーに相談を。

・・・ただいまの時間は電話がつながります(無料)

全国対応 相談無料 人気

おすすめ度

相談無料、元金返済不要、後払い可、即日対応!
解決費用1~4万。ご相談はお気軽に。

ただいまの時間はメールで相談できます(24h)

本当に解決できるか心配ですか?

ヤミ金トラブル即解決マンガ!


あなたに合った解決をしてくれる専門家!

ただいまの時間はメールで相談できます(24h)

>>全てのヤミ金相談専門家をみる

最強の闇金解決法律家集団


ウイズユー司法書士事務所


24時間受付中!!どのような闇金問題も「必ず」解決致します。お気軽にご相談ください。

しもひがし法務司法書士事務所


しもひがし法務司法書士事務所では匿名での相談をお引き受けすることによって プライバシーに配慮し、相談がしやすい環境を整えております。

グリフィン法務事務所


グリフィン法務事務所ではどのような闇金問題も「必ず」解決致します。お気軽にご相談ください。

日本闇金解決センター


掲載無料。ご掲載頂くと、専用の管理画面が発行されます。

.よくある質問
ールでの相談受付は24時間年中無休・全て無料で受け付けておりますが、電話受付の時間帯は事務所によって異なりますのでTOPページ及び各事務所ページからご確認をお願いします。

お答えします!
サイトでは金銭的な問題を理由に相談や依頼ができない相談者を減らすため、後払い・分割払いに対応している事務所の紹介を行っています。
まずはお気軽に当サイトより事務所へ状況をご相談ください。

お答えします!
いえ、弁護士や司法書士には守秘義務があるため勝手に相談内容を第三者へ知らせることはありません。
ただ、相談せずに状況を長らく放置していると闇金業者の嫌がらせから周囲に知られてしまう可能性があります。
出来るだけ早く弁護士や司法書士に相談することを強く勧めます。

お答えします!
話のみの対応や、年金利20%以上の金利を課すことなどが当てはまれば闇金です。
ですが自分で判断することが難しいと感じた場合には気軽に当サイトから事務所へ相談してください。

お答えします!
サイトより事務所に無料相談→受任契約を締結→弁護士・司法書士が即日~数日で取り立てをSTOP→和解交渉→解決、という流れです。
まずはお気軽に状況やお悩みをご相談ください。

お答えします!
い、確実に止まります。
案件によって数日お時間をいただく場合がございますが当サイトで紹介している事務所はどの事務所も事案の8割相当を最短で即日、通常で3日以内にストップさせることに成功しています。
安心してご相談ください。

お答えします!
ヤミ金に関する知識が盛りだくさん!







>>全てのヤミ金基礎知識をみる

ヤミ金に関する知識が盛りだくさん!


知らないと危険!優しいヤミ金「ソフト闇金」をご存知ですか?...


皆さんは「闇金」と聞くとどのような想像をされるでしょうか?一昔前に比べ、暴力的なことを行わず親身になって相談に乗ってくれる「ソフト闇金」と呼ばれる闇金業者が増えてきました。ですが闇金は闇金。ここではそのソフト闇金についてご紹介します。日本闇金解決センター 金城この記事はこんな方にオススメ(この記事は約5分で読めます。)・ソフト闇金って何?・闇金での借入を検討している・ソフト闇金を利用するとどうなるのか結論:ソフト闇金は全然優しくない「従来の闇金よりも柔軟で優しい接客・取立て」という意味を持つソフト闇金ですが、その実態は結局のところ従来の闇金と何ら変わりがあるものではありません。金利や貸付条件金利は従来の闇金と比べ低く設定していることがソフト闇金の大きな特徴として挙げられますが、法定金利外(違法な高金利)であることに何ら変わりは無く、また金利設定も各ソフト闇金業者によって変わります。貸付条件はこれまでの闇金と大きく差があることはないでしょう。ソフト闇金の目的とは金利を低く設定し、従来の闇金と違って顧客(債務者)と信頼関係を築くことによって長期的な利息の回収を目的としています。勿論回収が困難になれば従来の闇金と同様、苛烈な取り立てによる利息の回収方法も行うでしょう。信頼を利用した悪質な被害親身になり話を聞くなどして顧客の信頼を得るようになると「整理屋」と呼ばれる偽の弁護士・司法書士などを紹介したり、信頼感を利用して顧客や関係者の情報を悪用するなどの悪質な被害に遭うケースも増えています。闇金に強い司法書士は数が少なく、通常の司法書士に比べ見つけにくい事があります。そこで日本闇金解決センターでは全国対応・無料相談・分割や後払いに対応した司法書士事務所を多くご紹介しています。日本闇金解決センター 金城返せば大丈夫、ということは決してなくソフトな対応だからと言って安心していいものでも、決して勧められるようなものでもありません。絶対に利用しないようにしてください。日本闇金解決センターサポート カナコtop_cv_areaこの記事のまとめ ┣ ソフト闇金って何? ┣ ソフト闇金の金利や貸付条件は? ┣ ソフト闇金の目的とは? ┣ ソフト闇金の悪質被害 ┣ ソフト闇金で借りる前に ┗ まとめソフト闇金って何?「ソフト」とは本来、柔らかいものであったり対応や態度が柔軟な様を表す言葉ですが、ソフトヤミ金とは一体どのような闇金業者なのでしょうか?ソフト闇金の特徴ソフト闇金の特徴として「従来の闇金よりも金利が低く対応が優しく債務者の親身になってくれる」と言う特徴があるのがソフト闇金ですが、違法な高金利であること・返済が出来なくなれば悪質な取立て被害に遭うことを考えれば従来の闇金と何ら変わりありません。本当に優しいのか?借入の際の対応は従来の闇金と比べ通常の金融機関のように丁寧な対応をしたり、すぐに取立てが始まるのではなく返済を促すような督促から始まると言う点では従来の闇金に比べ優しいとされて居ます。ですが借入の敷居が低くなったと言うだけで優しいとは言い難いでしょう。ネット上の声ネットなどでソフト闇金の口コミを調べると「取立てを(最大1ヶ月程度)待ってもらえた」「(数万円の借入に対し数十万円の返済をしている場合)自身で和解をしてもらえた」と言うような口コミが見られます。ですがこうした対応は業者によること、元金以上の多額の返済金が必要なことを挙げると一概に言えるものではありません。闇金に強い司法書士は数が少なく、通常の司法書士に比べ見つけにくい事があります。そこで日本闇金解決センターでは全国対応・無料相談・分割や後払いに対応した司法書士事務所を多くご紹介しています。日本闇金解決センター 金城正規登録された金融機関からの借入が難しい方の場合、こうした業者(闇金)でも優しい・有難いと感じる方もいらっしゃるようですが新たに間口が広がっただけで何ら勧められるようなものでもありません。日本闇金解決センター 金城いくらソフト(優しい・柔軟)と名がついたところで闇金は闇金です。悪質な取り立てでもしなければ金銭の回収は難しい業界ですので、その恐ろしさは返済が出来なくなってから知ることになるでしょう。日本闇金解決センターサポート カナコソフト闇金の金利や貸付条件は?ソフト闇金の金利は従来の闇金と比べて低いとされて居ますが、実際どうなのかと言うのをここでご紹介します。ソフト闇金の金利「10日で20%」もしくは「7日間で30%」という金利で貸付を行なっているソフト闇金業者が多くあるようですが、法律で定められた法定金利は最大・年20%までのため従来の闇金と比べ低い金利設定であっても違法です。貸付条件貸付条件は、ネット上では従来の闇金よりも少し厳しめと言った声も挙げられますが、家族や親族がおり会社などに所属していれば貸付を行うソフト闇金業者が多いようです。取立てができる方のみ収入が安定していることに越したことはありませんが、闇金の場合家族や会社など取立てをされた際に弱みになるようなものを持っている人は借入が比較的しやすい傾向にあります。ですがこれは取立ての際の脅迫材料にすぎませんので、返済が出来ず取立てに追われるようになると家族や友人・会社など第三者を巻き込んで辛い目にあうと言うことを示唆している事でもあります。従来の闇金よりも低い金利での設定となって居ますが、正規の金融での借入に困るほど経済状況が逼迫している方にとって返済は困難なものになるのは明らかです。絶対に借入はしないようにしてください。日本闇金解決センター 金城また経済的に逼迫している相手に対し貸付をすることは回収が困難になる可能性があるということでもあります。その回収を可能にするためには「相手が”どうにかしてでも返済しなければ”という心理に追い込む」必要があります。日本闇金解決センターサポート カナコソフト闇金の目的とは?従来の闇金と比べ借入までの流れをより丁寧に優しい印象を与え、敷居を低くすることで生まれるソフト闇金のメリット(目的)とは一体どのようなものなのでしょうか?顧客との信頼関係を築くソフト闇金を利用する顧客に対して親身な態度を見せる事で信頼を築き「返さなければ相手が困る」という基本的な心理を債務者に植え付ける事で返済を要求するという、従来の闇金とは違ったアプローチで返済を要求します。利息の長期回収ソフト闇金業者は顧客との信頼関係を築く事で利息の長期回収を目的としています。ですがあくまでもソフト闇金の特徴としてこのような回収方法があるというだけで、苛烈な取立てによる長期回収の方法も視野に入れています。顧客同士のグルーピングソフト闇金では借入をしたい友人を紹介する制度や、顧客同士に返済を管理させるという方法もあります。これは顧客同士をグルーピングする事でソフト闇金業者による回収の手間を省いたり、「返済が遅れれば相手に迷惑をかける」という心理を巧みに利用しています。従来の闇金に比べソフト闇金は実力(暴力)主義という訳でなく、心理戦を利用した利息の回収を図るのがソフト闇金の最大の特徴とも言えますが、この方法はソフト闇金業者にとってもかなりの時間や手間を要するため業者によるところが大きいでしょう。日本闇金解決センター 金城またある一方では弁護士や司法書士に相談されて回収が困難な状況(不良債権)を出さないために顧客との関係をできる限り良好に保つという意見もあります。ですがこうした心理戦が通じない相手には容赦無く実力行使に出るケースもありますので、注意が必要です。日本闇金解決センターサポート カナコソフト闇金の悪質被害ソフト闇金だけに限った話ではありませんが、従来の闇金とは違い心理戦を用いるソフト闇金での圧倒的に多い悪質な被害をご紹介します。整理屋の紹介「整理屋」とは闇金業者と手を組んだ自称法律家(弁護士や司法書士)のことを指しますが、債務者の親身になったふりをして「闇金に関する債務を整理するのに良い法律家がいる」と整理屋を紹介して、金銭を巻き上げるケースが多発しています。個人情報の悪用上記しましたがソフト闇金は債務者(顧客)との距離感が近く、債務者側がソフト闇金業者を信頼しているケースも珍しくありません。信頼するあまり個人情報を話してしまい、自身だけではなく家族や友人・親族などの第三者に対して悪用されてしまうケースもありますので注意が必要です。他社での借入・増える借金「返済をするのに良い貸金(闇金)業者が居る」などとして別の場所から借入をさせ、借金を借金で返すように促します。従来の闇金業者でもあった被害ですが、特にソフト闇金では債務者の信用・信頼を利用し金を引き出せるだけ引き出そうとするような悪質な被害が目立っています。日本闇金解決センター 金城まるであたかも債務者にとって都合のいい話であるように言葉巧みに誘導しますが、闇金営業を行って居る時点でどんなに善人のような顔をしたとしても彼らにとってはそれもビジネスということを決して忘れてはいけません。日本闇金解決センターサポート カナコソフト闇金で借りる前に「ソフト闇金からお金を借りてはいけない」とは言え現実問題としてお金が無ければ生活は立ち行かなくなりますし、背に腹を変えられる問題でもありません。現在の状況を整理するソフト闇金での借入を検討する前に、自身の債務状況を整理する必要があります。弁護士や司法書士に依頼し、債務整理をしてもらう事で状況に応じて返済に猶予を持たせてもらえたり、減額・免除(破産)をしてもらえたりする可能性もあります。国の公的融資制度を利用する現在、今すぐにでもお金が必要な状況にある場合は国の公的融資制度を利用してはいかがでしょうか?やむを得ない理由がある場合は理由に合わせた給付や融資制度を利用できたり、緊急の場合は緊急小口貸付などの制度を利用できる可能性があります。本当に「どうにもならない」のか?「闇金から借りなければ生活の再建ができない」ということをおっしゃる方も少なくはありませんが、闇金から借りてしまうと生活再建の道はかなり厳しいものになります。大変厳しい現状を抱えていらっしゃるでしょうが、闇金からお金を借り入れる事にエネルギーを使うよりも目を逸らさずに生活再建を弁護士や司法書士といったプロと一緒に考えることを強く進めます。費用が用意できずに債務整理の相談することが出来ないと悩む方もいらっしゃるでしょうが、法テラスや消費者センターなどが行っている無料相談会もあり、方法はいくらでもあります。日本闇金解決センター 金城手間はかかりますがどうせ負債だからと諦めてしまわずに、負債をこれ以上増やさないための「稼ぎ口」として捉えて行動するというのも一つの考え方です。また現状を回復させつつもお金がどうしても足りないという場合は国の公的融資制度を利用しながら進めるのも一つの手段です。日本闇金解決センターサポート カナコまとめ今回の記事を簡単におさらいして、ソフト闇金からの借入を防ぐための知識としてぜひお役立てください。ソフト闇金とはソフト闇金とは従来の闇金と比べ比較的金利が安く、対応が優しい・柔軟な闇金業者のことを指しますが、債務者からできるだけお金を引き出そうとする悪質な業者という点において従来の闇金と何ら変わることはありません。ソフト闇金の金利・貸付条件ソフト闇金は金利を10日間で20%〜7日間で30%程度と従来の闇金に比べ低金利となっていますが国の法定金利は最大・年20%ですので違法に当たります。また家族があり、仕事をしている方のほとんどは融資を受けることが出来ますが、これらは家族や会社を担保(脅迫の材料)にしているだけで従来の闇金と何ら変わりはありません。ソフト闇金から借入れる前にソフト闇金から借入を検討する前に、現在の状況を整理し生活の再建を図ることを強く勧めます。

2019-09-13

admin

家族や友人が闇金から借りたら?周囲の人ができる闇金解決ポイント...


