闇金で借り入れする人が2度と借り入れをしないために必要なこと|闇金相談解決ガイド

闇金相談解決メニュー
闇金で借り入れする人が2度と借り入れをしないために必要なこと
闇金で借り入れする人が2度と借り入れをしないために必要なこと
闇金で借り入れする人が2度と借り入れをしないために必要なこと

闇金で借り入れする人が2度と借り入れをしないために必要なこと


5522 評価:3.5
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を評価する


借金を一度したことのある人なら

わかる人も多いとは思うのですが


借金というのは中毒性が高く

「こんなに簡単にお金が手に入ったんだ」という

感覚になりやすいので


「借金をしている」という感覚が薄れがちなために

何度も何度も借金を繰り返し

自ら自転車操業に追い込まれている

という人も少なくはありません。


そこで今回は

ヤミ金で借金をしてしまう人の「理由」と

その理由別の解決方法を書いていこうと思います。



見)ヤミ金から借り入れをする理由


ヤミ金から借り入れをする理由として

多く挙げられる傾向があるのは


小小)○○依存症

・ギャンブル依存症

・薬物中毒

・買い物依存症

・アルコール依存症


といった、依存症系の

メンタルに関わるものから



小小)生活苦


・給料日までのつなぎとして(理由問わず)

・多重債務による支払い

・何らかの理由による生活苦

・会社の運転資金


と言った、「その人の置かれた状況」的なものまで

理由は様々で



小小)「押し貸し被害」


数少ない理由ではありますが

こういった被害に遭った人の中でも本当に悩んでいる人もいれば


「以前、ヤミ金から借り入れを行い

押し貸しにあって、それでもなんとなく借りてしまった」

というひとも居るので、少し驚きです。



見)理由から考える対処法


では、そういった人たちが

ヤミ金から借り入れをしないようにするため

どういった対策・対処を取るべきなのか?


というのを理由別に書いていこうと思います。



小)○○依存症


依存症に関してはもはや病気で

自分自身で歯止めが効かない状態にあるため

病院や施設といった場所でリハビリなどを行うなどして

治療をすることが、今後の対処・対策となります。


ヤミ金で酷い取り立てに遭っているのにも関わらず

繰り返し行ってしまう場合は

すでに「自分では歯止めが効かない」状態にあることは間違いないかと思います。


※もし借り入れをしている場合は※

できるだけ早い段階で

専門の法律家を介入させて解決した後

病院や施設でのカウンセリングを受けるなど

ケアや治療を行いましょう。



小)生活苦


この場合だと、理由はさまざまなので

なんとも言い難い部分があるのですが


生活苦、と言う理由で借り入れを行う人は

○○依存症よりもはるかにおおいです。


なのでここではいくつかに理由を分けて

書いていきたいと思います。



小小)何らかの理由による生活苦


この場合、

「片親しかおらず、働き口もない」

「療養中で働ける状況でない」

「リストラに遭い、転職先が見つからない」

など、理由は様々ですが


そういった場合には

国が行っている「公的融資制度」や

「生活保護」などの公的な制度の利用をする

などといった対処法をススメます。



※もし、すでにヤミ金を利用している場合は

その返済で更に生活を逼迫させている可能性があり

回復が見込めない状況にあるため


「どうにか返済すれば問題が片付く」といった

考えは早めに捨てたほうが吉と言えます。


ヤミ金に強い弁護士や司法書士を介入させて

できるだけ早い段階での解決を行いましょう。



小小)多重債務による支払い


多重債務を抱えていて

支払いが困難になったため

生活も追い込まれている、という状況にある人は


早い段階で弁護士や司法書士を頼り

「債務整理」を行いましょう。


ヤミ金などで新たに借り入れなどをして

借金を増やしてしまおうとする段階で

その返済方法はすでに破綻している状況にあります。


「自己破産」や「自己再生」と言った手続きに

マイナスなイメージを持っている方も多いですが

そういった手続きは国からの

「救済措置」として認められおり


生活の立て直しを図るためのものなので

周囲が思っているよりも

マイナスなイメージは無いものです。



※もし、すでにヤミ金を利用している場合には

返済が可能であるならば

早く返済を終わらせてしまって

・電話番号を変える

・口座を解約する(口座の番号を変える)

