闇金相談利用者の傾向 〜コロナ禍前後での比較データ〜

闇金相談解決メニュー
闇金相談利用者の傾向 〜コロナ禍前後での比較データ〜
闇金相談利用者の傾向 〜コロナ禍前後での比較データ〜
闇金相談利用者の傾向 〜コロナ禍前後での比較データ〜

闇金相談利用者の傾向 〜コロナ禍前後での比較データ〜


9289 評価:3.3
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を評価する
〜もくじ〜

当サイト利用者のデータ


GoogleAnalyticsのデータを開示します。このデータの引用・利用はご自由に行って頂いて結構です。

引用・利用される際はお手数ですがデータの独り歩きを避けるために引用元を表記願います。

htmlソース例

<a href="https://shakinsoudan.com/">日本闇金相談解決センター</a>

印刷データの場合は当サイトのURLを明示ください。


はじめに


まずコロナ禍がいつからなのか?と言う疑問なのですが、ここは筆者の周りでもお籠りがチラホラと増えて来た際によく使われた「リモートワーク」と言うキーワードに的を絞ってみたいと思います。

Googleトレンドの出番です。


結果表示によりますと、2020年の2月初頭より検索数が増え、4月の初頭にピークを迎えているようです。

よって2020年の2月1日を境にデータを比較していきます。


コロナ禍以前の利用者データ


2019年の6月1日から2020年1月31日まで6ヶ月間の年齢及び性別の構成比です。

6月以前のデータを6ヶ月ごとに切り出してみましたがほぼ横ばいの年齢別・男女別の構成比でした。


年齢 比率
18-24歳 10.78%
25-34歳 37.73%
35-44歳 30.89%
45-54歳 13.13%
55-64歳 4.98%
65+歳 2.49%


コロナ禍以前では、25-34歳のセグメントが一番比率が大きく、消費者庁の年齢層別の平均消費性向を見ましてもこの年齢層の消費が一番旺盛な事から理にかなった数値だと思われます。 消費者庁のページへ

闇金利用者に聞き取り調査を継続して行っておりますが、生活の為に借入をすると言うのは少なく、主に無駄遣いで借入るというパターンがほとんどのようです。

理由は様々ですが、男女共通で多いのがギャンブル、キャバクラ・ホストなどでの遊興に費やすお金です。様々な遊興にハマってしまい、収入以上の消費をしてしまうというパターンです。

また、若年層では洋服、友達付合い。女性では化粧品、ネイルなどに散財し借入をしてしまう。SNSが手軽に利用できる時代、承認欲求・自己顕示欲が高い方は注意です。

実際に当サイト経由で問合せを行った構成比は利用ユーザー構成比とほぼ変わらない事から割愛させていただきます。


コロナ禍中の利用者データ


コロナ禍に入ったと思われる2020年2月1日から6ヶ月ごとに切り出してみます。


2020年2月1日から7月31日まで

年齢 比率
18-24歳 10.47%
25-34歳 34.40%
35-44歳 31.61%
45-54歳 13.33%
55-64歳 5.81%
65+歳 4.39%


25-34歳の層が比率を下げはじめます。

遊興などの無駄遣いが減ったのでは?と考えられます。

自治体により差はありますが、特別定額給付金の支給があったのもこの時期です。


2020年8月1日から2021年1月31日まで

年齢 比率
18-24歳 14.02%
25-34歳 26.63%
35-44歳 29.84%
45-54歳 16.75%
55-64歳 8.82%
65+歳 3.93%


35-44歳の働き盛りのセグメントがトップになりました。

時短や休業が多いこの時期に遊興費などの無駄遣いをしているとは考えにくいので生活の為に借入していると考えられます。25-34歳の層は独身も多く出費も抑える事が出来、世帯を持つ世代は住宅ローン、生命保険、子供にかかる費用、等出費を抑えるのが難しいのではないかと思われます。

また、不況で解雇されたり収入が減り正規の消費者金融から借入れる事が出来ず闇金に行き着く事もあると考えられます。


考察・さいごに


コロナ禍以前に比べると生活に困って当サイトのユーザー層が変化しております。厚生労働省が行っている小口の貸付・給付金等の制度を知らない方も多いようです。twitterなどで情報を発信しておりますが闇金を借りる前にこの情報が届けばと思います。

コロナ禍により女性の自殺者が急増していると報道され女性の利用者が急増するのでは?と予想しておりましたが、闇金利用者に関してはコロナ禍で女性の比率は下がっております。

他の正規金融機関、消費者金融等で借入が出来ず貸してくれた業者が闇金。闇金とは知らずに借りてしまった、と言う話も聞きます。そもそも正規の消費者金融との区別もついていないユーザーも多いようです。

多重債務・総量規制などで合法的な金融機関・消費者金融から借り入れが出来ず、親族・友人などにも言い辛いまたは断られたり…最終的に闇金に行き着くというパターンがほとんどです。散財で借入と言う方が多数ですが、追い詰められて借入する方もおられます。グレーな領域なので情報が表に出てくる事が少なく各種関係機関も実態が掌握出来ていないようです。

当サイトでも続けて闇金利用者への聞き取り調査や、闇金業者への取材などを通じて闇金の実情を蓄積、発信してまいります。

筆者も何人かの闇金業者にアポ取材をしましたが総量規制のおかげで人々が闇金に流れて来る我々はありがたいが。貧乏人ほど正規の消費者金融から借入出来る額が少なくなるのであれは悪法だと苦笑いしておりました。



厳選記事
〜複数の事務所に相談する事でより早く解決する〜
日本最強の専門家集団!

闇金に関する相談解決は→

ただいま送信中…