この記事では自分の家族や友人、恋人などが闇金からの取立てに悩んでいる場合にご自身が闇金トラブル解決のために出来ることをアドバイスします。日本闇金解決センター 金城この記事はこんな方にオススメ(この記事は約5分で読めます。)・家族や友人、恋人が闇金を利用した・闇金を利用した家族、友人、恋人を助けたい・家族、友人、恋人が闇金に追い詰められているようだ結論:自分にできる範囲のことをやる闇金は非常に厄介で、解決するのにはお金も根気も必要となります。また非常に厳しい言い方になりますが闇金を利用してしまった原因を根本から直さなければ、再び同じような被害に遭ってしまう可能性があることを必ず覚えておかなければいけません。第一に自分自身闇金は利息の回収が出来る見込みがあれば何でもします。身内や債務者の味方をしようとする方であれば「邪魔をするな」という意味も込めて、闇金が苛烈な嫌がらせをする可能性も否定できません。先ずは自身の身の安全を守ることを大前提として、トラブルと向き合う必要があります。その上で出来ること自分自身の身の安全を確保した上でやることは・闇金に強い弁護士や司法書士に相談する(相談するように説得する)・解決後、携帯電話の解約・変更などの手続きを手伝う・今後のことを考えた上でのカウンセリングを探すの3つが必要になります。場合によっては距離を取るのも大事なこと自身にとって大事な家族・友人・恋人など、繋がりのある関係者が闇金トラブルで悩んでいると「何とかして助けたい」と思うのが人の情というものです。ですが場合によっては債務者自身が闇金の取り立てに追われ正常な判断が出来ず、味方である貴方の情報まで闇金に渡してしまい兼ねません。自身が無理だと思ったら無理せず、距離をおくことも時には重要な判断だと言うことを常に覚えておく必要があります。意外に思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、闇金トラブルに関する問題は根が深く厄介なものです。自身が無理だと思ったり、自身が被害に遭うような事があれば迷わずすぐに闇金に強い弁護士・司法書士にご相談ください。日本闇金解決センター 金城また債務者の相談に乗ってしまう方がしてしまいがちなのが「返済を肩代わりする事」ですが、これは状況を悪化させてしまい兼ねませんので絶対にしてはいけません。日本闇金解決センターサポート カナコこの記事のまとめ ┣ 家族・友人・恋人が出来ること ┣ 家族や友人・恋人がやってはいけないこと ┣ 覚えておきたい闇金知識 ┣ 解決するためには ┣ 本人で解決できるのか? ┗ まとめ家族・友人・恋人ができる事自身の家族や友人・恋人が闇金からお金を借りてしまい、苛烈な取り立てに悩んでいるとなれば「何かしてあげなければ」と思ってしまうのは人として当たり前の気持ちです。ですが闇金は違法のプロですので無闇に行動してしまうのは非常に危険です。被害に巻き込まれないようにする闇金を解決しようと無闇に動いてしまっては被害に巻き込まれたり、最悪の場合闇金苛烈な取立ての矛先がこちらに向かう可能性も十分にあり得ます。先ずはご自分の身や、小さなお子様、ご高齢のご家族の身の安全を確保する事が最重要課題だと言うことを念頭におくようにしてください。被害に巻き込まれないようにするコツは闇金に自身の情報を漏らさない、関与していることを認めない、被害が出てしまった場合はすぐに警察や闇金に強い弁護士・司法書士に相談することです。日本闇金解決センターサポート カナコ弁護士・司法書士費用を立て替える弁護士や司法書士に相談して解決を依頼する場合費用がかかりますが、闇金で悩んでいる方のほとんどが経済的に逼迫した状況を抱えており、費用が支払えない事が問題で相談や依頼を悩んでいます。また保証人がいる場合、分割や後払いに対応してくれる闇金に強い弁護士・司法書士の方もいらっしゃいますので、どのような方法を取るのかまずご一緒に相談されてみることを強く勧めます。日本闇金解決センターサポート カナコカウンセリングの紹介闇金から借り入れてしまう人の多くはギャンブル・アルコール・買い物などの依存症を患っている方も多く、また借金には強い常習性があるため自身で借金の原因を解消できない事がほとんどです。「気合いで治る」と思いがちですが依存症は病気ですので、解決後治療も視野に入れて考える必要があります。と言うのも闇金解決後再び闇金から借入をして被害が再発する確率はかなり高く、解決をしても約半数程度の方が借入を繰り返してしまい、同様の被害に遭うという事を繰り返す傾向にあります。原因を根本から見つめ直さなければ解決は難しいでしょう。日本闇金解決センターサポート カナコ相談者の中には「弁護士や司法書士に相談したから全て解決した」と胸を撫で下ろす方は少なくありませんが、闇金の問題は根が深く実は本当の戦いは解決後から始まります。ですが先ずトラブルを解決しないことには始まりません。日本闇金解決センター 金城家族・友人・恋人がやってはいけないこと上記では家族・友人・恋人が闇金の取立てに悩んでいる時にできる事をご紹介しましたが、ここでは反対に絶対にやってはいけない事をご紹介します。代位弁済代位弁済とは借入た本人、もしくはその保証人(債務者)に代わって返済をする事を言いますが、闇金の場合「返済を促したり嫌がらせをすれば本人の代わりに返済をしてくれる」と認識させてしまい兼ねません。そうすると取立ての被害が更に苛烈になったり、場合によっては巻き込まれる可能性も十分にありますので、絶対に返済しないようにしてください。闇金業者を挑発する行為自分の大事な家族・友人・恋人を苦しめる違法業者(闇金)となれば何らかの形で仕返ししてやりたい、一言言ってやりたいという気持ちになりますが安易に闇金を挑発すると却ってお金を借りた家族・友人・恋人が被害を被ったり、大きな被害につながり兼ねません。個人情報を教えること闇金から個人情報を尋ねられても一切素性を明かしてはいけません。そうなる事で自身の家族や・会社・友人など様々な関係者に新たなる被害を生む可能性があるからです。絶対に個人情報は渡さない・守りきる事が大事です。場合によっては闇金から借りた本人が精神的に追い詰められ正常な判断ができず闇金に貴方の個人情報を渡してしまうケースもあります。そのような場合には例え友人・家族・恋人であってもできる限り個人情報を伏せる・変えるなど対処をとってください。日本闇金解決センター 金城闇金と関わっている以上、闇金から何らかの圧力をかけられて上記の事をしてしまい兼ねません。避けるためにはできるだけ早く闇金に強い弁護士・司法書士に相談する事を強く勧めます。日本闇金解決センターサポート カナコ闇金から借入をした際に覚えておきたい知識闇金は犯罪なのに対して何もできる事はないのか?とお思いの方もきっと多いはず。実は法律上、闇金に返済する必要は一切ありません。闇金に返済の必要はない法律上、闇金から借りたお金を返済する義務は借入た本人であっても返済をする必要がなく、例え家族や配偶者であっても代わりに返済する必要はありません。但し闇金は法律違反を前提として営業を行っており、それを承知の上で債務者は利用しているので闇金に対し法律を訴えたとしてもあまり効力はないどころか、却って気持ちを逆撫でしてしまう可能性もありますので注意が必要です。日本闇金解決センターサポート カナコ破産しても解決できるものではない時折、相談者の中には「弁護士や司法書士に相談し破産すれば良いのでは」という意見も聞かれますが、闇金での借金は法的に有効なものではないので闇金に対し破産の意味はありません。言わば闇金での借金は法的に認められていない口約束での借金のため、破産をしたところで闇金には何ら関係ありません。闇金解決に必要なのは破産などの手続きをとることではなく、直接法を介入させる事のみです。日本闇金解決センターサポート カナコ闇金は債務整理として残らない闇金は正規登録された金融機関と違い、法的に存在しない借金です。闇金に強い弁護士や司法書士は任意整理(借金の整理)として介入しますが、正規登録された金融機関のブラックリスト(信用情報)に記録が残ることはありません。正規登録された金融機関のように闇金に対する債務整理の記録は法律上残ることはありませんが、結託している闇金業者の間では情報のやり取りがされるため、闇金から借入が出来なくなることはあるかも知れません。日本闇金解決センターサポート カナコとはいえ、闇金とはこれ以上関わるべきではありません。闇金に強い弁護士や司法書士を介入させ、解決したあとは闇金と決別する強い意志を持つことが重要です。日本闇金解決センター 金城解決するためには闇金を解決するためには以下の方法があります。警察に相談所轄警察署の生活安全課に録音した証拠などを持って相談することで解決できます。また所轄警察署の警察官から闇金に対して直接警告を行ってもらうことで一時的ではありますが、取り立てを止めることも可能です。明確な証拠となるものがある場合お勧めの方法ではありますが、明確な証拠を集めるのに手間・暇がかかってしまうということも珍しくありません。時間をかければかける程被害は拡大していくので、状況を見ながら対応することを強く勧めます。日本闇金解決センターサポート カナコ闇金に強い法律家に相談通常の弁護士・司法書士ではなく、闇金に関する事案を取り扱っている闇金に強い弁護士・司法書士に相談、依頼をすることで解決することも可能です。警察に相談する解決方法に比べ費用はかかりますが、直接弁護士や司法書士が闇金に対して交渉を行いますので手間・暇を省け、最短で解決することができます。闇金解決に長けた弁護士・司法書士が直接介入・即対応することで解決後の不安要素を激減させたりすることができるため、解決としては一番お勧めできる方法です。通常の弁護士や司法書士では闇金に関する事案を取り扱っていないのでご注意ください。日本闇金解決センターサポート カナコ事後の対応も必要闇金は解決後も勧誘が続いたり、押し貸し(口座に貸付として勝手に金銭を振込み金銭を要求する手口)や取り立てが続くなど、解決後にも対応が続くケースが多くみられます。どんなに腕の良い闇金に強い弁護士・司法書士に解決をしてもらったとしても確実に解決後の被害がなくなるわけではありませんので、自身での対応や対策が重要な課題です。解決後の被害を防ぐ方法としては、解決後すぐに闇金に教えていた携帯の電話番号を変える・使用していた口座を解約するなどの対応を取ることで解決後の被害を激減させることが可能です。日本闇金解決センターサポート カナコ本人で解決できるのか?この記事を読んでいる方の中には助けを求められて、手助けをするかどうか悩んでいるという方もいらっしゃるかと思います。ですが、結論から言うと本人自身で解決することは困難といえます。正常な判断ができない闇金は会社や家族など生活する上で大切な第三者を巻き込んで苛烈な取り立てを行うため、債務者はかなり精神的に追い詰められ、正常な判断が出来なくなります。場合によっては周囲の手助けが必要闇金の苛烈な取り立てに遭うとマインドコントロールされ、苦痛から逃れるために「返済しない自分が悪い」「何がなんでも返済をしなければ」という考えに陥ってしまい、状況は却って悪化してしまいます。正常な判断のできる第三者の力が必要となります。カウンセリングが必要まとめ

2019-09-12

admin

超・悪徳!ヤミ金と弁護士がグルだった?闇金に強いアドバイザーが見分け方を伝授...


この記事では「ヤミ金と弁護士(司法書士)はグルなの?」という質問にお答えして、整理屋と呼ばれる悪徳弁護士とその見分け方についてアドバイスします。日本闇金解決センター 金城この記事はこんな方にオススメ(この記事は約10分で読めます。)・弁護士(司法書士)はヤミ金とグルなの?・弁護士に相談してるのに解決しない…・闇金に高額な返済(和解)をしろと言われた結論:怪しいと思ったら闇金に強い法律家に相談「闇金と弁護士(司法書士)はグルなの?」と思われている方に闇金に強い弁護士や司法書士に相談しろと言うのも変な話ですが、自信が担当してもらっている弁護士・司法書士が怪しいと思った場合は、すぐに自身で闇金に強い弁護士・司法書士を探し相談してください。怪しい弁護士・司法書士の特徴闇金と手を組んでいる弁護士・司法書士の正体は正規の弁護士・司法書士ではありません。自身が担当してもらっている弁護士や司法書士が以下のような特徴に当てはまる場合、今すぐに自身で闇金に強い法律家を探して相談・依頼をしトラブルを根本から解決してください。怪しい弁護士や司法書士(整理屋)には以下の特徴があるので、心当たりのある方は要注意です。日本闇金解決センターサポート カナコ・親身な闇金から紹介してもらった弁護士・司法書士・「元金和解」と称して高額な和解金を要求する弁護士・司法書士・解決が長引き費用をカサ増ししてくる弁護士・司法書士正規の弁護士・司法書士とは弁護士や司法書士と聞くとあまり馴染みがなく、実態がよく分からないと言う方も少なくありません。実は弁護士や司法書士は資格を持っているだけでは弁護士や司法書士を名乗ることはできず、資格を持った上で連盟に登録して初めて弁護士・司法書士と名乗ることができる職業です。弁護士や司法書士と聞いてすぐに安心せず、怪しいなと思っている場合は登録番号や登録している連盟を聞いて確認してください。弁護士や司法書士が闇金と手を組むメリットはない詳しくは後述しますが、弁護士や司法書士が闇金と手を組むことはなく、また手を組んだところでメリットは何もありません。それは闇金側にとっても同じことが言えるでしょう。ですが弁護士や司法書士が身近に居ない、縁がない、と言う方は見分けかたが付かないためにそうした意識を持ってしまいがちですが、それは噂に過ぎません。今回の記事では闇金と手を組む悪徳な「整理屋(自称弁護士・司法書士)」について見分け方やその手口などをご紹介します。日本闇金解決センター 金城top_cv_area この記事のまとめ ┣ 法律家が闇金と癒着? ┣ 闇金側も癒着はデメリットが大きい ┣ 闇金と手を組む「整理屋」とは ┣ 超・悪徳!整理屋の手口とは ┣ 整理屋を見分けるポイントは? ┗ 日本闇金解決センターで解決法律家が闇金と癒着?結論から言うと闇金と弁護士・司法書士はグルでは無く、また弁護士や司法書士の目線でいうとそのメリットは全く無いため、闇金と弁護士が癒着することは考えにくいです。そもそも儲からない夢や正義感のない話ですが、そもそも闇金に関するトラブルの解決は弁護士や司法書士にとって儲かる仕事ではありません。それでも1社3〜5万円の費用だと思うかもしれませんが、仮に闇金と手を組んで仕事をしたとしても数をこなす必要があり、労力と見合う金額だとは非常に考えにくいです。値段の割に手間がかかる闇金解決は非常に手間がかかる案件で、労力のかかる割に案件自体は少額の小さなものなので弁護士や司法書士が儲かることはありません。それどころか違法業者であれど闇金の仕事やこれからの利益を奪う仕事でもあるため恨みを買いやすく、自身が嫌がらせを受けるなどのリスクもあります。通常、法律家は扱いたがらない闇金に関する事案は労力の割に報酬が見合うことがほぼありません。そのため弁護士や司法書士は扱いたがらず、リスクを犯してまで闇金と手を組み仕事を取るというのは考えにくいです。以上のことを踏まえると弁護士や司法書士が闇金と手を組むメリットはあまり無いように思えます。というのも弁護士や司法書士は1回で大きな報酬を得られる仕事は他にもあるからです。日本闇金解決センター 金城士業が違法を犯すという事は非常にリスクのある行動ですので、仮に悪徳弁護士・司法書士の考え方をしても「罪を犯すのにわざわざ闇金は選ばない」という事が言えるかと思います。日本闇金解決センターサポート カナコ闇金側も癒着はデメリットが大きい実は弁護士や司法書士が闇金側と癒着するのに意味が無いのに対し、闇金はそれ以上にデメリットが大きいと言えます。法律家は闇金にとっての天敵法律上、闇金に返済する義務は一切ありませんがそれを可能にするのも弁護士や司法書士です。闇金は法律を守らずに貸金業を営み、その違法な高金利で金を稼いでいる稼業ですので利益がなければ潰れてしまいます。闇金にとって弁護士や司法書士は稼ぎを奪う天敵とも言える存在です。法に従えば必ず負ける仮に闇金業者が弁護士や司法書士と手を組んだとしても警察に情報を流されたりしてしまえば闇金は即・逮捕、5年以下の懲役・1千万円以下の罰金・もしくは併科を課されてしまいます。関係性が対等にならない弁護士や司法書士は資格を持った上で各連盟に登録して初めて弁護士・司法書士を名乗ることが可能です。仮に弁護士や司法書士に賄賂などを送って手を組んだとしても、金額や仕事に納得が行かなければ裏切られてしまう(警察に情報を流されてしまう)可能性が非常に高く、それをネタに強請られ続けると今度は闇金業が立ち行かなくなってしまう可能性があります。あくまでも上記は全て仮定の話ではありますが、弁護士や司法書士と手を組むことで自信を危険に晒すことになるため闇金にとって弁護士や司法書士はできるだけ避けたい存在と言えます。日本闇金解決センター 金城仮に闇金が裁判に巻き込まれた時の弁護士であったり、別の会社の登記(仮にフロント企業を設ける場合)などで司法書士を利用する事は考えられますが闇金業に巻き込みたくはない存在でしょう。日本闇金解決センターサポート カナコ闇金と手を組む「整理屋」とはとは言え残念ながら裏で闇金と手を組んでいる法律家もおり、弁護士や司法書士の業界では「整理屋」と呼ばれる厄介者です。弁護士・司法書士では無い整理屋と呼ばれる法律家達のほとんどは何らかの理由により連盟から脱退・もしくは資格を剥奪された元弁護士・元司法書士や、法律を学んだ者であることが多く、自称弁護士や自称司法書士といった自称法律家を名乗っていることがほとんどです。(※弁護士や司法書士を名乗るには、資格を持った上で連盟に登録して初めて士業を名乗ることができると法律で定められています。)整理屋は儲かる整理屋は闇金と手を組み、闇金に困った人達をさらにどん底に突き落とし金を巻き上げる存在です。整理屋は弁護士や司法書士ではなく通常の法律行為を担う仕事はできないため、得た知識を利用してこうした裏稼業で儲けている悪質な違法業者です。整理屋は違法行為もちろんこうした整理屋は詐欺にも当たりますし、弁護士法・司法書士法にも違反します。きちんと連盟に登録され立派にお仕事をされている弁護士・司法書士とは違い、得た法律の知識を悪用して詐欺行為を働くものがいますが、これらは弁護士・司法書士には当たりません。日本闇金解決センター 金城またこうした違法業者は「金」のために動き、不当な金銭を相談者や依頼者に要求することでお金を稼いでいますので、弁護士や司法書士の費用相場を知っておくだけでも見分けるポイントになります。日本闇金解決センターサポート カナコ超・悪徳!整理屋の手口とは?では自称弁護士・司法書士といった法律家を名乗る整理屋は闇金と手を組み、どういった手口で相談者や依頼者から金をせしめるのでしょうか。法律家を装って解決したふり自称弁護士・司法書士などの法律家を名乗り依頼者から委任契約料として費用を受け取ります。そこで闇金と話をつけ(実際は繋がっているためただの演技)、一時的に解決したふりをしますが実際のところ解決していることはありませんので、再び取立てなどの被害は再発します。高額な元金和解元金和解とは仮にAさんが闇金から10万円を借りて、利息など合わせて合計8万円を既に返済していたとします。通常の元金和解ではその返済額が元金10万円に満たない場合、満たない2万円を闇金側に返済することにより解決します。ですが整理屋の場合は元金和解と称して元金の10万円を返済するように要求したり、元金と利息を合わせた金額を返済するように要求したりします。因縁の返済地獄また「解決が難しい」「和解としての費用」などとして当初に言われた金額よりもかなり上乗せされた費用を要求されることもあり、闇金から整理屋へ支払いがシフトしただけで実際の状況が何ら今までと変わりない、もしくは悪化する場合がほとんどです。通常の闇金事案を取り扱う弁護士や司法書士でも解決が困難なケースがあり、相手の闇金業者によって被害が再発してしまう可能性がありますが整理屋ではこの状況が頻繁に起こります。日本闇金解決センター 金城また明らかに費用の相場がかけ離れていたり、何度も理由をつけて費用をはねあげられる・闇金業者への支払いが高額であるといったことも整理屋の大きな特徴といえます。日本闇金解決センターサポート カナコ整理屋を見分けるポイントは?通常の闇金に関する事案を引き受ける弁護士や司法書士と同様の流れで依頼を引き受けるため和解金や費用をカサ増ししてくる以外の大きな特徴がなく、被害に遭うまで気が付かないことがあります。ですが整理屋の被害に遭うパターンでは以下のような特徴が多く見られるため気を付けてください。闇金側からの紹介「ソフト闇金」と名乗る業者に多く見られますが、債務者に対して非常に親身になったようなふりをして「いい弁護士(もしくは司法書士)を紹介してあげる」と言葉巧みに信用させ、整理屋(自称弁護士・司法書士)を紹介します。こうした整理屋の被害に遭う方の殆どが闇金からの紹介であることもわかっています。親身になったふりをしていますが、人の痛みがわかるような人間であれば闇金業はしないため彼らの同情的な態度は信用に欠けます。状況が状況ですが冷静になって判断することが最も重要です。日本闇金解決センターサポート カナコ和解や費用の金額で見分ける上記した通り元金和解は元金(借入れた金額)に満たない分を支払うことで和解を示す方法です。ですが自身が利息として今まで支払った金額が既に元金を超えている場合や、カサ増しして金額を要求された場合、相手は整理屋である可能性が高いです。元金和解はあくまでも被害再発を考慮した上での勝訴的な和解措置(闇金側にとって利益は無いがマイナスにはならなかったので「痛み分けで終わりましょう」という措置)であり、闇金に返済をするための和解策ではありませんので、和解と称して金銭を要求する場合は注意が必要です。日本闇金解決センターサポート カナコそもそも返済の必要が無いそもそも法律上闇金から借りたお金(元金)は不法原因給付にあたり返済する必要がなく、また闇金対策法によって法定金利を超える利息の支払いは無効となります。そのため闇金への支払い義務は一切ありません。元金の返済をするかしないかは依頼した弁護士・司法書士の解決方針によって決まります。上記しましたが元金和解とは法律上返済の義務がない上で相手側の真意を汲み取り、相手側にとってマイナスにならないための元金和解ですので相手側に利益をもたらす事は全く違います。日本闇金解決センターサポート カナコ日本闇金解決センターでは闇金に強い弁護士や司法書士へTOPページから直接、無料で相談する事が可能です。もしも「何か変だな?」と感じている場合はまずはお気軽にご相談ください。日本闇金解決センター 金城日本闇金解決センターで解決日本闇金解決センターでは全国対応・無料相談・費用の分割や後払いに対応した闇金に強い弁護士や司法書士を多数ご紹介しています。実績が豊富な法律家日本闇金解決センターでご紹介している闇金に強い弁護士・司法書士のほとんどが豊富な闇金解決実績を持つ、業界でも名の知れた弁護士・司法書士です。通常の弁護士や司法書士が引き受けたがらない案件を率先して引き受ける正義感に溢れた弁護士・司法書士ばかりですので安心してご相談可能です。安心の全国対応日本闇金解決センターでご紹介している闇金に強い弁護士・司法書士は全て全国対応しており、メールもしくは電話でご相談可能なため、地方にお住まいの方でも安心してご相談可能です。またメールでの相談は各事務所24時間・365日受け付けていますので日中お仕事の方でもご利用可能です。(※但し相談に対する対応や返答は各事務所営業時間内となります。)まずは気軽に無料相談日本闇金解決センターでは各事務所へ全て無料でご相談可能です。また費用に関する相談も各事務所承っておりますので、不安なことがある場合はまずお気軽にご相談ください。無料相談の方法は簡単3STEPで行えます。日本闇金解決センターサポート カナコ①TOPページへ行く②気になる事務所を選ぶ③相談ボタン(メールor電話)を押す

