ヤミ金被害者の一番は「子供」。ヤミ金を解決したい人へ|闇金相談解決ガイド

闇金相談解決メニュー
ヤミ金被害者の一番は「子供」。ヤミ金を解決したい人へ
ヤミ金被害者の一番は「子供」。ヤミ金を解決したい人へ
ヤミ金被害者の一番は「子供」。ヤミ金を解決したい人へ

ヤミ金被害者の一番は「子供」。ヤミ金を解決したい人へ


25714 評価:3.3
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を評価する

この記事はこんな人にオススメ

・家族が闇金の取り立てに困っている

・家族が被害に遭った

・子供の学校に取り立てが行った

結論:一番の被害者は子ども

闇金による悪質な取り立ての被害を受けた時に、一番ダメージが大きいのは自身では無く子どもです。

闇金は弱い所をつく

闇金は確実に債務者にとって一番、どこを突けば弱いのかと言うのを熟知しています。

そのため子どもの学校に取り立ての電話をしたり、子どもの周囲にわかるような取立てを行ったりすることもあります。


子どもが孤立化する

子どもの周囲に闇金からの取り立てがあることを知られると、子どもは周囲から孤立化します。

怖い取り立てがあるとなると周囲の親御さんも子どもに対し距離を置くようになるため、実際に取立てによって子どもが学校にすら行きづらくなることもあります。


子どもの被害を防ぐには

闇金の取立て被害から子どもを守るには、子どもの学校や周囲に取立や情報などが回る前に早く解決をすることです。

闇金トラブルは闇金に強い弁護士や司法書士を頼ることですぐに解決することができます。

金被害の相談を受ける中で、子どもが犠牲になっているご家庭は決して少なくはありません。また取立て以外に悪質なトラブルに子どもが巻き込まれる事案も中にはあります。

日本闇金解決センター 金城
家庭にお子さんがいる場合は注意を払うと共に、お子さんが被害にあう前に解決を目指してください。闇金に強い弁護士や司法書士への相談方法はぜひこちらを参考にしてください。

日本闇金解決センターサポート カナコ
top_cv_area



子どもの闇金被害

闇金トラブルの背景には実は被害を受けている子どもも多く居ます。

被害事例

・学校に取立ての連絡をされた(周囲から孤立化する、学校へ行きづらくなる)

・学校帰りに待ち伏せをされた、身の危険を感じた

・親の悪口や自尊心を傷つけられる言葉を言われた

・卑猥な言葉を投げかけられた

・売春や援助交際などを勧められた、斡旋された

・夜逃げのため、家族が一家離散となった


子どもは助けを求められない

闇金を解決しようと思った時、通常であれば闇金に強い弁護士や司法書士を頼ることで解決は可能になりますが、子どもは大人と違い助けを求めるべき場所に求めることができません。

どうしても親や環境に状況が左右されるため、一番身近にいるべき親が問題を解決しなければ悩みや傷を抱えてしまいます。


トラウマを抱える場合も

身の危険を感じたり、親や自尊心を傷つけるような言葉を言われると子どもは大きな傷を背負う可能性もあります。

実際に大人でもされてしまうとツラいことですが、特に子どもの頃は自身で状況を左右することができないためどもは自身で身を守りきることはできません。

トラウマを抱えてしまうと子どもの将来にも大きく傷がつく可能性もあります。

学校へ怖い人達が取り立てに行った際に、周囲の親御さんが「可哀相だ」と思ったとしても自身の子どもまでも危険に晒すわけにはいきません。そうして子どもも親の知らぬところで周囲から孤立してしまう可能性は十分にあります。

日本闇金解決センター 金城
済ができない債務者に対し、闇金業者が債務者の子どもの学校にまで取り立てに行った・電話をしたという事案は決して珍しい事例ではありません。

