闇金取立は早期解決が明暗を分けるキーポイント!|闇金相談解決ガイド

闇金相談解決メニュー
闇金取立は早期解決が明暗を分けるキーポイント!
闇金取立は早期解決が明暗を分けるキーポイント!
闇金取立は早期解決が明暗を分けるキーポイント!

闇金取立は早期解決が明暗を分けるキーポイント!


1144 評価:3.5
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を評価する

取立を早期解決する理由

お金が足りない場合にはお金を貸してくれる業者から借りるという事も珍しくない時代になりましたが、その一方で気をつけなければならないのがそれが適法であるかです。

もし違法な闇金からお金を借りてしまった場合には、法外な金利を支払うことになり、場合によっては返済しても完済することができないといったことにもなりかねないものです。もし、闇金から取立て受けているような場合には早期に解決した方があらゆる面でメリットがあります。 

取立を早期解決する理由としては、第一には闇金が違法であることです。これは闇金被害の裁判において違法な契約によって行われた金銭の貸付は、その契約そのものが無効であるという結果が出ているためで、専門家に相談すれば、借金そのものが無効になります。つまり、早期解決をすれば場合によっては、元金を返済しないでも済むとケースも存在するものです。 

また闇金の中には法外な金利とさまざまな理由を付けて完済させないところも存在しています。法外な金利だけの業者であれば完済することは可能ですし、本当に超短期で借りるのであれば、違法な行為ですがお金を調達するための手段といえるものです。特に水商売など信用力がないような場合では、今でも闇金から借りているという人もいますが、それは借りる側も貸す側も互いにリスクを持って行っているものになります。

このような場合には借りる側も違法なものであると承知した上で借りているので問題ありませんが、それらのリスクを知らずに安易に違法な貸付を受けてしまうような一般人も存在します。この場合には良いカモが見つかったと、より悪質な貸付をする業者も存在するものです。 このような場合には、法外な金利だけでなくさまざまな理由を付けて返済が完了しないように仕向けます。

例えば、完済していない状態であるにも関わらず、さらに貸付を行ったり、一度借り換えさせる事によって金利分を元金に組み込ませて、借金の総額を増やしていくといったものです。このような闇金業者に捕まってしまった場合には、専門家に問題解決を依頼するか、当人が死亡したり行方不明になるまで続いてしまいます。特に、お金を借りたほうが悪いといった考えを植え付けて来ますし、それによって感覚も麻痺してくるなど、一度冷静になれば明らかにおかしいとわかるようなものでもお金を支払い続けるということになりかねません。

ある意味では、それが闇金業者の狙いでもあり、そのようなカモを捕まえることができれば、長期間にわたってお金を絞り取ることができますし、暴力的な取立てをしなくてもお金を持ってくるようになってくるものです。 いずれにしても闇金を利用して、取立てによって生活が行き詰まるといったような場合には、早期解決をする必要がありますし、そもそも相手が違法な貸付をしているとわかった時点で対応するべきものです。

専門家に依頼すれば契約そのものを無効にすることができます。 なお、闇金を見分ける方法はいくつかあります。ひとつは貸金業者登録をしていないことで、正規の貸金業を営む業者は財務局または都道府県知事の登録を受けておりそれぞれに番号が割り振られています。この登録情報はインターネットからでも簡単に調べることができ、業者名と電話番号、代表者を知ることができるものです。ただ勝手に番号を使っているようなところもあるので、必ずしも完璧な見分け方とは言えませんが、少なくとも登録を行っていないところは違法で行っていることに変わりないもので、利用するべきではありません。また法外な金利を貸し付けるのが特徴ですが、これも日本での金利の上限を知っていれば違法性を知ることができます。 

日本には利息制限法と出資法の2種類の法律が金利の上限を定めていますが、いずれも最大で年利20%となっており、これを超える場合には違法です。一般的に違法な貸付では、トイチやトゴと呼ばれる用語で決められますが、これはトイチは10日で1割り、トゴは10日で5割りというもので、年率にするとトイチでも単利で365%、複利で3142%にも及ぶものであり、明らかに違法です。このような金利設定になると、そもそも超短期で返済しない限りは完済することは極めて困難になります。このような仕組みを知っていれば超短期で返済をすることになりますが、知らないような場合には、お金が出来たら返済すれば良いといって返済日を引き伸ばし、その結果、返済ができないぐらいにまで金利が膨らんでいるということになります。