2019-09-12

admin

即・解決!こんな場合は迷っているヒマ無し!緊急を要するヤミ金案件‼

この記事はこんな人にオススメ・闇金事案で緊急性が高いとは?・弁護士や司法書士に相談すべきかわからない・とにかくツラい。こんな思いをするのは自分だけ?対処が遅れるとヤバイ事案とは?基本的に闇金に関する事案は被害が大きくなる前に相談できることが理想的ですが中々相談に至るまでに思い悩んでしまうという方も珍しくはありません。ですが案件によっては緊急を要する場合もあります。緊急を要する事案とは?・携帯を闇金に売った、渡した・銀行口座を闇金に売った、渡した・自殺を考える程、取立てが酷い・保険金を担保に借金している・誘拐・拉致・暴行など事件性がある場合対処が遅れるとどうなる?・携帯を闇金に売った、渡したケース-通信会社に対する詐欺罪や、犯罪に加担したとして逮捕される可能性があります。また契約金や割賦金は契約者に支払い義務が残るため支払いが困難になるケースもあります。・銀行口座を闇金に売った、渡したケース-銀行に対する詐欺罪や犯罪に加担したとして逮捕される可能性の他、自身名義の銀行口座の凍結や強制解約、新規口座の開設ができなくなります。・自殺を考える程、取立てが酷いケース-命がお金になっても、お金が命になることはありません。実際に闇金からの取立てが理由で自殺に追いやられる人も少なくありません。すぐに解決へと向けて対処をしてください。・保険金を担保に借金しているケース-保険金には様々な種類がありますが、その中でも死亡保険や事故に関する保険などを担保に借入をしている場合は要注意です。命に関わる場合が大きいのですぐに対処する必要があります。・誘拐・拉致・暴行など事件性がある場合ケース-通常の闇金が実際の被害を出さないのの対してこうした実害が出るケースは非常に危険な業者であることが考えられます。すぐに対処が必要です。対処はどうすればいい?こうした緊急の事案に関する相談先は警察ではなくまず闇金に強い弁護士や司法書士に相談して上手く段取りを取り、スムーズな解決をすることが重要です。ひとつでも条件が当てはまる場合、すぐに闇金に強い弁護士や司法書士に相談してください。通常の弁護士や司法書士は闇金に関する事案を取り扱っていないので必ず闇金事案を取り扱う専門家を頼る必要があります。日本闇金解決センター 金城当サイトでは全国対応・無料相談・分割や後払いに対応した闇金に強い弁護士や司法書士の紹介を行っております。TOPページから気になる事務所を選び、ボタンを押すだけで簡単に相談することが出来ます。お悩みの場合はぜひご活用ください。日本闇金解決センターサポート カナコtop_cv_areaこの記事のまとめ ┣ どうして緊急に対処すべきなのか ┣ 案件別緊急に対処する理由 ┣ 日本闇金解決センターを利用するには ┗ まとめ案件別緊急に対処する理由闇金に関する事案は被害が拡大してしまう前にできるだけ早く対処をすることが理想的です。とは言えどうしてこういった案件が緊急を要するのか、案件別に理由をご紹介します。携帯を闇金に売った、渡した「携帯電話不正利用防止法」により闇金や詐欺などの犯罪利用を防ぐため、携帯の第三者への譲渡は禁止されていることから携帯会社への詐欺や、渡してしまった携帯による犯罪が起きた場合その罪を問われる可能性があります。詐欺などに利用され自身が詐欺などに問われた場合、闇金に対する罰則よりも重い刑が課される可能性もあるのですぐに対処する必要があります。その他にも携帯の契約金や割賦金など多額の請求が発生するので、そういった場合には弁護士や司法書士を頼り債務整理などをして支払いの義務を軽くしたりする必要もあります。携帯電話を渡してしまった際の対処法などや危険性を詳しく知りたい方はこちらから。銀行口座を闇金に売った、渡した「預金口座等の不正利用防止法」では闇金や詐欺などに銀行口座などが使用されることが無いよう、第三者への口座の譲渡は禁じています。譲渡目的で口座を開設した場合は銀行に対する詐欺罪に問われ、譲渡した口座が犯罪に使用された場合は自身も罪に加担したとして犯罪に問われる可能性があります。その他にも銀行口座が不正に使用されると、自身名義の全ての口座の凍結や強制解約などが行われ一切の入出金が出来ず預金をすべて諦めざるを得ない状況にもなりかねません。渡した口座が凍結される確率は非常に高いので、口座を渡してしまった場合はすぐに対処をとる必要があります。闇金に銀行口座を渡してしまった際の対処法などや危険性を詳しく知りたい方はこちらから。自殺を考える程、取立てが酷い闇金からの執拗で悪質な取立てに追われ自死にまで追い込まれるケースは決して珍しいことではありません。精神的な疲労やストレスは目で見て確認できるものでは無いため、気がついたときには立ち直れないほど自身が追い詰められている可能性もあります。「死」を意識するようになったらすぐに闇金解決に向けて対処を取ることを考えてください。闇金は一生解決出来ない問題ではありません。自殺を考えるほど追い込まれている場合はこちらの記事もぜひ参考にしてみてください。保険金を担保に借金している死亡保険や事故などの保険に加入しており担保としてお金を借りている人や、借入の際に保険などに強制的に加入された方は命を狙われたり自死に追いやられたりする可能性が高く非常に危険です。また自死により降りた保険金で闇金に返済をしようと考えている方も中にはいらっしゃるかも知れませんが、自死では保険金が下りない可能性も高いです。保険金などで自死を迫られていたり、自死を考えている場合はこちらの記事も参考にしてみてください。誘拐・拉致・暴行など事件性がある場合数年前までの闇金ではこうした事件は少なくはありませんでしたが、取締の厳しい現在では証拠の残る実害を与える闇金業者はほとんど居なくなりました。そんな中こうした犯罪に踏み込む闇金業者はかなり危険な業者であることが考えられます。自身の命や生活に危険が及び取り返しのつかない状態になってしまう前に対処を取ってください。こうした案件は今後の人生を変えたり取り返しのつかない事態に追いやられる可能性が高く、事実こうした特徴が見られるようになってきた場合その瀬戸際にいることは間違いありません。早急に対処を取ることを考えてください。日本闇金解決センター 金城闇金に対する対処はどうすべき?悪質な闇金被害に遭った場合対処法には様々なものがありますが、ここでは一番確実でスムーズな解決方法をご紹介します。闇金に強い弁護士や司法書士を頼る通常の弁護士や司法書士は闇金に関する事案を取り扱っていないので、闇金の事案を取り扱っている闇金に強い弁護士や司法書士を相談・依頼をする必要があります。警察への相談は指示に従う闇金は犯罪ですので警察への相談を促される場合もありますが、ケースによっては解決に繋がらなかったり自身が罪に問われたり、スムーズな解決に繋がらず被害が拡大してしまうケースもあります。ただし警察の介入が必要なケースもあるので、そういった場合には弁護士や司法書士からの指示があるので指示に従ってください。不安な場合は弁護士や司法書士に相談してみるのも手段として良いでしょう。日本闇金解決センターを使う闇金事案を取り扱う弁護士や司法書士は通常の弁護士や司法書士に比べ数が少なく自身で探すのは至難のワザです。とは言え緊急を要する事案では弁護士や司法書士を探すのに時間を割いている暇はありません。日本闇金解決センター(当サイト)ではさまざまな闇金に強い弁護士や司法書士の紹介を行っているため、緊急でお困りの場合はぜひご活用ください。当サイトでは無料で弁護士や司法書士に相談ができるため、どこの事務所に相談するか悩んだ場合は複数の事務所に相談して決めるという手段を使うことも可能です。日本闇金解決センター 金城日本闇金解決センターを利用するには日本闇金解決センターではさまざまな弁護士や司法書士を紹介しており、ご利用に条件はありません。簡単3STEPで、まずは無料相談TOPページから気になる弁護士事務所や司法書士事務所を選び、相談方法(メールか電話)を選んでボタンを押すだけで簡単に無料相談をすることができます。今すぐ費用が用意できなくても安心各事務所で対応は異なりますが、費用の分割や後払いなどにも対応している事務所が多くあるため費用が用意できずに相談ができないといった場合でも安心してご利用することが出来ます。各事務所で条件が異なるため無料相談をご利用時にご確認ください。地方や日中お仕事の方でもご利用可能電話やメールで相談をすることが可能なので地方の方でも安心してご利用可能です。また電話での相談受付時間は各事務所によって異なりますが、メールは年中無休・24時間で受け付けているので日中お仕事の方でも安心してご相談することが出来ます。(ただし返答は各事務所営業時間内に限ります。)当サイトでご紹介している弁護士や司法書士は解決実績が豊富で闇金事案解決に長けた闇金に強い弁護士や司法書士ばかりなので、安心してご相談ください。日本闇金解決センター 金城top_cv_areaまとめ今回の記事を簡単におさらいして、ぜひ闇金解決にお役立てください。緊急を要する事案とは?・携帯を闇金に売った、渡した・銀行口座を闇金に売った、渡した・自殺を考える程、取立てが酷い・保険金を担保に借金している・誘拐・拉致・暴行など事件性がある場合対処が遅れるとどうなる?・携帯を闇金に売った、渡した-通信会社に対する詐欺罪や、犯罪に加担したとして逮捕される可能性があります。また契約金や割賦金は契約者に支払い義務が残るため支払いが困難になるケースもあります。・銀行口座を闇金に売った、渡した-銀行に対する詐欺罪や犯罪に加担したとして逮捕される可能性の他、自身名義の銀行口座の凍結や強制解約、新規口座の開設ができなくなります。・自殺を考える程、取立てが酷い-命がお金になっても、お金が命になることはありません。実際に闇金からの取立てが理由で自殺に追いやられる人も少なくありません。すぐに解決へと向けて対処をしてください。・保険金を担保に借金している-保険金には様々な種類がありますが、その中でも死亡保険や事故に関する保険などを担保に借入をしている場合は要注意です。命に関わる場合が大きいのですぐに対処する必要があります。・誘拐・拉致・暴行など事件性がある場合-通常の闇金が実際の被害を出さないのの対してこうした実害が出るケースは非常に危険な業者であることが考えられます。すぐに対処が必要です。対処はどうすればいい?こうした緊急の事案に関する相談先は警察ではなくまず闇金に強い弁護士や司法書士に相談して上手く段取りを取り、スムーズな解決をすることが重要です。ひとつでも条件が当てはまる場合、すぐに闇金に強い弁護士や司法書士に相談してください。通常の弁護士や司法書士は闇金に関する事案を取り扱っていないので必ず闇金事案を取り扱う専門家を頼る必要があります。日本闇金解決センター 金城当サイトでは全国対応・無料相談・分割や後払いに対応した闇金に強い弁護士や司法書士の紹介を行っております。TOPページから気になる事務所を選び、ボタンを押すだけで簡単に相談することが出来ます。お悩みの場合はぜひご活用ください。日本闇金解決センターサポート カナコtop_cv_areaPowered by Froala Editor

2019-08-23

もっとみる

トップニュース


知らないと危険!優しいヤミ金「ソフト闇金」をご存知ですか?...