などの対処を取って、ヤミ金との関係を切りましょう。


ですが、

・ヤミ金側が返済させてくれない

・完済までに時間がかかりそう

と言った場合には、返済はせずに

専門の法律家に相談・依頼をしましょう。


こうなると取り立てが始まってしまう事が考えられるので

そうなると、ものすごいマイナスイメージがつくことは間違いありません。


そして何度も書きますが、

ヤミ金で借り入れたお金を返済に充てるという返済方法は

すでに破綻してしまっているので

自分が、返済がすでに不可能な状態にあることを

しっかりと把握しましょう。



小小)会社の運転資金


基本的に言えることは

多重債務を抱えた人と同じことになるのですが


ヤミ金で借り入れを行ってしまうほど

資金に詰まっている場合は

すでに破綻している可能性の方が高く


残念ながら、ヤミ金から借り入れを行ったところで

回復の見込みはありません。


この場合の対処法としては

・国の公的融資制度を利用する

・「営業休止」や「倒産」も視野に入れる


ということになります。



※もし、ヤミ金からの借り入れがある場合は


会社の資金繰りになるほどの

お金の借り入れがあるということは

相当な額の借り入れになるため


返済が困難になる状況は

もう目の前です。


ヤミ金からお金を借り入れるということは

「破綻を先延ばしにして、

結果、現状よりも最悪の事態を招く」

ということです。


もし、ヤミ金から借り入れを行った場合は

できるだけ早く法律家に依頼をして

ヤミ金の債務整理をしましょう。



小小)とりあえず、給料日までの借り入れ


この理由での借り入れは実は一番多く

「返済をすれば大丈夫だろう」と

ヤミ金を甘く見た結果


思った以上の被害に遭う

パターンが多いです。


この理由のある人の対処法としては

・生活水準を見直すこと

・金銭管理をしっかり増やす

・収入を増やすことを考える

などの対処を取るほか


どうしても借り入れが必要な場合は

国の「公的融資制度」の中に

「緊急小口貸付制度」などがあり


連帯保証人不要・無利子で

10万円までの貸付なら

行っている制度があるので


そういった制度を利用しましょう。


※もし、ヤミ金を利用している場合には


返済が可能であるならば

早く返済を終わらせてしまって

・電話番号を変える

・口座を解約する(口座の番号を変える)

などの対処を取って、ヤミ金との関係を切りましょう。


ですが、

・ヤミ金側が返済させてくれない

・完済までに時間がかかりそう

と言った場合には、返済はせずに

専門の法律家に相談・依頼をしましょう。



小)押し貸し被害に遭っている場合は


押し貸しなどの被害に遭った場合は

振り込まれた金額だけを返済して


すぐに

・電話番号を変える

・口座を解約する(もしくは口座番号を変える)

などといった対処を取りましょう。


利息を返済する必要はありません。


こういった被害は

上記の対処を取ることで

自分で解決することができます。


ですが、ヤミ金に会社や身内などの情報が知られている場合は

会社にも取り立てが行く可能性があるので

周囲への根回しをしっかりとしましょう。


もし、その後

取り立てや嫌がらせが酷い場合には

専門の法律家を頼り、

警察への被害届を出すことも視野に入れて


「今後への対策」を練りましょう。



見)借金は常習性が高い


以上、理由別の対処法を書きましたが

冒頭にも書いたとおり

借金というのは中毒性があり


一度、借金という味を覚えた人は

常習となってしまいます。


なので、解決をしても

何度も別の闇金を利用しては

そのたびに法律家に依頼をして…


という人も多く居ます。


ですが、あくまでも闇金は違法ですが

お金をかし、その金利によって利益を求める業者なので


返済を確実に求めるためにも

「○日に○割」といった金利の説明は

確実に債務者となる人に行います。


その上で納得してお金を借りたなら

そのさきは「自己責任」としか言いようが無いですよね。



小)救済措置はあるけれど


確かに、闇金業者は「違法な業者」のため

弁護士や司法書士と言った

法律家が救済のために求められれば


解決のために間に介入するのは

日本で法律がある以上、当たり前とも言えます。


ですが、解決しても解決しても

繰り返し闇金での借金を繰り返せば

一体何のための解決なのか

わからなくなってくるのが現状です。


確かに、救済措置は取るべきですが

法律家が行えるのはあくまでも

「その問題の解決」までとなります。



小)自分の身は自分で守る


結局、借り入れを行うか行わないか

それはどうやっても「自分の意思」でしかありません。


闇金被害を避けるためには

「借り入れを行わないこと」

それが大前提となります。


自分を守れるのは

弁護士や司法書士、警察ではありません。

自分自身なのです。


そのことを強く持った上でも

再度、借り入れをすることがどうしても止められない

と言った場合の人には


カウンセリングや

治療などが必要になるかと思うので

一度、そういった専門機関を頼ることも


今後、自分の身を守るために

必要な対策・手段なのでは、と思います。


→サイトの紹介


おすすめ 取り立て 司法書士 和解 報復・嫌がらせ 弁護士 手口 相談・解決 知識 被害 警察 金利 電話番号(DB) 解決後
〜複数の事務所に相談する事でより早く解決する〜
日本最強の専門家集団!

闇金に関する相談解決は→