こうなってくると入ってくるお金のほとんどは返済に回すことになり、さらにそこに他の業者が入り込むなどして、余計に返済が不可能になるものです。 ただ、これらは律儀に業者に対して返済するという意志を持っている場合の話で、先に話した通りにそもそも金利設定が違法なものであれば、その借金は無効です。返済しなければならないという精神的負担は時として自殺に追い込まれるケースもあります、このような事にならないためにも、違法な取立てを受けている、または返済しても返済してもそれが終わらないといったことに気づいた場合には、早期に専門家に相談するべきものです。相応の費用は掛かりますが、少なくとも違法な貸付から逃れることができます。ただ正規業者と異なって引き下がらない業者も存在しますから、解決を目指す場合にはこの問題に強い専門家に依頼すべきで場合によっては警察と連携して対応してもらう必要があるものです。

取立ての解決方法

闇金に限らず金融業者などからお金を借りた場合でも取立てをやめさせる方法は、弁護士や司法書士などの専門家に仲介してもらう方法があります。闇金の場合には、借り入れそのものが違法なものであると宣言することで取立てはもちろん返済の義務からも解放される可能性があり、問題を解決することが可能です。 

一方で正規の金融業者の場合には、任意整理など債務整理を行うことで取立てをやめさせることができます。もっとも、法律に則ってお金を借りている場合には自己破産や個人再生でもしない限りは、元金は返済しなければなりません。いずれにしてもそれぞれの状況に応じて解決すべき手段が異なりますからまずは相談することが大事です。 闇金の場合の相談としては、専門家である司法書士や弁護士の他にも警察も相談相手になります。

警察は以前は民事不介入の原則から、違法性のある貸付であっても介入してくれませんでしたが、現在では暴力的な取立てが行われていなくても相談に応じてくれますし、対応が可能となっており、特に警察が介入した時点で、闇金業者も取立てを諦めるケースもあるものです。警察に相談する場合には生活安全課で対応してくれ、担当の警察官が業者に電話によって警告を行ってくれます。この時点で、業者も諦めるものです。一方で警察も状況がわからなければ対応ができませんから、相談する場合には証拠が必要になります。証拠としては、振り込んだ明細や、業者からの着信履歴、またもし電話で取立てを受けた場合にはそれを録音しておけば、証拠になりますし、暴力を受けた場合にはその証拠となる音声や映像があれば、警察も動きやすくなります。

 一方で専門家である司法書士や弁護士に依頼するメリットとしては、親身な対応が可能であることや、借金問題に対して適切な対応をしてくれることです。司法書士や弁護士であっても闇金業者が介入したことを知れば取立てを止めることも期待できます。これは、そもそも違法な貸付であり、刑事告発される可能性があるためです。また闇金だけでなくちゃんとした貸金業者から借り入れを行っているような場合にも、借金問題を解決するためのアドバイスを受けることができます。このため総合的に借金のことで困っていれば警察よりも司法書士や弁護士などの専門家に相談する方が適しています。なお、弁護士や司法書士に依頼しても闇金業者が取立てをやめないような場合には、警察に依頼して問題の解決を目指すことになるものです。もっとも、業者も違法と承知の上で行っているので、続けて取立てを行うということは殆どありませんが、最終的に刑事事件に発展した場合には警察が対応することになります。 

いずれにしても、闇金からの取立ての解決方法は、警察または弁護士や司法書士に相談することからスタートしますが、この時に用意しておくものとしては、可能な限り証拠となるものが必要です。証拠としては、金銭消費貸借契約書や実際にお金をやりとりした証拠として銀行口座の取引明細などです。ただ、闇金の場合には契約書を交わないケースもありますし、現金でやりとりしていれば、証拠となるものがありません。このため実際に電話でのやりとりを録音するなどして、それを聞いてもらって判断してもらうことでも証拠となります。相談されても実際に状況がわからなければ、有効な手段で対応することができません。