皆さんは「闇金」と聞くとどのような想像をされるでしょうか?一昔前に比べ、暴力的なことを行わず親身になって相談に乗ってくれる「ソフト闇金」と呼ばれる闇金業者が増えてきました。ですが闇金は闇金。ここではそのソフト闇金についてご紹介します。日本闇金解決センター 金城この記事はこんな方にオススメ(この記事は約5分で読めます。)・ソフト闇金って何?・闇金での借入を検討している・ソフト闇金を利用するとどうなるのか結論:ソフト闇金は全然優しくない「従来の闇金よりも柔軟で優しい接客・取立て」という意味を持つソフト闇金ですが、その実態は結局のところ従来の闇金と何ら変わりがあるものではありません。金利や貸付条件金利は従来の闇金と比べ低く設定していることがソフト闇金の大きな特徴として挙げられますが、法定金利外(違法な高金利)であることに何ら変わりは無く、また金利設定も各ソフト闇金業者によって変わります。貸付条件はこれまでの闇金と大きく差があることはないでしょう。ソフト闇金の目的とは金利を低く設定し、従来の闇金と違って顧客(債務者)と信頼関係を築くことによって長期的な利息の回収を目的としています。勿論回収が困難になれば従来の闇金と同様、苛烈な取り立てによる利息の回収方法も行うでしょう。信頼を利用した悪質な被害親身になり話を聞くなどして顧客の信頼を得るようになると「整理屋」と呼ばれる偽の弁護士・司法書士などを紹介したり、信頼感を利用して顧客や関係者の情報を悪用するなどの悪質な被害に遭うケースも増えています。闇金に強い司法書士は数が少なく、通常の司法書士に比べ見つけにくい事があります。そこで日本闇金解決センターでは全国対応・無料相談・分割や後払いに対応した司法書士事務所を多くご紹介しています。日本闇金解決センター 金城返せば大丈夫、ということは決してなくソフトな対応だからと言って安心していいものでも、決して勧められるようなものでもありません。絶対に利用しないようにしてください。日本闇金解決センターサポート カナコtop_cv_areaこの記事のまとめ ┣ ソフト闇金って何? ┣ ソフト闇金の金利や貸付条件は? ┣ ソフト闇金の目的とは? ┣ ソフト闇金の悪質被害 ┣ ソフト闇金で借りる前に ┗ まとめソフト闇金って何?「ソフト」とは本来、柔らかいものであったり対応や態度が柔軟な様を表す言葉ですが、ソフトヤミ金とは一体どのような闇金業者なのでしょうか?ソフト闇金の特徴ソフト闇金の特徴として「従来の闇金よりも金利が低く対応が優しく債務者の親身になってくれる」と言う特徴があるのがソフト闇金ですが、違法な高金利であること・返済が出来なくなれば悪質な取立て被害に遭うことを考えれば従来の闇金と何ら変わりありません。本当に優しいのか?借入の際の対応は従来の闇金と比べ通常の金融機関のように丁寧な対応をしたり、すぐに取立てが始まるのではなく返済を促すような督促から始まると言う点では従来の闇金に比べ優しいとされて居ます。ですが借入の敷居が低くなったと言うだけで優しいとは言い難いでしょう。ネット上の声ネットなどでソフト闇金の口コミを調べると「取立てを(最大1ヶ月程度)待ってもらえた」「(数万円の借入に対し数十万円の返済をしている場合)自身で和解をしてもらえた」と言うような口コミが見られます。ですがこうした対応は業者によること、元金以上の多額の返済金が必要なことを挙げると一概に言えるものではありません。闇金に強い司法書士は数が少なく、通常の司法書士に比べ見つけにくい事があります。そこで日本闇金解決センターでは全国対応・無料相談・分割や後払いに対応した司法書士事務所を多くご紹介しています。日本闇金解決センター 金城正規登録された金融機関からの借入が難しい方の場合、こうした業者(闇金)でも優しい・有難いと感じる方もいらっしゃるようですが新たに間口が広がっただけで何ら勧められるようなものでもありません。日本闇金解決センター 金城いくらソフト(優しい・柔軟)と名がついたところで闇金は闇金です。悪質な取り立てでもしなければ金銭の回収は難しい業界ですので、その恐ろしさは返済が出来なくなってから知ることになるでしょう。日本闇金解決センターサポート カナコソフト闇金の金利や貸付条件は?ソフト闇金の金利は従来の闇金と比べて低いとされて居ますが、実際どうなのかと言うのをここでご紹介します。ソフト闇金の金利「10日で20%」もしくは「7日間で30%」という金利で貸付を行なっているソフト闇金業者が多くあるようですが、法律で定められた法定金利は最大・年20%までのため従来の闇金と比べ低い金利設定であっても違法です。貸付条件貸付条件は、ネット上では従来の闇金よりも少し厳しめと言った声も挙げられますが、家族や親族がおり会社などに所属していれば貸付を行うソフト闇金業者が多いようです。取立てができる方のみ収入が安定していることに越したことはありませんが、闇金の場合家族や会社など取立てをされた際に弱みになるようなものを持っている人は借入が比較的しやすい傾向にあります。ですがこれは取立ての際の脅迫材料にすぎませんので、返済が出来ず取立てに追われるようになると家族や友人・会社など第三者を巻き込んで辛い目にあうと言うことを示唆している事でもあります。従来の闇金よりも低い金利での設定となって居ますが、正規の金融での借入に困るほど経済状況が逼迫している方にとって返済は困難なものになるのは明らかです。絶対に借入はしないようにしてください。日本闇金解決センター 金城また経済的に逼迫している相手に対し貸付をすることは回収が困難になる可能性があるということでもあります。その回収を可能にするためには「相手が”どうにかしてでも返済しなければ”という心理に追い込む」必要があります。日本闇金解決センターサポート カナコソフト闇金の目的とは?従来の闇金と比べ借入までの流れをより丁寧に優しい印象を与え、敷居を低くすることで生まれるソフト闇金のメリット(目的)とは一体どのようなものなのでしょうか?顧客との信頼関係を築くソフト闇金を利用する顧客に対して親身な態度を見せる事で信頼を築き「返さなければ相手が困る」という基本的な心理を債務者に植え付ける事で返済を要求するという、従来の闇金とは違ったアプローチで返済を要求します。利息の長期回収ソフト闇金業者は顧客との信頼関係を築く事で利息の長期回収を目的としています。ですがあくまでもソフト闇金の特徴としてこのような回収方法があるというだけで、苛烈な取立てによる長期回収の方法も視野に入れています。顧客同士のグルーピングソフト闇金では借入をしたい友人を紹介する制度や、顧客同士に返済を管理させるという方法もあります。これは顧客同士をグルーピングする事でソフト闇金業者による回収の手間を省いたり、「返済が遅れれば相手に迷惑をかける」という心理を巧みに利用しています。従来の闇金に比べソフト闇金は実力(暴力)主義という訳でなく、心理戦を利用した利息の回収を図るのがソフト闇金の最大の特徴とも言えますが、この方法はソフト闇金業者にとってもかなりの時間や手間を要するため業者によるところが大きいでしょう。日本闇金解決センター 金城またある一方では弁護士や司法書士に相談されて回収が困難な状況(不良債権)を出さないために顧客との関係をできる限り良好に保つという意見もあります。ですがこうした心理戦が通じない相手には容赦無く実力行使に出るケースもありますので、注意が必要です。日本闇金解決センターサポート カナコソフト闇金の悪質被害ソフト闇金だけに限った話ではありませんが、従来の闇金とは違い心理戦を用いるソフト闇金での圧倒的に多い悪質な被害をご紹介します。整理屋の紹介「整理屋」とは闇金業者と手を組んだ自称法律家(弁護士や司法書士)のことを指しますが、債務者の親身になったふりをして「闇金に関する債務を整理するのに良い法律家がいる」と整理屋を紹介して、金銭を巻き上げるケースが多発しています。個人情報の悪用上記しましたがソフト闇金は債務者(顧客)との距離感が近く、債務者側がソフト闇金業者を信頼しているケースも珍しくありません。信頼するあまり個人情報を話してしまい、自身だけではなく家族や友人・親族などの第三者に対して悪用されてしまうケースもありますので注意が必要です。他社での借入・増える借金「返済をするのに良い貸金(闇金)業者が居る」などとして別の場所から借入をさせ、借金を借金で返すように促します。従来の闇金業者でもあった被害ですが、特にソフト闇金では債務者の信用・信頼を利用し金を引き出せるだけ引き出そうとするような悪質な被害が目立っています。日本闇金解決センター 金城まるであたかも債務者にとって都合のいい話であるように言葉巧みに誘導しますが、闇金営業を行って居る時点でどんなに善人のような顔をしたとしても彼らにとってはそれもビジネスということを決して忘れてはいけません。日本闇金解決センターサポート カナコソフト闇金で借りる前に「ソフト闇金からお金を借りてはいけない」とは言え現実問題としてお金が無ければ生活は立ち行かなくなりますし、背に腹を変えられる問題でもありません。現在の状況を整理するソフト闇金での借入を検討する前に、自身の債務状況を整理する必要があります。弁護士や司法書士に依頼し、債務整理をしてもらう事で状況に応じて返済に猶予を持たせてもらえたり、減額・免除(破産)をしてもらえたりする可能性もあります。国の公的融資制度を利用する現在、今すぐにでもお金が必要な状況にある場合は国の公的融資制度を利用してはいかがでしょうか?やむを得ない理由がある場合は理由に合わせた給付や融資制度を利用できたり、緊急の場合は緊急小口貸付などの制度を利用できる可能性があります。本当に「どうにもならない」のか?「闇金から借りなければ生活の再建ができない」ということをおっしゃる方も少なくはありませんが、闇金から借りてしまうと生活再建の道はかなり厳しいものになります。大変厳しい現状を抱えていらっしゃるでしょうが、闇金からお金を借り入れる事にエネルギーを使うよりも目を逸らさずに生活再建を弁護士や司法書士といったプロと一緒に考えることを強く進めます。費用が用意できずに債務整理の相談することが出来ないと悩む方もいらっしゃるでしょうが、法テラスや消費者センターなどが行っている無料相談会もあり、方法はいくらでもあります。日本闇金解決センター 金城手間はかかりますがどうせ負債だからと諦めてしまわずに、負債をこれ以上増やさないための「稼ぎ口」として捉えて行動するというのも一つの考え方です。また現状を回復させつつもお金がどうしても足りないという場合は国の公的融資制度を利用しながら進めるのも一つの手段です。日本闇金解決センターサポート カナコまとめ今回の記事を簡単におさらいして、ソフト闇金からの借入を防ぐための知識としてぜひお役立てください。ソフト闇金とはソフト闇金とは従来の闇金と比べ比較的金利が安く、対応が優しい・柔軟な闇金業者のことを指しますが、債務者からできるだけお金を引き出そうとする悪質な業者という点において従来の闇金と何ら変わることはありません。ソフト闇金の金利・貸付条件ソフト闇金は金利を10日間で20%〜7日間で30%程度と従来の闇金に比べ低金利となっていますが国の法定金利は最大・年20%ですので違法に当たります。また家族があり、仕事をしている方のほとんどは融資を受けることが出来ますが、これらは家族や会社を担保(脅迫の材料)にしているだけで従来の闇金と何ら変わりはありません。ソフト闇金から借入れる前にソフト闇金から借入を検討する前に、現在の状況を整理し生活の再建を図ることを強く勧めます。...

2019-09-13

admin

もっとみる

家族や友人が闇金から借りたら?周囲の人ができる闇金解決ポイント...


この記事では自分の家族や友人、恋人などが闇金からの取立てに悩んでいる場合にご自身が闇金トラブル解決のために出来ることをアドバイスします。日本闇金解決センター 金城この記事はこんな方にオススメ(この記事は約5分で読めます。)・家族や友人、恋人が闇金を利用した・闇金を利用した家族、友人、恋人を助けたい・家族、友人、恋人が闇金に追い詰められているようだ結論:自分にできる範囲のことをやる闇金は非常に厄介で、解決するのにはお金も根気も必要となります。また非常に厳しい言い方になりますが闇金を利用してしまった原因を根本から直さなければ、再び同じような被害に遭ってしまう可能性があることを必ず覚えておかなければいけません。第一に自分自身闇金は利息の回収が出来る見込みがあれば何でもします。身内や債務者の味方をしようとする方であれば「邪魔をするな」という意味も込めて、闇金が苛烈な嫌がらせをする可能性も否定できません。先ずは自身の身の安全を守ることを大前提として、トラブルと向き合う必要があります。その上で出来ること自分自身の身の安全を確保した上でやることは・闇金に強い弁護士や司法書士に相談する(相談するように説得する)・解決後、携帯電話の解約・変更などの手続きを手伝う・今後のことを考えた上でのカウンセリングを探すの3つが必要になります。場合によっては距離を取るのも大事なこと自身にとって大事な家族・友人・恋人など、繋がりのある関係者が闇金トラブルで悩んでいると「何とかして助けたい」と思うのが人の情というものです。ですが場合によっては債務者自身が闇金の取り立てに追われ正常な判断が出来ず、味方である貴方の情報まで闇金に渡してしまい兼ねません。自身が無理だと思ったら無理せず、距離をおくことも時には重要な判断だと言うことを常に覚えておく必要があります。意外に思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、闇金トラブルに関する問題は根が深く厄介なものです。自身が無理だと思ったり、自身が被害に遭うような事があれば迷わずすぐに闇金に強い弁護士・司法書士にご相談ください。日本闇金解決センター 金城また債務者の相談に乗ってしまう方がしてしまいがちなのが「返済を肩代わりする事」ですが、これは状況を悪化させてしまい兼ねませんので絶対にしてはいけません。日本闇金解決センターサポート カナコこの記事のまとめ ┣ 家族・友人・恋人が出来ること ┣ 家族や友人・恋人がやってはいけないこと ┣ 覚えておきたい闇金知識 ┣ 解決するためには ┣ 本人で解決できるのか? ┗ まとめ家族・友人・恋人ができる事自身の家族や友人・恋人が闇金からお金を借りてしまい、苛烈な取り立てに悩んでいるとなれば「何かしてあげなければ」と思ってしまうのは人として当たり前の気持ちです。ですが闇金は違法のプロですので無闇に行動してしまうのは非常に危険です。被害に巻き込まれないようにする闇金を解決しようと無闇に動いてしまっては被害に巻き込まれたり、最悪の場合闇金苛烈な取立ての矛先がこちらに向かう可能性も十分にあり得ます。先ずはご自分の身や、小さなお子様、ご高齢のご家族の身の安全を確保する事が最重要課題だと言うことを念頭におくようにしてください。被害に巻き込まれないようにするコツは闇金に自身の情報を漏らさない、関与していることを認めない、被害が出てしまった場合はすぐに警察や闇金に強い弁護士・司法書士に相談することです。日本闇金解決センターサポート カナコ弁護士・司法書士費用を立て替える弁護士や司法書士に相談して解決を依頼する場合費用がかかりますが、闇金で悩んでいる方のほとんどが経済的に逼迫した状況を抱えており、費用が支払えない事が問題で相談や依頼を悩んでいます。また保証人がいる場合、分割や後払いに対応してくれる闇金に強い弁護士・司法書士の方もいらっしゃいますので、どのような方法を取るのかまずご一緒に相談されてみることを強く勧めます。日本闇金解決センターサポート カナコカウンセリングの紹介闇金から借り入れてしまう人の多くはギャンブル・アルコール・買い物などの依存症を患っている方も多く、また借金には強い常習性があるため自身で借金の原因を解消できない事がほとんどです。「気合いで治る」と思いがちですが依存症は病気ですので、解決後治療も視野に入れて考える必要があります。と言うのも闇金解決後再び闇金から借入をして被害が再発する確率はかなり高く、解決をしても約半数程度の方が借入を繰り返してしまい、同様の被害に遭うという事を繰り返す傾向にあります。原因を根本から見つめ直さなければ解決は難しいでしょう。日本闇金解決センターサポート カナコ相談者の中には「弁護士や司法書士に相談したから全て解決した」と胸を撫で下ろす方は少なくありませんが、闇金の問題は根が深く実は本当の戦いは解決後から始まります。ですが先ずトラブルを解決しないことには始まりません。日本闇金解決センター 金城家族・友人・恋人がやってはいけないこと上記では家族・友人・恋人が闇金の取立てに悩んでいる時にできる事をご紹介しましたが、ここでは反対に絶対にやってはいけない事をご紹介します。代位弁済代位弁済とは借入た本人、もしくはその保証人(債務者)に代わって返済をする事を言いますが、闇金の場合「返済を促したり嫌がらせをすれば本人の代わりに返済をしてくれる」と認識させてしまい兼ねません。そうすると取立ての被害が更に苛烈になったり、場合によっては巻き込まれる可能性も十分にありますので、絶対に返済しないようにしてください。闇金業者を挑発する行為自分の大事な家族・友人・恋人を苦しめる違法業者(闇金)となれば何らかの形で仕返ししてやりたい、一言言ってやりたいという気持ちになりますが安易に闇金を挑発すると却ってお金を借りた家族・友人・恋人が被害を被ったり、大きな被害につながり兼ねません。個人情報を教えること闇金から個人情報を尋ねられても一切素性を明かしてはいけません。そうなる事で自身の家族や・会社・友人など様々な関係者に新たなる被害を生む可能性があるからです。絶対に個人情報は渡さない・守りきる事が大事です。場合によっては闇金から借りた本人が精神的に追い詰められ正常な判断ができず闇金に貴方の個人情報を渡してしまうケースもあります。そのような場合には例え友人・家族・恋人であってもできる限り個人情報を伏せる・変えるなど対処をとってください。日本闇金解決センター 金城闇金と関わっている以上、闇金から何らかの圧力をかけられて上記の事をしてしまい兼ねません。避けるためにはできるだけ早く闇金に強い弁護士・司法書士に相談する事を強く勧めます。日本闇金解決センターサポート カナコ闇金から借入をした際に覚えておきたい知識闇金は犯罪なのに対して何もできる事はないのか?とお思いの方もきっと多いはず。実は法律上、闇金に返済する必要は一切ありません。闇金に返済の必要はない法律上、闇金から借りたお金を返済する義務は借入た本人であっても返済をする必要がなく、例え家族や配偶者であっても代わりに返済する必要はありません。但し闇金は法律違反を前提として営業を行っており、それを承知の上で債務者は利用しているので闇金に対し法律を訴えたとしてもあまり効力はないどころか、却って気持ちを逆撫でしてしまう可能性もありますので注意が必要です。日本闇金解決センターサポート カナコ破産しても解決できるものではない時折、相談者の中には「弁護士や司法書士に相談し破産すれば良いのでは」という意見も聞かれますが、闇金での借金は法的に有効なものではないので闇金に対し破産の意味はありません。言わば闇金での借金は法的に認められていない口約束での借金のため、破産をしたところで闇金には何ら関係ありません。闇金解決に必要なのは破産などの手続きをとることではなく、直接法を介入させる事のみです。日本闇金解決センターサポート カナコ闇金は債務整理として残らない闇金は正規登録された金融機関と違い、法的に存在しない借金です。闇金に強い弁護士や司法書士は任意整理(借金の整理)として介入しますが、正規登録された金融機関のブラックリスト(信用情報)に記録が残ることはありません。正規登録された金融機関のように闇金に対する債務整理の記録は法律上残ることはありませんが、結託している闇金業者の間では情報のやり取りがされるため、闇金から借入が出来なくなることはあるかも知れません。日本闇金解決センターサポート カナコとはいえ、闇金とはこれ以上関わるべきではありません。闇金に強い弁護士や司法書士を介入させ、解決したあとは闇金と決別する強い意志を持つことが重要です。日本闇金解決センター 金城解決するためには闇金を解決するためには以下の方法があります。警察に相談所轄警察署の生活安全課に録音した証拠などを持って相談することで解決できます。また所轄警察署の警察官から闇金に対して直接警告を行ってもらうことで一時的ではありますが、取り立てを止めることも可能です。明確な証拠となるものがある場合お勧めの方法ではありますが、明確な証拠を集めるのに手間・暇がかかってしまうということも珍しくありません。時間をかければかける程被害は拡大していくので、状況を見ながら対応することを強く勧めます。日本闇金解決センターサポート カナコ闇金に強い法律家に相談通常の弁護士・司法書士ではなく、闇金に関する事案を取り扱っている闇金に強い弁護士・司法書士に相談、依頼をすることで解決することも可能です。警察に相談する解決方法に比べ費用はかかりますが、直接弁護士や司法書士が闇金に対して交渉を行いますので手間・暇を省け、最短で解決することができます。闇金解決に長けた弁護士・司法書士が直接介入・即対応することで解決後の不安要素を激減させたりすることができるため、解決としては一番お勧めできる方法です。通常の弁護士や司法書士では闇金に関する事案を取り扱っていないのでご注意ください。日本闇金解決センターサポート カナコ事後の対応も必要闇金は解決後も勧誘が続いたり、押し貸し(口座に貸付として勝手に金銭を振込み金銭を要求する手口)や取り立てが続くなど、解決後にも対応が続くケースが多くみられます。どんなに腕の良い闇金に強い弁護士・司法書士に解決をしてもらったとしても確実に解決後の被害がなくなるわけではありませんので、自身での対応や対策が重要な課題です。解決後の被害を防ぐ方法としては、解決後すぐに闇金に教えていた携帯の電話番号を変える・使用していた口座を解約するなどの対応を取ることで解決後の被害を激減させることが可能です。日本闇金解決センターサポート カナコ本人で解決できるのか?この記事を読んでいる方の中には助けを求められて、手助けをするかどうか悩んでいるという方もいらっしゃるかと思います。ですが、結論から言うと本人自身で解決することは困難といえます。正常な判断ができない闇金は会社や家族など生活する上で大切な第三者を巻き込んで苛烈な取り立てを行うため、債務者はかなり精神的に追い詰められ、正常な判断が出来なくなります。場合によっては周囲の手助けが必要闇金の苛烈な取り立てに遭うとマインドコントロールされ、苦痛から逃れるために「返済しない自分が悪い」「何がなんでも返済をしなければ」という考えに陥ってしまい、状況は却って悪化してしまいます。正常な判断のできる第三者の力が必要となります。カウンセリングが必要まとめ...