日本闇金解決センターサポート カナコ


早期解決が鍵

一度でも闇金の被害に遭うと周囲の人間関係を壊してしまい、闇金のトラブルに発展すると感じた時点で解決を図る必要があります。

専門の法律家に相談

闇金に関するトラブルは「闇金に強い弁護士や司法書士」に相談・依頼をすることですぐに解決することができます。

法律上闇金に対して元金を含め返済をする必要はないので、闇金に対する借金も無くすことができます。


子どもの将来に影響する可能性

特に子どもが巻き込まれてしまうケースでは子どもの将来に大きな影響を及ぼし兼ねないので早期で解決する必要があります。


周囲に知られる前に解決を

子どもだけに限らず、大人でも闇金の悪質な取り立て被害に遭えばキツくツラい思いをします。

周囲に取り立てが行ったり、周囲に知られる前に闇金に強い弁護士や司法書士に相談・依頼をすることで被害が拡大せずに解決することが可能です。

護士や司法書士を頼ると周囲に知られてしまうのでは無いかと不安に思う方もいらっしゃるようですが、弁護士や司法書士には守秘義務があるため、相談者の意志を無視して第三者に相談内容をお話することはありません。

日本闇金解決センター 金城
常の弁護士や司法書士は闇金に関する事案を取り扱っていないので、弁護士や司法書士に相談をする際は必ず闇金事案を取り扱う「闇金に強い弁護士や司法書士」に相談・依頼をしてください。相談の方法はこちらを参考にしてください。

日本闇金解決センターサポート カナコ


もし子どもが闇金被害に遭ったら

もしも自身が闇金から借り入れをして、子どもが闇金の被害にあった場合は以下のような対処法を取ってください。

すぐに専門の法律家へ相談

すぐに闇金に強い弁護士や司法書士に相談・依頼し闇金の解決を図ってください。


子どもの状態を確認

子どもに対し暴力が振るわれていないか身に危険を感じていないかすぐに確認をしてください。

子どもが怪我をさせられている場合は写真など証拠を残した上で医療機関へ行き、診断書をもらった上で弁護士や司法書士に相談してください。重要な証拠となる可能性があります。

もし心無い言葉に傷ついていたり、驚いている場合は子どもの心のケアをしてください。


学校などに取立てをされた場合

子どもが学校に行きづらそう、もしくは周囲から孤立している雰囲気があるという場合は無理に行かせず、子どもや教育関係者などとよく相談した上で学校を変えるなど対処を考えてください。

子どもはこうした状況を選ぶことができないため親が気づいてあげる必要があります。

金の取立て被害は大人でも非常にツラいものですが、子どもは自身で状況を選べないこともあり一方的に被害を受ける立場にあります。自身も非常に厳しい状況にあるかとは思いますが闇金トラブルの一番の被害者はやはり「子ども」です。

日本闇金解決センター 金城
しも闇金の取立て被害に遭ってしまったら、何よりもまず「解決すること」を目標としてください。どんなに子どもの心のケアをしても、子どもの学校を変えたとしても被害が続いてしまえば何の意味もありません。

日本闇金解決センターサポート カナコ
た、親がどういう状況にあるのか意外にも子どもは子どもなりに理解しています。まだ小さいからきっと意味がわからないだろうという安易な考えをしているといずれ子どもが大きくなった時に何らかの影響がある可能性があることを決して忘れてはいけません。

日本闇金解決センター 金城


日本闇金解決センターで解決

闇金に関するトラブルは闇金に強い弁護士や司法書士に相談・依頼をすることで解決が可能ですが、実は闇金に強い弁護士や司法書士は通常の弁護士や司法書士に比べて数が少なく、自身で探すのは至難のワザです。

日本闇金解決センターを利用する

当サイト、日本闇金解決センターでは全国対応・相談無料・費用の分割や後払いに対応した闇金に強い弁護士や司法書士を多数ご紹介しているので、自身で探すのが難しい場合でも安心して自身に合った事務所を探すことができます。