また警察の場合には警察署によって対応も若干異なってきますし、弁護士や司法書士でも同様です。警察の場合には公的機関ですから最初は取り合ってもらえなくても、何度も行くことで担当者が変わることで本腰を入れて対応してくれることもあります。このため一度だけでなく何度も相談することが、取立てを解決するための方法です。 一方で、弁護士や司法書士の場合には借金問題に強いところを選ぶべきで、さらに闇金に強いところを選ぶことが重要です。正規に運営している貸金業者であれば、それほど対応は難しいものではなく、相手も法律に則って対応を行ってくるものですから、比較的、経験が浅くても問題解決をすることが可能です。何よりも依頼者からの受任通知を送付すれば、法的に取立てをすることが禁じされることになります。

この法律を破ってまで、取立てを行うような正規の貸金業者は存在しません。しかし、闇金業者の場合にはもともと違法ですし、与えられるペナルティは刑事告発だけです。刑事告発は警察の仕事ですが、実際に告発しても立件することは難しいもので、たいていの場合には業者はどこかにいってしまいます。それに事務所を構えて営業しているようなところは少なく、ほとんどは個人営業で携帯電話で連絡を行っているようなところですから、罰を与えること自体は難しいことです。とはいえ、専門家が介入した時点で、取立てを行うのはごくわずかで、取立てが行われた場合には、警察に捕まえてもらうことも可能です。

このようなことから警察と連携して対応してくれる弁護士や司法書士に依頼することが解決するためのポイントになりますし、連携をする以前に名の通った弁護士や司法書士であれば、相手も身構えるため取立てを確実にやめさせることが出来ます。もちろん、取立てが止まないようであれば、刑事告発を行うなどの対抗手段に出ることで、相手に対して罰を与えることが可能ですし、違法性のない貸付についても債務整理の方法などで問題を解決するといったことが出来るものです。

なぜ闇金は苛烈な取立てをするのか

闇金の場合には苛烈な取立てをすることがありますが、この理由は法律を守らないことや少しでも利益を得ようとするためです。そもそも貸金業法では取立てについても厳しく制限されています。ルールとしては正当な理由なく早朝から深夜帯にかけて電話やFAX、訪問を行わない、正当な理由なく自宅以外に電話やFAX、訪問を行わない、依頼者が退去してくれるように申し出た場合にはそれに従う、張り紙などによって周囲に借金があるような事実を周知するような行為をしてはいけない、他の業者から借金することで返済をするように迫るようなことはしてはいけない、債務整理開始が行われたあとに督促を行わないといったものがあります。

 わかりやすく言えば、取立てが出来るのは日中のみでそれも借り入れている本人の自宅および電話に対してのみが許されており、また電話や訪問にしても本人以外に知られるようなことはしてはいけません。さらに他から借り入れを教唆するようなことや、法的に認められている弁護士や司法書士の介入が行われたあとに取立てを行うようなこともしてはいけないというものです。このようなことから自宅以外に訪問したり、早朝や深夜など時間に限らず行うような場合には法律を破っているわけですから、正規業者であれば行政処分の対象となります。

一方で闇金業者の場合には存在そのものが違法ですから、取立てのルールを守って行うということはなく、その結果、苛烈な取立てを行う傾向にあり、特に元金を返済していない段階では返済が少しでも遅れると猛烈に対応してくるものです。 苛烈な取立ての内容としては、電話による攻撃で1日100件以上、時間に関係なく行ってきます。つまり、早朝・深夜帯に関係なく行い場合によっては本人の電話番号だけでなく職場にも行うことがあるものです。また暴力を振るうケースもありますが、暴力を受ければ証拠が残りますし、警察に駆け込まれると刑事告発されてしまいます。