2019-09-12

admin

もっとみる

相談・解決


即・解決!こんな場合は迷っているヒマ無し!緊急を要するヤミ金案件‼...


この記事はこんな人にオススメ・闇金事案で緊急性が高いとは?・弁護士や司法書士に相談すべきかわからない・とにかくツラい。こんな思いをするのは自分だけ?対処が遅れるとヤバイ事案とは?基本的に闇金に関する事案は被害が大きくなる前に相談できることが理想的ですが中々相談に至るまでに思い悩んでしまうという方も珍しくはありません。ですが案件によっては緊急を要する場合もあります。緊急を要する事案とは?・携帯を闇金に売った、渡した・銀行口座を闇金に売った、渡した・自殺を考える程、取立てが酷い・保険金を担保に借金している・誘拐・拉致・暴行など事件性がある場合対処が遅れるとどうなる?・携帯を闇金に売った、渡したケース-通信会社に対する詐欺罪や、犯罪に加担したとして逮捕される可能性があります。また契約金や割賦金は契約者に支払い義務が残るため支払いが困難になるケースもあります。・銀行口座を闇金に売った、渡したケース-銀行に対する詐欺罪や犯罪に加担したとして逮捕される可能性の他、自身名義の銀行口座の凍結や強制解約、新規口座の開設ができなくなります。・自殺を考える程、取立てが酷いケース-命がお金になっても、お金が命になることはありません。実際に闇金からの取立てが理由で自殺に追いやられる人も少なくありません。すぐに解決へと向けて対処をしてください。・保険金を担保に借金しているケース-保険金には様々な種類がありますが、その中でも死亡保険や事故に関する保険などを担保に借入をしている場合は要注意です。命に関わる場合が大きいのですぐに対処する必要があります。・誘拐・拉致・暴行など事件性がある場合ケース-通常の闇金が実際の被害を出さないのの対してこうした実害が出るケースは非常に危険な業者であることが考えられます。すぐに対処が必要です。対処はどうすればいい?こうした緊急の事案に関する相談先は警察ではなくまず闇金に強い弁護士や司法書士に相談して上手く段取りを取り、スムーズな解決をすることが重要です。ひとつでも条件が当てはまる場合、すぐに闇金に強い弁護士や司法書士に相談してください。通常の弁護士や司法書士は闇金に関する事案を取り扱っていないので必ず闇金事案を取り扱う専門家を頼る必要があります。日本闇金解決センター 金城当サイトでは全国対応・無料相談・分割や後払いに対応した闇金に強い弁護士や司法書士の紹介を行っております。TOPページから気になる事務所を選び、ボタンを押すだけで簡単に相談することが出来ます。お悩みの場合はぜひご活用ください。日本闇金解決センターサポート カナコtop_cv_areaこの記事のまとめ ┣ どうして緊急に対処すべきなのか ┣ 案件別緊急に対処する理由 ┣ 日本闇金解決センターを利用するには ┗ まとめ案件別緊急に対処する理由闇金に関する事案は被害が拡大してしまう前にできるだけ早く対処をすることが理想的です。とは言えどうしてこういった案件が緊急を要するのか、案件別に理由をご紹介します。携帯を闇金に売った、渡した「携帯電話不正利用防止法」により闇金や詐欺などの犯罪利用を防ぐため、携帯の第三者への譲渡は禁止されていることから携帯会社への詐欺や、渡してしまった携帯による犯罪が起きた場合その罪を問われる可能性があります。詐欺などに利用され自身が詐欺などに問われた場合、闇金に対する罰則よりも重い刑が課される可能性もあるのですぐに対処する必要があります。その他にも携帯の契約金や割賦金など多額の請求が発生するので、そういった場合には弁護士や司法書士を頼り債務整理などをして支払いの義務を軽くしたりする必要もあります。携帯電話を渡してしまった際の対処法などや危険性を詳しく知りたい方はこちらから。銀行口座を闇金に売った、渡した「預金口座等の不正利用防止法」では闇金や詐欺などに銀行口座などが使用されることが無いよう、第三者への口座の譲渡は禁じています。譲渡目的で口座を開設した場合は銀行に対する詐欺罪に問われ、譲渡した口座が犯罪に使用された場合は自身も罪に加担したとして犯罪に問われる可能性があります。その他にも銀行口座が不正に使用されると、自身名義の全ての口座の凍結や強制解約などが行われ一切の入出金が出来ず預金をすべて諦めざるを得ない状況にもなりかねません。渡した口座が凍結される確率は非常に高いので、口座を渡してしまった場合はすぐに対処をとる必要があります。闇金に銀行口座を渡してしまった際の対処法などや危険性を詳しく知りたい方はこちらから。自殺を考える程、取立てが酷い闇金からの執拗で悪質な取立てに追われ自死にまで追い込まれるケースは決して珍しいことではありません。精神的な疲労やストレスは目で見て確認できるものでは無いため、気がついたときには立ち直れないほど自身が追い詰められている可能性もあります。「死」を意識するようになったらすぐに闇金解決に向けて対処を取ることを考えてください。闇金は一生解決出来ない問題ではありません。自殺を考えるほど追い込まれている場合はこちらの記事もぜひ参考にしてみてください。保険金を担保に借金している死亡保険や事故などの保険に加入しており担保としてお金を借りている人や、借入の際に保険などに強制的に加入された方は命を狙われたり自死に追いやられたりする可能性が高く非常に危険です。また自死により降りた保険金で闇金に返済をしようと考えている方も中にはいらっしゃるかも知れませんが、自死では保険金が下りない可能性も高いです。保険金などで自死を迫られていたり、自死を考えている場合はこちらの記事も参考にしてみてください。誘拐・拉致・暴行など事件性がある場合数年前までの闇金ではこうした事件は少なくはありませんでしたが、取締の厳しい現在では証拠の残る実害を与える闇金業者はほとんど居なくなりました。そんな中こうした犯罪に踏み込む闇金業者はかなり危険な業者であることが考えられます。自身の命や生活に危険が及び取り返しのつかない状態になってしまう前に対処を取ってください。こうした案件は今後の人生を変えたり取り返しのつかない事態に追いやられる可能性が高く、事実こうした特徴が見られるようになってきた場合その瀬戸際にいることは間違いありません。早急に対処を取ることを考えてください。日本闇金解決センター 金城闇金に対する対処はどうすべき?悪質な闇金被害に遭った場合対処法には様々なものがありますが、ここでは一番確実でスムーズな解決方法をご紹介します。闇金に強い弁護士や司法書士を頼る通常の弁護士や司法書士は闇金に関する事案を取り扱っていないので、闇金の事案を取り扱っている闇金に強い弁護士や司法書士を相談・依頼をする必要があります。警察への相談は指示に従う闇金は犯罪ですので警察への相談を促される場合もありますが、ケースによっては解決に繋がらなかったり自身が罪に問われたり、スムーズな解決に繋がらず被害が拡大してしまうケースもあります。ただし警察の介入が必要なケースもあるので、そういった場合には弁護士や司法書士からの指示があるので指示に従ってください。不安な場合は弁護士や司法書士に相談してみるのも手段として良いでしょう。日本闇金解決センターを使う闇金事案を取り扱う弁護士や司法書士は通常の弁護士や司法書士に比べ数が少なく自身で探すのは至難のワザです。とは言え緊急を要する事案では弁護士や司法書士を探すのに時間を割いている暇はありません。日本闇金解決センター(当サイト)ではさまざまな闇金に強い弁護士や司法書士の紹介を行っているため、緊急でお困りの場合はぜひご活用ください。当サイトでは無料で弁護士や司法書士に相談ができるため、どこの事務所に相談するか悩んだ場合は複数の事務所に相談して決めるという手段を使うことも可能です。日本闇金解決センター 金城日本闇金解決センターを利用するには日本闇金解決センターではさまざまな弁護士や司法書士を紹介しており、ご利用に条件はありません。簡単3STEPで、まずは無料相談TOPページから気になる弁護士事務所や司法書士事務所を選び、相談方法(メールか電話)を選んでボタンを押すだけで簡単に無料相談をすることができます。今すぐ費用が用意できなくても安心各事務所で対応は異なりますが、費用の分割や後払いなどにも対応している事務所が多くあるため費用が用意できずに相談ができないといった場合でも安心してご利用することが出来ます。各事務所で条件が異なるため無料相談をご利用時にご確認ください。地方や日中お仕事の方でもご利用可能電話やメールで相談をすることが可能なので地方の方でも安心してご利用可能です。また電話での相談受付時間は各事務所によって異なりますが、メールは年中無休・24時間で受け付けているので日中お仕事の方でも安心してご相談することが出来ます。(ただし返答は各事務所営業時間内に限ります。)当サイトでご紹介している弁護士や司法書士は解決実績が豊富で闇金事案解決に長けた闇金に強い弁護士や司法書士ばかりなので、安心してご相談ください。日本闇金解決センター 金城top_cv_areaまとめ今回の記事を簡単におさらいして、ぜひ闇金解決にお役立てください。緊急を要する事案とは?・携帯を闇金に売った、渡した・銀行口座を闇金に売った、渡した・自殺を考える程、取立てが酷い・保険金を担保に借金している・誘拐・拉致・暴行など事件性がある場合対処が遅れるとどうなる?・携帯を闇金に売った、渡した-通信会社に対する詐欺罪や、犯罪に加担したとして逮捕される可能性があります。また契約金や割賦金は契約者に支払い義務が残るため支払いが困難になるケースもあります。・銀行口座を闇金に売った、渡した-銀行に対する詐欺罪や犯罪に加担したとして逮捕される可能性の他、自身名義の銀行口座の凍結や強制解約、新規口座の開設ができなくなります。・自殺を考える程、取立てが酷い-命がお金になっても、お金が命になることはありません。実際に闇金からの取立てが理由で自殺に追いやられる人も少なくありません。すぐに解決へと向けて対処をしてください。・保険金を担保に借金している-保険金には様々な種類がありますが、その中でも死亡保険や事故に関する保険などを担保に借入をしている場合は要注意です。命に関わる場合が大きいのですぐに対処する必要があります。・誘拐・拉致・暴行など事件性がある場合-通常の闇金が実際の被害を出さないのの対してこうした実害が出るケースは非常に危険な業者であることが考えられます。すぐに対処が必要です。対処はどうすればいい?こうした緊急の事案に関する相談先は警察ではなくまず闇金に強い弁護士や司法書士に相談して上手く段取りを取り、スムーズな解決をすることが重要です。ひとつでも条件が当てはまる場合、すぐに闇金に強い弁護士や司法書士に相談してください。通常の弁護士や司法書士は闇金に関する事案を取り扱っていないので必ず闇金事案を取り扱う専門家を頼る必要があります。日本闇金解決センター 金城当サイトでは全国対応・無料相談・分割や後払いに対応した闇金に強い弁護士や司法書士の紹介を行っております。TOPページから気になる事務所を選び、ボタンを押すだけで簡単に相談することが出来ます。お悩みの場合はぜひご活用ください。日本闇金解決センターサポート カナコtop_cv_areaPowered by Froala Editor...

2019-08-23

admin

もっとみる

闇金取立は早期解決が明暗を分けるキーポイント!...