費用が心配な方でも安心

通常、弁護士や司法書士の費用は一括払いとなっていますが、日本闇金解決センターでご紹介している弁護士・司法書士のほとんどが費用の分割や後払いに対応しています。

そのため費用が心配で相談を悩んでいる方でも安心して相談することができます。

事務所によって対応や条件が変わるため、まずは無料相談でご相談ください。


地方やお仕事の方でも相談可能

日本闇金解決センターでご紹介している闇金に強い弁護士や司法書士は全国対応しているため、地方にお住まいの方でも安心してご相談することができます。

また相談は電話やメールで受け付けており、各事務所メールでの対応は24時間365日行っているため日中お仕事の方でもご相談可能です(※但し返信は各事務所営業時間内となります。)


簡単3STEPで無料相談

TOPページへ行く

②気になる事務所を選ぶ

③相談ボタンを押す


闇金被害でやってはいけないこと

子どもが被害に遭った時、もしくは悪質な取立てなど嫌がらせの被害に遭った時、安易に行動に出てしまうと却って身を危険に晒してしまうことがあります。

闇金業者を煽る

闇金業者とケンカ腰で話したり、脅迫したり、仕返ししてやろうとすると相手側を逆上させてしまい却って悪質な取立や嫌がらせが更に苛烈になってしまう可能性があります。


金銭の支払いに応じる

闇金に対し金銭の支払いに応じてしまうと「子どもに嫌がらせをするとお金を払う」と認識させてしまい兼ねません。またそれにより更に状況が悪化してしまう事例もあります。

金銭の要求に応じるのではなく、闇金に強い弁護士や司法書士に相談することで正当性のある解決を目指してください、


証拠も持たずに警察に相談

警察は原則「民事不介入」というものがあり、相手が闇金業者であってもお金の貸し借りは民事として対応を断られてしまう可能性があります。

また安易な対応をしてしまうことによって闇金業者を逆上させ更に状況が悪化した事例もあるので、警察に相談する際は弁護士や司法書士の指示を仰ぐことを強く勧めます。



まとめ

今回の記事を簡単におさらいして、ぜひ闇金解決にお役立てください。

一番の闇金被害者は子ども

闇金は返済のできない債務者に対して精神的なダメージを与えるために子どもの学校にまで取立てをすることがあります。

子どもは大人と違い状況を自身で左右する力がないため、大きなダメージを受けることになります。

闇金トラブルに子どもが巻き込まれてしまう事例は、実はそう珍しいものではありません。


子どもを闇金被害に遭わせないために

子どもを闇金被害に遭わせないためには、闇金トラブルを早期で解決する必要があります。

闇金トラブルは闇金に強い弁護士や司法書士に相談・依頼をすることで解決が可能です。


もし被害に遭ったら

もしも子どもが闇金の被害に遭ってしまったら、まずは子どもの状態を確認し闇金トラブルの解決へと向けて動いてください。

子どもが怪我などをさせられている場合は証拠として写真をとり、医療機関での診察を受けて、証拠として診断書をもらうようにしてください。

どもが被害に遭ったからと言って闇金業者を刺激するような行為をしてしまうと却って状況を悪化させ兼ねません。もし被害に遭った際は早急に闇金に強い弁護士や司法書士を頼り対処してください。

日本闇金解決センター 金城
常の弁護士や司法書士に比べ、闇金に強い弁護士や司法書士は数が少なく自身で探すのは至難のワザです。もし闇金に関する事案でお困りの場合はぜひ当サイト、日本闇金解決センターをご活用ください。

日本闇金解決センターサポート カナコ
top_cv_area



被害 警察 弁護士 司法書士 おすすめ ばっくれ・無視 取り立て 報復・嫌がらせ 手口 無料 費用 金利 ニュース
〜複数の事務所に相談する事でより早く解決する〜
日本最強の専門家集団!

闇金に関する相談解決は→

送信中…