このような事から言葉で脅してくるのが一般的で、その場合には殺害を予告したり、親族に支払ってもらうように要求するといったものです。また警察や弁護士などに相談しても、容赦なく行うといったものが見られます。張り紙を行ったり無関係の家族や隣人に対しても嫌がらせを行うなどして、無理にしてもお金を出させようとするものです。一方で、これら単なる脅迫的または暴力的な取立ての他にも嫌がらせとして出前を勝手に注文をして迷惑を掛けるケースもあります。頼んでいないのですから断ることはできますが、周囲に迷惑をかけさせることで恥をかかせて、そこからお金を払わせようというものです。

いずれにしてもこのような状況になると日常生活を営むことすら困難になるため、いち早く解決するための手段を講じる必要性があります。 このような苛烈な取立てをする場合には、組織だって行っている闇金で見られるものです。個人で行っているようなところでは、下手に行えば自身が捕まってしまいますし、何よりも専門家に相談するなど、問題解決に向けて行動されてしまうと、元金の回収すら危うくなります。一方で、組織として行っている場合には、貸付と回収はそれぞれ役割分担をしているものです。ここで貸し付ける側も回収する側も共にノルマが課せられており、かつ給与も歩合制となっているため、なりふり構わず行う傾向にあります。特に貸し付けと回収の両方を行えば、相手に返済能力があるか、少しでも気にするものですが、役割が分離していれば、貸し付ける側は無理でも貸付を行いますし、回収する側にとっても相手の事情など考慮なく行うものです。

このような事から、組織化された闇金業者では苛烈な取立てを行う傾向にあります。 一方で回収をする必要があるのは、組織を維持していく上では欠かせない現金収入です。特に元金の返済が完了していない場合には、必死になって回収を行ってきます。もし、元金が残っている状態で警察や弁護士、司法書士に問題を解決するために駆け込まれると、元金すら回収できなくなり、それは赤字となってしまうからです。また闇金業者にとって都合の良い利用者であれば、元金を返済したあとも借金が残っているとさまざまな理由を付けることでお金を出させ続けることができます。ここまで来ると金銭の巻上げとも言えるものですが、このような人物の場合には脅迫のような取立てを行ってもそれに応じて、お金を工面しようと努力をするものです。

このため違法な行為であっても支払いを怠れば猛烈に回収のためのアタックをしてきますし、回収することを専門としている人物であれば借り入れた事情など考慮せずに行います。 いずれにしても、闇金への対応が出来ないような思考状態になると自力で問題を解決することは事実上困難です。このため本人ではなく周囲が動いてやっと問題解決に向かって動き出すということになります。

また苛烈に行って問題解決のために警察や司法書士、弁護士などの専門家に駆け込んだとしても元金が回収されていれば、闇金業者にとっては黒字です。正規の貸金業者であれば過払い金として払いすぎた利息の返還請求をすることができますが、闇金業者の場合には会社としての実態がないようなところも多く、そのような場合には払いすぎたものを取り戻すということは事実上不可能といえます。このため、違法な貸付を解決するためにも早期に対応することが求められるものです。

解決が遅れるとどうなるか

闇金からの取り立ての解決が遅れることは、不利益しか存在しません。正規の貸金業者であれば、違法な貸付はありませんし、過去に過払い金が発生していた場合には、ちゃんとした対応をすることによって取り戻すことが可能です。しかし、闇金はそれらのルールが通じない相手になります。 覚えておくべきものとしては、闇金業者からの借り入れに関しては違法な金利の部分は法的に返済しなくても良いという判例が出ており、不当に得た利益に関しても返すことを求めた判例も出ています。

しかし、現実的に言えば警察や弁護士・司法書士などの専門家に相談して、問題解決のために介入したことがわかれば闇金業者はその時点で手を引くものです。また不当に得た利益を返すようにという判例は出ていても、そもそも貸金業者登録を行っていないような業者であれば、会社としての実態も存在しないようなところも多く、取り戻すことは難易度が高いものです。 いずれにしても闇金は違法であり、返済する必要はないものといえますが、これを知ったからといって自身が業者にそのことを宣言することはリスクがあるものであり、行うのであれば警察や弁護士・司法書士などに相談した上で行う必要があります。