取立を早期解決する理由 お金が足りない場合にはお金を貸してくれる業者から借りるという事も珍しくない時代になりましたが、その一方で気をつけなければならないのがそれが適法であるかです。 もし違法な闇金からお金を借りてしまった場合には、法外な金利を支払うことになり、場合によっては返済しても完済することができないといったことにもなりかねないものです。もし、闇金から取立て受けているような場合には早期に解決した方があらゆる面でメリットがあります。  取立を早期解決する理由としては、第一には闇金が違法であることです。これは闇金被害の裁判において違法な契約によって行われた金銭の貸付は、その契約そのものが無効であるという結果が出ているためで、専門家に相談すれば、借金そのものが無効になります。つまり、早期解決をすれば場合によっては、元金を返済しないでも済むとケースも存在するものです。  また闇金の中には法外な金利とさまざまな理由を付けて完済させないところも存在しています。法外な金利だけの業者であれば完済することは可能ですし、本当に超短期で借りるのであれば、違法な行為ですがお金を調達するための手段といえるものです。特に水商売など信用力がないような場合では、今でも闇金から借りているという人もいますが、それは借りる側も貸す側も互いにリスクを持って行っているものになります。 このような場合には借りる側も違法なものであると承知した上で借りているので問題ありませんが、それらのリスクを知らずに安易に違法な貸付を受けてしまうような一般人も存在します。この場合には良いカモが見つかったと、より悪質な貸付をする業者も存在するものです。 このような場合には、法外な金利だけでなくさまざまな理由を付けて返済が完了しないように仕向けます。 例えば、完済していない状態であるにも関わらず、さらに貸付を行ったり、一度借り換えさせる事によって金利分を元金に組み込ませて、借金の総額を増やしていくといったものです。このような闇金業者に捕まってしまった場合には、専門家に問題解決を依頼するか、当人が死亡したり行方不明になるまで続いてしまいます。特に、お金を借りたほうが悪いといった考えを植え付けて来ますし、それによって感覚も麻痺してくるなど、一度冷静になれば明らかにおかしいとわかるようなものでもお金を支払い続けるということになりかねません。 ある意味では、それが闇金業者の狙いでもあり、そのようなカモを捕まえることができれば、長期間にわたってお金を絞り取ることができますし、暴力的な取立てをしなくてもお金を持ってくるようになってくるものです。 いずれにしても闇金を利用して、取立てによって生活が行き詰まるといったような場合には、早期解決をする必要がありますし、そもそも相手が違法な貸付をしているとわかった時点で対応するべきものです。 専門家に依頼すれば契約そのものを無効にすることができます。 なお、闇金を見分ける方法はいくつかあります。ひとつは貸金業者登録をしていないことで、正規の貸金業を営む業者は財務局または都道府県知事の登録を受けておりそれぞれに番号が割り振られています。この登録情報はインターネットからでも簡単に調べることができ、業者名と電話番号、代表者を知ることができるものです。ただ勝手に番号を使っているようなところもあるので、必ずしも完璧な見分け方とは言えませんが、少なくとも登録を行っていないところは違法で行っていることに変わりないもので、利用するべきではありません。また法外な金利を貸し付けるのが特徴ですが、これも日本での金利の上限を知っていれば違法性を知ることができます。  日本には利息制限法と出資法の2種類の法律が金利の上限を定めていますが、いずれも最大で年利20%となっており、これを超える場合には違法です。一般的に違法な貸付では、トイチやトゴと呼ばれる用語で決められますが、これはトイチは10日で1割り、トゴは10日で5割りというもので、年率にするとトイチでも単利で365%、複利で3142%にも及ぶものであり、明らかに違法です。このような金利設定になると、そもそも超短期で返済しない限りは完済することは極めて困難になります。このような仕組みを知っていれば超短期で返済をすることになりますが、知らないような場合には、お金が出来たら返済すれば良いといって返済日を引き伸ばし、その結果、返済ができないぐらいにまで金利が膨らんでいるということになります。 こうなってくると入ってくるお金のほとんどは返済に回すことになり、さらにそこに他の業者が入り込むなどして、余計に返済が不可能になるものです。 ただ、これらは律儀に業者に対して返済するという意志を持っている場合の話で、先に話した通りにそもそも金利設定が違法なものであれば、その借金は無効です。返済しなければならないという精神的負担は時として自殺に追い込まれるケースもあります、このような事にならないためにも、違法な取立てを受けている、または返済しても返済してもそれが終わらないといったことに気づいた場合には、早期に専門家に相談するべきものです。相応の費用は掛かりますが、少なくとも違法な貸付から逃れることができます。ただ正規業者と異なって引き下がらない業者も存在しますから、解決を目指す場合にはこの問題に強い専門家に依頼すべきで場合によっては警察と連携して対応してもらう必要があるものです。 取立ての解決方法 闇金に限らず金融業者などからお金を借りた場合でも取立てをやめさせる方法は、弁護士や司法書士などの専門家に仲介してもらう方法があります。闇金の場合には、借り入れそのものが違法なものであると宣言することで取立てはもちろん返済の義務からも解放される可能性があり、問題を解決することが可能です。  一方で正規の金融業者の場合には、任意整理など債務整理を行うことで取立てをやめさせることができます。もっとも、法律に則ってお金を借りている場合には自己破産や個人再生でもしない限りは、元金は返済しなければなりません。いずれにしてもそれぞれの状況に応じて解決すべき手段が異なりますからまずは相談することが大事です。 闇金の場合の相談としては、専門家である司法書士や弁護士の他にも警察も相談相手になります。 警察は以前は民事不介入の原則から、違法性のある貸付であっても介入してくれませんでしたが、現在では暴力的な取立てが行われていなくても相談に応じてくれますし、対応が可能となっており、特に警察が介入した時点で、闇金業者も取立てを諦めるケースもあるものです。警察に相談する場合には生活安全課で対応してくれ、担当の警察官が業者に電話によって警告を行ってくれます。この時点で、業者も諦めるものです。一方で警察も状況がわからなければ対応ができませんから、相談する場合には証拠が必要になります。証拠としては、振り込んだ明細や、業者からの着信履歴、またもし電話で取立てを受けた場合にはそれを録音しておけば、証拠になりますし、暴力を受けた場合にはその証拠となる音声や映像があれば、警察も動きやすくなります。  一方で専門家である司法書士や弁護士に依頼するメリットとしては、親身な対応が可能であることや、借金問題に対して適切な対応をしてくれることです。司法書士や弁護士であっても闇金業者が介入したことを知れば取立てを止めることも期待できます。これは、そもそも違法な貸付であり、刑事告発される可能性があるためです。また闇金だけでなくちゃんとした貸金業者から借り入れを行っているような場合にも、借金問題を解決するためのアドバイスを受けることができます。このため総合的に借金のことで困っていれば警察よりも司法書士や弁護士などの専門家に相談する方が適しています。なお、弁護士や司法書士に依頼しても闇金業者が取立てをやめないような場合には、警察に依頼して問題の解決を目指すことになるものです。もっとも、業者も違法と承知の上で行っているので、続けて取立てを行うということは殆どありませんが、最終的に刑事事件に発展した場合には警察が対応することになります。  いずれにしても、闇金からの取立ての解決方法は、警察または弁護士や司法書士に相談することからスタートしますが、この時に用意しておくものとしては、可能な限り証拠となるものが必要です。証拠としては、金銭消費貸借契約書や実際にお金をやりとりした証拠として銀行口座の取引明細などです。ただ、闇金の場合には契約書を交わないケースもありますし、現金でやりとりしていれば、証拠となるものがありません。このため実際に電話でのやりとりを録音するなどして、それを聞いてもらって判断してもらうことでも証拠となります。相談されても実際に状況がわからなければ、有効な手段で対応することができません。 また警察の場合には警察署によって対応も若干異なってきますし、弁護士や司法書士でも同様です。警察の場合には公的機関ですから最初は取り合ってもらえなくても、何度も行くことで担当者が変わることで本腰を入れて対応してくれることもあります。このため一度だけでなく何度も相談することが、取立てを解決するための方法です。 一方で、弁護士や司法書士の場合には借金問題に強いところを選ぶべきで、さらに闇金に強いところを選ぶことが重要です。正規に運営している貸金業者であれば、それほど対応は難しいものではなく、相手も法律に則って対応を行ってくるものですから、比較的、経験が浅くても問題解決をすることが可能です。何よりも依頼者からの受任通知を送付すれば、法的に取立てをすることが禁じされることになります。 この法律を破ってまで、取立てを行うような正規の貸金業者は存在しません。しかし、闇金業者の場合にはもともと違法ですし、与えられるペナルティは刑事告発だけです。刑事告発は警察の仕事ですが、実際に告発しても立件することは難しいもので、たいていの場合には業者はどこかにいってしまいます。それに事務所を構えて営業しているようなところは少なく、ほとんどは個人営業で携帯電話で連絡を行っているようなところですから、罰を与えること自体は難しいことです。とはいえ、専門家が介入した時点で、取立てを行うのはごくわずかで、取立てが行われた場合には、警察に捕まえてもらうことも可能です。 このようなことから警察と連携して対応してくれる弁護士や司法書士に依頼することが解決するためのポイントになりますし、連携をする以前に名の通った弁護士や司法書士であれば、相手も身構えるため取立てを確実にやめさせることが出来ます。もちろん、取立てが止まないようであれば、刑事告発を行うなどの対抗手段に出ることで、相手に対して罰を与えることが可能ですし、違法性のない貸付についても債務整理の方法などで問題を解決するといったことが出来るものです。 なぜ闇金は苛烈な取立てをするのか 闇金の場合には苛烈な取立てをすることがありますが、この理由は法律を守らないことや少しでも利益を得ようとするためです。そもそも貸金業法では取立てについても厳しく制限されています。ルールとしては正当な理由なく早朝から深夜帯にかけて電話やFAX、訪問を行わない、正当な理由なく自宅以外に電話やFAX、訪問を行わない、依頼者が退去してくれるように申し出た場合にはそれに従う、張り紙などによって周囲に借金があるような事実を周知するような行為をしてはいけない、他の業者から借金することで返済をするように迫るようなことはしてはいけない、債務整理開始が行われたあとに督促を行わないといったものがあります。  わかりやすく言えば、取立てが出来るのは日中のみでそれも借り入れている本人の自宅および電話に対してのみが許されており、また電話や訪問にしても本人以外に知られるようなことはしてはいけません。さらに他から借り入れを教唆するようなことや、法的に認められている弁護士や司法書士の介入が行われたあとに取立てを行うようなこともしてはいけないというものです。このようなことから自宅以外に訪問したり、早朝や深夜など時間に限らず行うような場合には法律を破っているわけですから、正規業者であれば行政処分の対象となります。 一方で闇金業者の場合には存在そのものが違法ですから、取立てのルールを守って行うということはなく、その結果、苛烈な取立てを行う傾向にあり、特に元金を返済していない段階では返済が少しでも遅れると猛烈に対応してくるものです。 苛烈な取立ての内容としては、電話による攻撃で1日100件以上、時間に関係なく行ってきます。つまり、早朝・深夜帯に関係なく行い場合によっては本人の電話番号だけでなく職場にも行うことがあるものです。また暴力を振るうケースもありますが、暴力を受ければ証拠が残りますし、警察に駆け込まれると刑事告発されてしまいます。 このような事から言葉で脅してくるのが一般的で、その場合には殺害を予告したり、親族に支払ってもらうように要求するといったものです。また警察や弁護士などに相談しても、容赦なく行うといったものが見られます。張り紙を行ったり無関係の家族や隣人に対しても嫌がらせを行うなどして、無理にしてもお金を出させようとするものです。一方で、これら単なる脅迫的または暴力的な取立ての他にも嫌がらせとして出前を勝手に注文をして迷惑を掛けるケースもあります。頼んでいないのですから断ることはできますが、周囲に迷惑をかけさせることで恥をかかせて、そこからお金を払わせようというものです。 いずれにしてもこのような状況になると日常生活を営むことすら困難になるため、いち早く解決するための手段を講じる必要性があります。 このような苛烈な取立てをする場合には、組織だって行っている闇金で見られるものです。個人で行っているようなところでは、下手に行えば自身が捕まってしまいますし、何よりも専門家に相談するなど、問題解決に向けて行動されてしまうと、元金の回収すら危うくなります。一方で、組織として行っている場合には、貸付と回収はそれぞれ役割分担をしているものです。ここで貸し付ける側も回収する側も共にノルマが課せられており、かつ給与も歩合制となっているため、なりふり構わず行う傾向にあります。特に貸し付けと回収の両方を行えば、相手に返済能力があるか、少しでも気にするものですが、役割が分離していれば、貸し付ける側は無理でも貸付を行いますし、回収する側にとっても相手の事情など考慮なく行うものです。 このような事から、組織化された闇金業者では苛烈な取立てを行う傾向にあります。 一方で回収をする必要があるのは、組織を維持していく上では欠かせない現金収入です。特に元金の返済が完了していない場合には、必死になって回収を行ってきます。もし、元金が残っている状態で警察や弁護士、司法書士に問題を解決するために駆け込まれると、元金すら回収できなくなり、それは赤字となってしまうからです。また闇金業者にとって都合の良い利用者であれば、元金を返済したあとも借金が残っているとさまざまな理由を付けることでお金を出させ続けることができます。ここまで来ると金銭の巻上げとも言えるものですが、このような人物の場合には脅迫のような取立てを行ってもそれに応じて、お金を工面しようと努力をするものです。 このため違法な行為であっても支払いを怠れば猛烈に回収のためのアタックをしてきますし、回収することを専門としている人物であれば借り入れた事情など考慮せずに行います。 いずれにしても、闇金への対応が出来ないような思考状態になると自力で問題を解決することは事実上困難です。このため本人ではなく周囲が動いてやっと問題解決に向かって動き出すということになります。 また苛烈に行って問題解決のために警察や司法書士、弁護士などの専門家に駆け込んだとしても元金が回収されていれば、闇金業者にとっては黒字です。正規の貸金業者であれば過払い金として払いすぎた利息の返還請求をすることができますが、闇金業者の場合には会社としての実態がないようなところも多く、そのような場合には払いすぎたものを取り戻すということは事実上不可能といえます。このため、違法な貸付を解決するためにも早期に対応することが求められるものです。 解決が遅れるとどうなるか 闇金からの取り立ての解決が遅れることは、不利益しか存在しません。正規の貸金業者であれば、違法な貸付はありませんし、過去に過払い金が発生していた場合には、ちゃんとした対応をすることによって取り戻すことが可能です。しかし、闇金はそれらのルールが通じない相手になります。 覚えておくべきものとしては、闇金業者からの借り入れに関しては違法な金利の部分は法的に返済しなくても良いという判例が出ており、不当に得た利益に関しても返すことを求めた判例も出ています。 しかし、現実的に言えば警察や弁護士・司法書士などの専門家に相談して、問題解決のために介入したことがわかれば闇金業者はその時点で手を引くものです。また不当に得た利益を返すようにという判例は出ていても、そもそも貸金業者登録を行っていないような業者であれば、会社としての実態も存在しないようなところも多く、取り戻すことは難易度が高いものです。 いずれにしても闇金は違法であり、返済する必要はないものといえますが、これを知ったからといって自身が業者にそのことを宣言することはリスクがあるものであり、行うのであれば警察や弁護士・司法書士などに相談した上で行う必要があります。 もし単独で行えば業者はより暴力的な方法で取り立てを行う可能性が高まるものです。第三者が介入することが、安全を確保して行うことができますし、もし暴力行為を受けてもスムーズに被害届けを出すことができ、業者を摘発することが可能になります。 なお、借金問題を解決する手段として債務整理がありますが、債務整理を行うにしても専門家に行ってもらうことが大事です。 また借入先が闇金業者であれば債務整理を行う必要はありません。もし他にちゃんとした貸金業者からの借金があるのであれば、債務整理をするべきですが、闇金から借り入れたものに関しては、正規の手続きを踏んで契約したものとは全く異なるものです。 このため対応策も異なり、正規の借り入れであれば任意整理や個人再生、自己破産がその手段になりますが、闇金業者の借金であれば返済する義務がないことを通知するだけで済みます。また業者でも貸金業者登録をしているような会社であれば、返還請求を行うことも可能です。 このようなことから、専門家に相談すれば現在では、問題を迅速に解決することができるものになります。 しかし、解決が遅れることで、さまざまな不利益を被ることになってしまうのです。 闇金からお金を借りてしまって、そのことで起こる不利益は返済が終わらない状況になることや、そのために収入のほとんどを支払いに回さなければならないようになることなどがあります。そもそも完済させる気がないような業者であれば、永遠に支払い続けることになるものです。このような事から、過去には借金苦から自殺した人も少なくありませんし、自殺をしないにしても日常生活が大きく狂わされることになります。 しかし、昔と違って現在では法整備がされており助けを求めることが可能になっているものです。昔であれば警察は、民事不介入の原則を理由に借金問題に関しては積極的には介入してきてくれることはありませんでしたが、現在では借金苦から自殺した事件があった背景もあって、適切に対応してくれることが増えています。特に違法性のある貸付であるとわかれば、警察から業者に警告することも行われ、その時点で取り立てが止むものです。また、弁護士・司法書士でも違法な貸付を解決するための権限が与えられるようになっており、以前と比べて介入することが容易になっています。 以前であれば、いわゆる話し合いで問題を解決するというものでしたが、現在では法律や裁判で無効であることが明文化されていますから、それを盾にして問題を解決することが可能です。借金をするのはさまざまな理由があって行うもので、そこでは十分に業者を調べることが出来なかったり、自身の信用力が足りないために正規の業者が利用できないといった場合に闇金を利用してしまうことがあると思います。しかし、いかなる理由があっても、違法行為は違法であり、無理に返済をする必要もありませんし、これを理由に債務整理を行う必要もありません。 一方で、闇金との問題は早期に解決することが重要です。 取り立てに応じて支払いを行うということは業者にとって、旨味のあるお客だと認識させてしまいます。そうなると、さまざまな手段でお金を搾り取ろうという努力をしてきますから、余計に借金が増えるだけです。特にグループを組んで貸付を行うという行為も見られ、そのような場合には借金を返済するための借金をさせるという方法で、これによって借金が爆発的に膨らんでいくこともあります。 いずれにしても対応が遅れれば遅れるほどお金を搾り取られますし、またそれによる精神的な負担も大きくなるもので人によっては自殺に至るケースもあるものです。 自殺をしなくてもストレスから日常生活に支障をきたすようになり健全な生活を送れなくなるということもありますから、早めに誰かに相談することが必要なことになります。それは警察でも良いですし、借金問題に強い弁護士や司法書士でも良いものです。暴力的な取り立てが行われていれば警察が適切に介入してくれ、問題を解決することができます。また専門家である弁護士や司法書士であれば、借金が違法性のあることなのか判断してくれますし、また手続きを踏んで行ったものであっても債務整理の方法によって問題を解決させるといったアドバイスや、そのための手続きを開始することが可能です。 ...

2019-08-06

admin

もっとみる

弁護士これで闇金解決!闇金を専門的に扱う「弁護士事務所」5選‼...


闇金問題に対応する弁護士事務所は全国でも非常に少なく現在日本で5つの事務所が対応しております。 司法書士よりも弁護士、又は被害額が140万円以上であれば、以下の5つの事務所から選択して相談してみてください。 司法書士であればここから15の厳選した司法書士事務所を集めて紹介しております。 業界最多の5の弁護士事務所を比較!! 闇金の相談解決はここで全て完結します。 また更に詳細な紹介は相談解決のトップページからご覧いただけます。 日本闇金解決センター 金城 blogcard 九段下総合法律事務所 費用 基本報酬4万円/件 着手金0円 6件以上から減額あり 受付 メール:24時間 電話:10:00~18:00 支払い 分割OK 対応地域 全国対応 実績が15000件以上! / アフターケアにも対応!(追加費用無し!) / 女性専用窓口もあり!  九段下総合法律事務所は原則元金を支払わないことでの決着を解決方針としており、口コミの数自体は少ないものの「フォローが徹底していたので安心だった」という声が多く目立った弁護士事務所です。他の事務所などと比較すると代表の弁護士は若いですが闇金の事案に関して最先端の手口を常に研究しておりどんな闇金業社に対しても万全な体制で対応を取れるよう備えられています。そのため闇金の被害に遭った時だけではなく闇金の被害かどうか迷った際にも相談のしやすい弁護士事務所です。 日本闇金解決センター 金城 top_cv_area 事業所名 九段下総合法律事務所 所在地 東京都千代田区三崎町3-3-1 TKiビル3F URL https://kudanshita-law.com/ 定休日 土・日・祝日 伊倉秀知(第一東京弁護士会所属) 諏訪大輔(第一東京弁護士会所属) 加藤雄士(第一東京弁護士会所属) 〜複数の事務所に相談する事でより早く解決する〜 日本最強の専門家集団! Duel(デュエル)パートナー法律事務所 費用 着手金5万4000円/件 報酬別途2万円/件 システム金融10万8000円/件 受付 メール:24時間 電話:24時間 支払い 分割OK 対応地域 全国対応 2社以上の多重債務整理が得意! / 弁護士歴30年以上のベテラン! / 徹底的な闇金相談対応!  代表弁護士の正野先生は東大法学部卒業後34年の実績を持つ超・ベテラン弁護士です。「弱き者の正当な声を守りたい」という信念のもと闇金業者には徹底的に戦う姿勢を持っている弁護士のため相談者の心強い味方になってくれると口コミでは非常に評判の良い弁護士です。また相談や依頼に関しては家族や職場に対しても秘密厳守で相談者の親身になってくるため「相談しやすい」という口コミが多く、闇金に追いやられて疲弊している状況の中そういった口コミが目立つことを考えるととても相談のしやすい事務所だと言えます。  日本闇金解決センター 金城 top_cv_area 事業所名 Duelパートナー法律事務所 所在地 〒101-0041 東京都千代田区神田須田町1-2-7 淡路町駅前ビル9階 定休日 土・日・祝日(事前予約で定休日対応可能) 正野 嘉人(東京弁護士会所属 第19816号) イストワール法律事務所 費用 着手金4万9000円/件 キャンセル料請求1万9000円/件(※未着金時のみ) 受付 メール:24時間 電話:9:00~21:00 支払い 分割OK 対応地域 全国対応  周囲への取り立てにも対応! / 親身な債務整理の提案! / 「和解」対応も相談受付可能!  イストワール法律事務所では依頼から解決まで一貫した費用となっているため支払い金額がわかりやすく闇金被害で悩む人にとって非常にわかりやすい体制の整った法律事務所であると言えます。また代表弁護士の多田先生は闇金業者からお金を借りていないのにも関わらず漏れてしまった情報から請求されてしまうキャンセル料トラブルにも手厚く対応を行っている弁護士ですのでそういった被害にお悩みの方には非常に心強い弁護士であると言えます。 日本闇金解決センター 金城 top_cv_area 事業所名 イストワール法律事務所 所在地 〒102-093 東京都千代田区平河町2-4-13 ノーブルコート平河町403号 URL https://saimu.histoire-lawoffice.com/ 定休日 土・日・祝日 多田 浩章 〜複数の事務所に相談する事でより早く解決する〜 日本最強の専門家集団! ブライテスト弁護士法人 費用 着手金5万5000円/件 ※件数に応じて減額有り 受付 メール:24時間 電話:9:00~21:00 支払い 分割・後払いOK 対応地域 全国対応 実績と経験が豊富な弁護士! / 闇金と真っ向勝負! / 法人・個人問わず相談対応!  ブライテスト弁護士法人は元金返済を一切不要とした解決方針の法律事務所です。また代表弁護士の渡辺先生は闇金業者との真っ向勝負にも受けて立つ姿勢をもっている非常に心強い弁護士です。現在被害が家族や職場など周囲へ拡大している場合周囲に対しても対応を行っており親身になってくれるので、酷い状況に陥っている被害者の方にはぜひ一度相談を検討して頂きたい弁護士事務所の一つです。 日本闇金解決センター 金城 top_cv_area 事業所名 ブライテスト弁護士法人 所在地 〒106-0044 東京都港区東麻布3丁目7番3号 東麻布久永ビル二階 定休日 要相談 渡辺征二郎(第一東京弁護士会所属 第16876号) アディーレ法律事務所 費用 要相談(無料相談で確認OK) 受付 電話:10:00~22:00 支払い 要相談 対応地域 全国対応 闇金弁護士専属チームが対応! / 豊富な実績と独自のノウハウで相談解決! / 債務問題をまとめて相談解決! / 心強い弁護士が多く在籍!  アディーレ法律事務所は誰でも一度は耳にしたことのある大手弁護士事務所ですが、解決力や実績には安心の実力を持つ弁護士ばかりが揃った心強い法律事務所です。他の弁護士事務所などに比べると比較的費用は高い傾向にあるとの声もありましたが、相談を受けて案件に合わせて見積りを作成し基本的に追加料金を取らない安心の体制が確立している事務所なのでまずは相談して確認を取ることがおすすめです。相談は何度でも無料で行えるため不明な点があれば安心して相談をすることができます。 日本闇金解決センター 金城 top_cv_area 事業所名 アディーレ法律事務所 所在地 - 定休日 土・日・祝日 鈴木 淳巳 〜複数の事務所に相談する事でより早く解決する〜 日本最強の専門家集団! Powered by Froala Editor...

2019-07-18

admin

もっとみる

知識


闇金相談どっちにすべき?10分でわかる弁護士と司法書士の選び方まとめ...


この記事では闇金相談をする際に「弁護士と司法書士どっちを選んでいいかわからない…」という方のために違いや選び方をアドバイスします。 日本闇金解決センター 金城 この記事はこんな方にオススメ (この記事は約10分で読めます。) ・弁護士か司法書士どちらを選んで良いのかわからない ・弁護士と司法書士では何が違うの? ・費用を抑えると何かデメリットがあるのか不安 今回の記事まとめ  ┣ 前提として相談先は「闇金に強い」司法書士・弁護士を選ぶこと  ┣ 平均費用が高いのが弁護士、低いのが司法書士  ┣ 闇金からお金を取り戻したいなら司法書士  ┣ 裁判を起こすつもりなら弁護士  ┣ とにかく早く解決したいなら司法書士  ┣ 命の危険を感じる激しい取立の場合  ┣ 費用が高くなってしまう選び方  ┗ まとめ:ケースバイケースで選ぼう 前提として「闇金に強い」司法書士・弁護士を選ぶこと 通常の弁護士や司法書士では闇金に太刀打ちできない場合も多くあるので、闇金被害に悩んでいる場合は「闇金に強い」弁護士・司法書士を選んでください。 一般の弁護士・司法書士では断られる 闇金事案は一般の弁護士・司法書士では扱っていないため相談に行っても断られてしまいます。そのため相談は闇金事案を取り扱う弁護士・司法書士を選んで相談してください。 闇金事案の解決は専門性が大事 闇金は非常に厄介で悪質です。その上業者の素性もはっきりしておらず、その手口は千差万別です。闇金の弱点や次に考えられる被害などを把握できる弁護士や司法書士で無ければ太刀打ちできない可能性があります。 闇金に強いかどうか 闇金の商売敵でもある弁護士や司法書士は闇金の間でも名が知られているので、歯向かっては来ずあっさりと手をひくためすぐに解決することが多くあります。 長引いて厄介なことにならないためにも「闇金解決実数」や「闇金相談実績」などの多い弁護士や司法書士を選んでください。 闇金事案は非常に悪質で厄介なので通常の弁護士や司法書士だと断られたり、専門性が必要であったりするので必ず闇金事案に特化した弁護士・司法書士を選んで相談してください。 日本闇金解決センター 金城 top_cv_area 平均費用が高いのは弁護士、低いのが司法書士 基本的に費用が高いのが弁護士で、安いのが司法書士というイメージがありますが平均相場は以下の通りです。 闇金に強い弁護士 平均相場:1件につき4万円~6万円 着手金:要相談 相談料:要相談(無料の場合もあります) 司法書士 平均相場:1件に付き3万円~5万円 着手金:取らない場合が多い 相談料:無料の場合が多い 大体の平均相場で見ると大きな差はありませんが着手金・成功報酬などによって変わる場合もあります。闇金に特化した事務所では基本費用のみでその他の料金を取らない場合もあるので無料相談などを利用して費用は確認してみると良いです。 日本闇金解決センター 金城 top_cv_area 闇金からお金を取り戻したいなら司法書士 結論からいうとお金を取り戻せる確率は弁護士と司法書士では五分五分です。 そもそもお金を取り戻すことは難しい 法律上闇金に対して支払ったお金は元金を含め返還請求をすることは可能ですが、きちんと登録された業者ではないため身元がハッキリしません。なので返還請求を行ったとしても逃げられる可能性のほうが遥かに高いです。 被害回復分配手続きはどちらでもできる 被害回復分配金とは闇金の使用している口座を凍結することで中の預金を被害者で分配するという制度で、闇金からお金を取り戻すのに最も有効な手段です。 この手続きは弁護士・司法書士ともに行うことが出来ます。 なぜ司法書士を選ぶべきなのか 実質お金を取り戻すのに有効な手段は被害回復分配金手続きのみです。ですが被害者の人数や凍結された口座の預金に大きく左右されるので戻ってこない可能性もあれば、小額のみ戻ってくる場合もあります。 そういった際に費用の抑えられる司法書士の方が費用の出費が少なく済む可能性が高いです。 裁判を起こすつもりなら弁護士 闇金業者を法的に罰したいという場合には裁判を行う必要があり、弁護士に依頼をした方が自身の負担を少なく済ませることが出来ます。 司法書士だと法定代理人になれる裁判が決まっている 闇金業者を相手に裁判をするとなると裁判の種類は刑事裁判になりますが、司法書士はその下の簡易裁判所の案件までしか法定代理人になることが出来ません。 弁護士なら代理人として自身の手間を省ける 弁護士なら裁判の種類に関係なく法定代理人になることが出来るので、自身が出廷しなくても変わりに弁護士が出廷してくれます。そのため平日仕事をされている方でも裁判がしやすくなります。 ただし裁判ではお金は返ってこない 裁判を起こすと確実に闇金は敗訴しますし闇金に対し支払い命令も出ますが、裁判後実際にお金が払われるかというと支払能力や財産がない場合難しい問題でもあります。 こうしたケースは良くあることで結局裁判の費用だけが赤字になった…ということにもなりかねないので「お金を返してほしい」という目的で裁判を開くことは踏みとどまった方が身のためかも知れません。 簡易裁判所の案件なら司法書士でも法定代理人になることはできますし、簡易裁判所の案件以外でも「本人訴訟支援業務」という本人が行う裁判をサポートする業務もあります。平日に出廷することが可能であればこうしたサービスを利用して費用を抑えることも一つの手段としてあります。 日本闇金解決センター 金城 とにかく早く解決したいなら司法書士 とにかくなんでも良いから早く解決したい!この取立を止めたい!という場合には司法書士を選んだほうが早く・費用も低く抑えられます。 全国対応している司法書士が多い 闇金の案件に関して全国対応で相談の受け付けを行っているのが、弁護士に比べて司法書士が圧倒的に多く見つけやすいです。 費用の相談がしやすい とにかく一刻も早く解決したいがお金がない、という場合でも司法書士なら柔軟に対応してくれるケースが多くあります。 全国対応の弁護士は少ない=費用が高くなる可能性 実は闇金事案を全国対応で受け付けている弁護士事務所の数は非常に少なく、お住まいの地域から遠く離れているということも多くあります。その上現地まで行って相談が出来たとしても相談料がかかってしまったり、逆に出張料がかかってしまったりとかなり費用がかさみます。 そのため少しでも費用を抑えて素早く解決したいという場合には、全国対応の司法書士を頼ることがおすすめです。 命の危険を感じる激しい取立ての場合 実際に暴力を何度も振るわれている、身内が襲われた、といった場合には以下の相談先を選んでください。 警察に相談 実際に暴力を振るわれたという場合は暴力事件になるので警察も動くことが可能です。身の安全を確保するためにもできるだけはやく警察に相談してください。 地元弁護士に相談 実際に暴力を振るわれたなど命の危険を感じるほど激しい取立をされた場合は、闇金業者が行う犯罪の範疇を超えているので地元弁護士でも対応することが可能です。 司法書士ではなく弁護士の理由 今後刑事裁判になることが十分に考えられるので、司法書士ではなく弁護士に相談することを選んでください。 費用が高くなってしまう選び方 実は選び方によって費用が割高になってしまう司法書士・弁護士の選び方もあります。 とりあえず弁護士に相談 弁護士は確かに司法書士に比べて万能なようにも感じますがそれは選び方次第なので、裁判を起こさない場合は却って高くなることもあります。 費用自体が司法書士と比較して変わらない場合は弁護士を選んでも問題はありませんが、裁判の費用などは別途でかかるのでしっかりと考えてから依頼は決めましょう。 面談タイプを選ぶ 実は面談をするタイプの事務所を選ぶと○時間○千円と相談料を取られる傾向が高くなります。闇金被害に悩んでいると費用を捻出することは厳しい状況にあるため、面談タイプのものよりも全国対応で相談料がかからない事務所を選んだほうが費用対効果はあります。 法テラスを利用する 法テラスでは無料で相談を行えたり、分割で支払いができたりとかなり費用がお得になったような気がしますが、その中には平均的な着手費用も入るためトータルで考えるとその費用は通常より高くなるケースもあります。 闇金に強い弁護士・司法書士では分割や後払いでの支払いに対応していることも多くありますので、着手金が不要・相談料が無料といった事務所を選んだほうが法テラスを利用するよりもかなり安くなります。 まとめ:ケースバイケースで選ぶ 自身が選びたい解決方法で変わるため弁護士・司法書士それぞれの特徴を考えた上で選んでください。 弁護士を選ぶ場合 ・裁判を起こすつもりがある場合 ・取立てがあまりにも激しい場合 には最初から弁護士を選んだほうが費用を抑えられます。 司法書士を選ぶ場合 ・お金を取り戻す場合 ・解決だけをしたい場合 には司法書士を選んだほうが費用を抑えられます。 top_cv_area 当サイトでは闇金相談に強い弁護士・司法書士をまとめていますので是非ご活用ください。 日本闇金解決センター 金城 Powered by Froala Editor...

2019-08-22

admin

もっとみる

警察に相談すれば無料で済む?闇金の解決方法...