もし単独で行えば業者はより暴力的な方法で取り立てを行う可能性が高まるものです。第三者が介入することが、安全を確保して行うことができますし、もし暴力行為を受けてもスムーズに被害届けを出すことができ、業者を摘発することが可能になります。 なお、借金問題を解決する手段として債務整理がありますが、債務整理を行うにしても専門家に行ってもらうことが大事です。

また借入先が闇金業者であれば債務整理を行う必要はありません。もし他にちゃんとした貸金業者からの借金があるのであれば、債務整理をするべきですが、闇金から借り入れたものに関しては、正規の手続きを踏んで契約したものとは全く異なるものです。 このため対応策も異なり、正規の借り入れであれば任意整理や個人再生、自己破産がその手段になりますが、闇金業者の借金であれば返済する義務がないことを通知するだけで済みます。また業者でも貸金業者登録をしているような会社であれば、返還請求を行うことも可能です。 このようなことから、専門家に相談すれば現在では、問題を迅速に解決することができるものになります。

しかし、解決が遅れることで、さまざまな不利益を被ることになってしまうのです。 闇金からお金を借りてしまって、そのことで起こる不利益は返済が終わらない状況になることや、そのために収入のほとんどを支払いに回さなければならないようになることなどがあります。そもそも完済させる気がないような業者であれば、永遠に支払い続けることになるものです。このような事から、過去には借金苦から自殺した人も少なくありませんし、自殺をしないにしても日常生活が大きく狂わされることになります。

しかし、昔と違って現在では法整備がされており助けを求めることが可能になっているものです。昔であれば警察は、民事不介入の原則を理由に借金問題に関しては積極的には介入してきてくれることはありませんでしたが、現在では借金苦から自殺した事件があった背景もあって、適切に対応してくれることが増えています。特に違法性のある貸付であるとわかれば、警察から業者に警告することも行われ、その時点で取り立てが止むものです。また、弁護士・司法書士でも違法な貸付を解決するための権限が与えられるようになっており、以前と比べて介入することが容易になっています。

以前であれば、いわゆる話し合いで問題を解決するというものでしたが、現在では法律や裁判で無効であることが明文化されていますから、それを盾にして問題を解決することが可能です。借金をするのはさまざまな理由があって行うもので、そこでは十分に業者を調べることが出来なかったり、自身の信用力が足りないために正規の業者が利用できないといった場合に闇金を利用してしまうことがあると思います。しかし、いかなる理由があっても、違法行為は違法であり、無理に返済をする必要もありませんし、これを理由に債務整理を行う必要もありません。 一方で、闇金との問題は早期に解決することが重要です。

取り立てに応じて支払いを行うということは業者にとって、旨味のあるお客だと認識させてしまいます。そうなると、さまざまな手段でお金を搾り取ろうという努力をしてきますから、余計に借金が増えるだけです。特にグループを組んで貸付を行うという行為も見られ、そのような場合には借金を返済するための借金をさせるという方法で、これによって借金が爆発的に膨らんでいくこともあります。 いずれにしても対応が遅れれば遅れるほどお金を搾り取られますし、またそれによる精神的な負担も大きくなるもので人によっては自殺に至るケースもあるものです。

自殺をしなくてもストレスから日常生活に支障をきたすようになり健全な生活を送れなくなるということもありますから、早めに誰かに相談することが必要なことになります。それは警察でも良いですし、借金問題に強い弁護士や司法書士でも良いものです。暴力的な取り立てが行われていれば警察が適切に介入してくれ、問題を解決することができます。また専門家である弁護士や司法書士であれば、借金が違法性のあることなのか判断してくれますし、また手続きを踏んで行ったものであっても債務整理の方法によって問題を解決させるといったアドバイスや、そのための手続きを開始することが可能です。


おすすめ ポイント 厳選記事 取り立て 司法書士 和解 弁護士 無料 相談・解決 知識 警察 費用
〜複数の事務所に相談する事でより早く解決する〜
日本最強の専門家集団!

闇金に関する相談解決は→