この記事では「警察に闇金相談はできるのか?」という声にお答えして、闇金解決方法をアドバイスしていきます。日本闇金解決センター 金城この記事はこんな方にオススメ(この記事は約15分で読めます。)・闇金の取り立てに追われている・解決したいがお金が無くて困っている・闇金に関する相談を警察にすべきか悩んでいる結論:警察による解決は証拠や被害の状況による結論から言うと、闇金に関するトラブルは警察に相談する事で費用をかけずに解決できる場合もありますが、闇金の取り立てに悩む方のほとんどが難しい状況にあると言えます。証拠が必要警察で対応をしてもらうのには、闇金業者を特定できるような証拠が必ず必要になります。電話の録音などでも証拠になり得ますが、闇金は決して特定できるような証拠を残さないため証拠を得るにはかなり厳しい状況になるでしょう。一時的に取り立てを止められる警察から闇金業者に対して警告を入れてもらう事で闇金からの取立てを止める事ができます。ですが警告により取立てが止まっても警告が延々続くわけでもないので、ほとぼりが冷めればまた取立てが始まってしまう事がほとんどです。何度も繰り返す根気・根性が必要警察での解決をする場合は取立てが始まったら警察に警告をしてもらうと言った作業を根気よく繰り返し続ける必要があります。それか確実に闇金からの取り立てをと止め、2度と闇金と関わりを確実に無くすためには裁判をするほかありません。裁判となるとかなりの費用がかかるため現実的な解決方法とは言い難いでしょう。日本闇金解決センター 金城また一番危惧すべきなのは取立てが再開した時です。この時2度と警察に相談に行けないようかなり強く脅迫されたり、取立てが更に激化する可能性もあります。警察に相談する事で一発で効き目がある場合もありますが、注意が必要なものとなるでしょう。日本闇金解決センターサポート カナコtop_cv_area この記事のまとめ ┣ 警察に相談すると対応してくれる? ┣ 状況によっては取り合ってくれない ┣ 警察に相談するメリットは? ┣ 警察に相談するデメリット ┣ 警察に対応してもらうためには ┣ 一番いい闇金の解決方法 ┣ 日本闇金解決センターで解決 ┗ まとめ警察に相談すると対応をしてくれる?状況などによりますが、警察に証拠を持って相談し被害届を提出する事で場合によっては対応してくれることもあります。所轄警察署の安全課へ相談警察への相談を考えている場合は所轄警察署の生活安全課へ相談する事で、相談に乗ってくれます。所轄警察署へ相談する場合は被害届の提出をする場合もありますので以下のものを持って、事前に警察署へ連絡して行くことをを強く勧めます。日本闇金解決センターサポート カナコ・身分証明書・印鑑・通話の録音など証拠になるもの・闇金の情報(電話番号や通話記録)・通帳(口座のやりとり)・貸付記録(いつにいくら借りて返した、利息が何割、など)闇金業者への警告所轄警察署・生活安全課の警察官に闇金業者への警告をお願いする事で取立てを止める事ができます。但し警察官に警告をしてもらう際には以下の注意点があります。日本闇金解決センターサポート カナコ・闇金への電話は自身でかける必要がある。(警察官から警告を行う際に闇金業者が「知らない」とシラを切るのを防ぐため)・取立てが止まるのは一時的なもので、取立てが激化して再発する可能性がある状況によっては取り合ってくれない闇金は犯罪の中でも軽犯罪の扱いとなるため、殺人や事故など人命に関わる大きな事件があった際はどうしても後回しになってしまったりする可能性もあります。こうしたことを防ぐためにも、警察へ相談に行こうとお考えの場合は行く前に必ず所轄警察署の生活安全課へ事前に連絡をしておくことを勧めます。日本闇金解決センターサポート カナコ闇金に関する事案は自身から関わりをもってしまうケースがほとんどですので基本的には”全て自己責任”という考え方をされることもあります。その場合、警察の原則である民事不介入を理由に相談を断られてしまう可能性もありますので注意してください。日本闇金解決センター 金城警察に相談するメリットは?それでも闇金被害者の中には「警察にまずは相談しよう」という声も多くあり、警察に相談する事で以下のようなメリットを得られることもあります。1回で効果がある場合がある闇金にとって「警察」とは、逮捕されれば2度と闇金として復帰できない可能性も持ち合わせており、逮捕されたが最後稼ぎも全て没収されてしまい兼ねないため最も関わりたくない存在です。そのため警察からの警告があった場合、すぐに手を引く闇金業者も中にはいます。警察への相談・対応は無料でできる弁護士や司法書士に依頼して解決するには費用がかかりますが、警察は国の公的機関ですので無料で相談したり、対応をしてもらう事ができます。闇金に悩む方のほとんどは逼迫した経済状況を抱えているため、この点ではかなり大きいメリットと言えるのではないでしょうか。情報提供で他の被害を防げる警察に被害届を提出する事で闇金に関する被害や状況などの情報を警察に提供する事ができます。そうすると同様の被害があった際に闇金の逮捕に有利な状況になったり、警察が捜査に踏み切りやすくなったりします。但し闇金業者に暴力を振るわれた、実際に闇金業者が家に来たなど、現実的に今すぐ危害を加えられそうな状況にある場合は即・警察へ通報してください。日本闇金解決センターサポート カナコできるだけその場で通報する事が望ましいのですが、暴力を振るわれて時間が経ってしまった・証拠がない、と言う場合には病院へ行き診断書をもらってから警察への相談を勧めます。日本闇金解決センター 金城警察に相談するデメリット上記していますが警察に相談することによるデメリットもあります。民事不介入を理由に対応してもらえない警察には原則「民事不介入」というものがありますが、基本的には相手が闇金であろうと金銭の貸し借りに関しては個人の意思で行う法律行為ですので「民事」となります。そのため民事による解決方法(弁護士や司法書士を頼る方法)で解決するようにと勧められるケースも珍しくありません。解決につながらない可能性がある警察は違法者を罰するための国の公的機関であり、被害の救済を行うための機関ではありません。そのため逮捕できなければ何ら解決に繋がらないという事も十分に考えられます。取立てが延々続く可能性もある上記しましたが、警察から闇金に対し警告をしてもらう事で取立てが止まったとしてもそれは一時的なものである可能性が高いです。ほとぼりが冷め始めた頃に更に苛烈な取立てが始まったり、警察に2度と相談に行けないよう強く脅しをかけられるといったケースも珍しくありません。確実に警察に闇金を逮捕してもらには刑事告訴(裁判)をするという方法もあります。ですが証拠集めや手続きに膨大な時間を取られたり、弁護士費用などがかかるため現実的な解決方法だとは言いにくいでしょう。日本闇金解決センター 金城闇金被害に遭われた方の m mほとんどが警察に相談する事で闇金が逮捕されると思いがちですが、実は闇金が逮捕される日本闇金解決センターサポート カナコ警察に対応してもらうためには警察に対応をしてもらうためには以下の条件が必須となります。電話の録音や契約書などの証拠闇金とのやり取りを示す電話の録音や、違法な貸付の条件となる契約書などを保持しておき、警察に証拠として提出する事で違法性や犯罪を示す事で対応が可能なものになります。警察は基本的に証拠がなければ動く事が出来ないので、警察の相談を考えている場合は常日頃からの証拠集めが重要となります。的確な被害の相談警察は犯罪を罰する国の公的機関ですので、金銭の貸し借りに関して警察が介入することはできません。ですが闇金の取立てなどの違法行為や人に対して危害を加える行為に関しては取り締まる事ができますので、警察に相談する際は闇金のどんな被害に悩んでいるのかを的確に相談する必要があります。根気よくお願いをする闇金業者の居場所や営業者を特定できる情報や証拠がない限り、警察から闇金に出来る対応は電話越しにこれ以上取立てを行わないように伝える警告のみです。そのため被害が再発してしまいやすいのですが、警察でのみ対応をお願いする場合は根気よく生活安全課の警察官に対応をお願いする事が最も重要です。基本的に警察での闇金対応は嫌がられる案件ですので、何度も何度も対応をお願いするような状況になると嫌な顔をされる事もしばしばあります。それでも根気よくお願いをできるかどうか、何度も警察署へ足を運ぶ事ができるかどうかが大きなポイントです。日本闇金解決センター 金城但し実際に闇金に暴力を振るわれた、闇金が家に来たなど実際に危害を加えられそうな場合は警察ですぐに対応する事ができますので、そうした場合にはすぐに警察に通報してください。日本闇金解決センターサポート カナコ一番いい闇金の解決方法闇金の取り立てに遭うと自身の家族や勤務先・親族・友人といった第三者を巻き込んで大きな被害を出す恐れがあり、かなり精神的に追い詰められます。そんな状況の中で警察への相談や対応を待っているような時間が無いと言う方には以下の方法を強く勧めます。闇金に強い法律家に相談費用はかかりますが闇金に関する事案を取り扱う弁護士や司法書士に相談・依頼することですぐに対応をしてもらえ、早期解決することが可能になります。すぐに取り立てが止まる闇金に強い弁護士や司法書士に相談・依頼をすることで闇金との間に仲介に入ってもらえるので、闇金は弁護士や司法書士を介さず直接債務者であるあなたへの連絡をすることが禁じられます。もし取り立ての連絡が来たとしても担当の弁護士・司法書士に報告をすれば即・対応、状況に応じた対処方法などを教えて貰うことができます。1週間程度で解決できる闇金に関する事案を取り扱う弁護士・司法書士のほとんどが、通常であれば2〜3日(早ければ即日)で取り立てをとめ、1週間程度で闇金に関するトラブルを解決できています。警察のように何度も何度も取り立てを止めるために繰り返す手間はほとんどありません。(※多くは上記のように解決できますが、あくまでも目安であり案件によります。)警察ももちろんプロではありますが闇金専門のプロではなく、日々多くの事件を抱えているため闇金のような軽犯罪はどうしても後回しになってしまいがちです。そのため闇金に関する事案は闇金解決のプロに頼んだほうがスムーズな解決を促すことができます。日本闇金解決センター 金城また闇金もある意味違法のプロであり、闇金にとって脅威的な存在である警察の目をくぐり抜けることにも長けています。そのため闇金には闇金に強いプロを頼ることを強く勧めます。日本闇金解決センターサポート カナコ日本闇金解決センターで解決日本闇金解決センターでは全国対応・無料相談・費用の分割や後払いに対応した闇金に強い弁護士・司法書士の相談を行っています。費用が心配な方でも安心闇金被害に遭う方の殆どが経済的に逼迫した状況を抱えており、費用が心配で弁護士や司法書士への相談をためらっています。日本闇金解決センターではそうした方にも安心して相談する勇気を出して欲しいという願いから、費用の分割や後払いの対応を行っている闇金に強い弁護士や司法書士の紹介を積極的に行っています。各事務所によって費用対応の条件がありますので、まずはTOPページから各事務所にお気軽にご相談・お問い合わせください。日本闇金解決センターサポート カナコ地方の方でもご利用可能日本闇金解決センターでご紹介している闇金に強い弁護士・司法書士はすべて全国対応となっており、相談は電話もしくはメールですることができます。そのためお住まいの地域を選ぶことなくご利用いただくことが可能です。メールでのご相談は各事務所24時間・365日受け付けていますので日中「仕事などで相談の時間が取れない」という方にもオススメです。(※但し相談に関する返答や対応は各事務所営業時間内となります。)日本闇金解決センターサポート カナコ闇金解決に長けたプロだから安心日本闇金解決センターでご紹介している弁護士・司法書士は闇金解決に長けたプロであり、業界でも名の知れた弁護士・司法書士ばかりです。豊富な解決実績を持ち合わせており、中には名前を聞いただけで引き下がる闇金業者もあります。また闇金は業者によって手口が変わったり、時代によっても巧妙に手口を変化させていきます。そこで弁護士や司法書士が豊富な闇金解決実績を持つことはあらゆる闇金業者に対して対応できる手段や知恵をもっているということでもあるため、安心して相談することができます。日本闇金解決センターサポート カナコ日本闇金解決センターではTOPページから気になる事務所を選び、相談ボタンを押すだけで簡単に無料で相談することが可能です。複数所に相談しても無料ですので自身にあった闇金に強い弁護士・司法書士を探すことができます。日本闇金解決センター 金城まとめ今回の記事を簡単におさらいして、闇金解決にぜひお役立てください。警察に相談する際には証拠が必要警察は犯罪者を逮捕し刑罰を与えるための国の公的機関ですので、基本的にどんな事件であっても被害の救済のための機関ではありません。もし闇金の相談を警察にする場合は犯罪の被害に遭っているという証拠などを揃えて相談する必要があります。警察に相談する際は所轄警察署の生活安全課へ警察に相談を考えている場合はお住まいの地域の所轄警察署・生活安全課へ相談してください。所轄警察署へ相談する場合は被害届の提出をする場合もありますので以下のものを持って、事前に警察署へ連絡して行くことをを強く勧めます。日本闇金解決センターサポート カナコ・身分証明書・印鑑・通話の録音など証拠になるもの・闇金の情報(電話番号や通話記録)・通帳(口座のやりとり)・貸付記録(いつにいくら借りて返した、利息が何割、など)すぐに取り立てを止めたいなら闇金に強い法律家へ警察から闇金に警告をしてもらうことで取り立てを止めることは出来ますが、一時的なものになってしまう可能性が非常に高く、ほとぼりが冷めると激化して取り立てが再開するケースが多くあります。そのため取り立てを確実にすぐに止めたいという場合は多少費用がかかりますが、闇金事案を取り扱う闇金に強い弁護士・司法書士に相談することを強く勧めます。少し前までは民事不介入を理由に警察が相談を断るといったケースも多く見られましたが、マスコミなどを通して「闇金も犯罪」と世間に多く知れ渡ったことから生活安全課での相談受付・対応をしてくれることも多くなりました。日本闇金解決センター 金城ですが様々な事件を追う警察では闇金のようなしっぽがつかめない軽犯罪の対応までは手がまわらないといったケースも多くあり、それが相談後の被害再発につながっているケースも珍しくありません。闇金には闇金のプロにお任せすることを強く勧めます。日本闇金解決センターサポート カナコ...

2019-08-19

admin

もっとみる

なぜ闇金から借りた?闇金しかお金を貸さないから。

2010年6月に遡りますが、改正貸金業法が施行されました。この法改正には大きく3つのポイントがあります。

  • 上限金利を29.2%から15~20%に引き下げる。
  • 審査時に源泉徴収票等の提出を義務付け原則、年収の1/3を超える貸し付けを禁止する(総量規制)
  • 政府の指定した信用情報機関が利用者の債務状況を一元管理する。

この総量規制が問題で年収の3分の1を超える金額は正規の貸金業者からは借り入れが出来なくなりました。

規制により今まで借り入れが出来ていた人が借りれなくなってしまったのです。

法改正により正規に借り入れができず高金利でも闇金に手を出してしまうパターンが多いのです。

総量規制と不景気が重なり交通違反などの罰金が払えず、刑務所で軽作業を行う方も増加傾向と言う報告もあります。

この年収の3分の1と言う根拠には色々な問題を含んでいるのですがここでは言及しません。興味のある方は個々でお調べください。

総務省の2017年のデータによると、非正規雇用者は2036万人おり被雇用者に占める割合は37.3%となっており、非正規雇用者の75%が年収200万円未満と言われております。

年収がアッパーの200万円と仮定しここに総量規制を当てはめると正規の貸金業者から借り入れ出来るのはわずか66万円と言うことになります。

2036万人の75%、約1500万人の方は66万円しか借金はしてはいけないーー。と法律で定められているのです。

66万円と言いますと、突然起こる不慮の事故や病気ケガ、近しい冠婚葬祭などのアクシデントやイベントが一度でもあればすぐに到達してしまう金額です。

アクシデントが重なった場合はどこにも借りられずゲームオーバーになってしまうーー。

またアクシデントが重ならず順調に返済を続けることができたと仮定しても年収が200万円以下であれば返済に何年も掛かることになります。

順調に返済を続けていても何らかのイベントが有り一定レベルの資金需要を超えるとまた資金調達をしなければなりません。

しかしここで総量規制に抵触していると闇金などで資金調達を行うことしか出来なくなります。

総量規制に抵触した資金需要者が目の前の資金調達が出来る事から闇金が民間のセーフティーネットの様な役割を果たしてしまっています。法外な金利を除けばだがーー。

生活福祉資金貸付制度や緊急小口貸付など公的なセーフティーネットは存在しているはずなのですが、日本的官僚構造の公的融資制度なので大きくプロモーションを行うこともなく、ほとんどの方が存在すら知りません。

公的セーフティーネットより闇金の方が一般社会では知名度が高いのです。

不景気・貧困化・デフレなどで貸金需要は膨らんでいるのですが、総量規制により実質少額短期融資が与信不能となり資金需要者が闇金へ吸収されています。

未来は貧困層は確実に増える事が予測されているーー。公的なセーフティーネットの充実化、総量規制の緩和など抜本的な政策を打ち出さない限りは合法的な貸金業者から借り入れが出来ない「資金需要者」が減るどころか闇金またはそれに類似する資金調達方法の需要は右肩上がりになることでしょう。

ヤミ金融対策法が施行され時折闇金事件の報道はなされますがこれは氷山の一角だと考えられます。

いくら厳罰化したところで需要がある限りは供給が無くなる事はなく、場当たり的な対策に過ぎないと思われます。

また厳罰化することで更に地下に潜り、巧妙化し実態が把握出来なくなるのではないかとも考えられます。

暴力的な闇金業者の中で非常に紳士的な闇金業者も存在し、どこも貸してくれる業者がいない状況で、闇金業者が貸付を行うことにより利用者は恩義を感じ相談まで至らず表面化しにくいケースもあるようです。

時間はかかりますが公的セーフティーネットの拡大などで需要をじわじわ削っていく事が確実に闇金というものを根絶することが可能になると考えています。

いったい誰に相談すればいい?解決方法は?

私も近年闇金解決の事案に関わっておりますが、利用される方はお世辞にも知識や法律に明るいとは言えず、素直な方が非常に多い印象です。

闇金は社会的な弱者を追い詰めるビジネスです。

闇金の相談窓口ーー、公的な場所では?

警察
担当者や警察署の文化によるようですが相談しても「払わないと強く伝えて下さい。」で終わるパターンが多いようです。
良い刑事さんに当たれば親身になって相談に乗ってくれるようですが、闇金よりも重犯罪の様な緊急を要する案件がどうしても優先になってしまうでしょうから解決までに非常に時間がかかることも予想されます。
実際動いてくれるのは被害届を出しその被害届が受理されてからです。被害届は手続き上非常に面倒が伴うこともあり現実的ではありませんがどうしても闇金業者に法的な罰則を受けさせたいのであれば警察に被害届を受理、捜査してもらうしか方法はありません。

法テラス
自ら相談する弁護士・司法書士を選ぶ事が出来ません。また闇金に強い、専門としている弁護士や司法書士に相談出来る事は難しいと思われます。
すぐに着手出来ない事から、解決への時間も要してしまいます。

消費者生活センター
弁護士や司法書士に相談することができますが、相談会という会に出席しなければ相談出来ません。また闇金に強い弁護士・司法書士に相談出来るとは限りません。解決までの道のりは非常に遠くなります。

当サイトに掲載させて頂いている事務所の先生方は確固たる信念を持ち日々闇金業者と戦っておられ、その信念と闘志に心奮わされる事もあります。

もし悩んでいるのであれば相談は無料なので是非先生方の元気とパワーを感じ即日解決で明日からは何も悩まず仕事に集中、精を出してください。

行き詰まる前に闇金解決に精通した法律の専門家に相談することをおすすめ致します。