闇金の取立ては何をする?取立てに備えておきたいこと|闇金相談解決ガイド

闇金相談解決メニュー
闇金の取立ては何をする?取立てに備えておきたいこと
闇金の取立ては何をする?取立てに備えておきたいこと
闇金の取立ては何をする?取立てに備えておきたいこと

闇金の取立ては何をする?取立てに備えておきたいこと


2683 評価:4
このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事を評価する

この記事はこんな人におすすめ

・闇金から「取立てをする」と宣言された

・闇金の取立てはどう対処したらいい?

・取立てって何をされるの?

結論:闇金の取立ては何でもする

闇金は悪質な取立てをすることで債務者を精神的に追い詰め金銭の支払いを延々と要求し続けます。

闇金の嫌がらせ行為

・電話回線がパンクするほど執拗に電話をする

・身の危険が及ぶような脅迫をする

・会社に執拗な取立てを行う

・子どもの学校にまで取立てをする

・ピザや寿司などを勝手に注文する

・債務者の名前でイタズラに110番や119番をする

などの嫌がらせ行為は多岐に渡り、悪質さも業者によって変わります。闇金がどの取立て行為を行ってくるかは一概には言えません。


闇金の取立ては2パターン

現在では闇金や犯罪に対する取り締まりが厳重なものになっているため、証拠を残さないよう慎重になっている闇金業者が増えています。そのため闇金の取立ては大きくわけて2つのパターンに分かれます。

ほぼ電話での嫌がらせパターン
→警察などに捕まらないよう証拠を残さずに行う取立て

・暴力など実害が出るパターン
→現在では珍しいタイプの取立て方法ですが、このタイプの場合証拠が残ろうと取立てを行う業者なので非常に危険です。


取立てを止めるには

闇金は犯罪なので「まず警察」と思いがちですが、まず相談するべきは闇金に強い弁護士や司法書士です。

闇金に強い弁護士や司法書士に相談・依頼をしたのち、指示を仰いで警察への相談に行くことがスムーズで最短での解決をすることが出来ます。

金は悪質な取り立て行為を行い債務者を追い詰めることで金銭を搾取し、債務者が地に堕ちるまで金銭を支払わせます。闇金の解決は闇金に金銭を支払うことではなく、法的に解決を図るべきです。

日本闇金解決センター 金城
護士や司法書士に相談すると費用がかかると思われがちですが、闇金にお金を支払い続けるよりも安く警察を頼るよりも遥かにスムーズに解決までの道のりをサポートします。

日本闇金解決センターサポート カナコ
サイトでは全国対応・相談無料・費用の分割や後払いに対応した闇金に強い弁護士や司法書士の紹介を行っています。TOPページから気になる事務所を選びボタンを押すだけで簡単にご利用できるので、お悩みの場合はぜひご活用ください。

日本闇金解決センター 金城
top_cv_area



闇金の取立て行為

闇金の取立ては非常に悪質で執拗なもので、金銭が支払われるまで際限なく続きます。

現在の取立て

「闇金の取立て」と聞くと闇金ウシジマくん(ビッグコミックスピリッツ)のような苛烈な取立てを想像する方もいらっしゃるかと思いますが、現在では法律で厳しく取立て行為の規制がされており、また犯罪への取締も非常に厳しいものとなっているため電話での取立てを行う闇金が増えています。


電話のみだからといって甘く見ない

闇金側の取立ての目的は債務者を精神的に追い詰め金銭を支払わせることです。実際に暴力を振るわれなかったから怖いことはないという訳ではなく、電話を使って債務者の仕事先や周囲の人々を巻き込み悪質な被害を与えます。


暴力や実害の出る闇金は非常に危険

電話での取立てが主流になってきた中で実際に家まで来て取立てを行ったり、債務者に対して暴力行為をふるったり玄関のドアや植木を壊したりする闇金業者も中にはいます。

こうした闇金業者は証拠が残ろうが金銭の要求を目的とし動くので非常に危険です。

金の被害で怖いのは闇金からお金を借りたという債務者の負い目を突き精神的に攻撃を与えることで「助けを求めるべきところに助けを求められなくなる」ことです。

日本闇金解決センター 金城
けを求められず最悪、自死に追いやられる人も少なくはありません。取立ての被害が大きくならない内に自身が「取立ての被害に遭っている」と感じた時点で対処を取ることが最も重要です。

日本闇金解決センターサポート カナコ


闇金に取立てをされたらどうすべき?

闇金に悪質な取立てをされたら「まずは警察に相談!」と思ってしまいがちですが、命にかかわるような緊急時でも無い限りすぐに解決に繋がることは考えにくいです。そこでまず何をするべきかSTEP別にご紹介します。

STEP1. 記録を起こす

・闇金業者の名前

・電話番号

・金銭のやり取りの記録(いつにいくら借りて、いくら返したか、など)

・貸付の条件や内容

・金利

など業者の情報や契約の内容をできるだけわかる範囲でメモに起こします。


STEP2. 証拠を残す

・電話での取立ての場合→録音をするなどして通話の内容を残してください。闇金を捕まえるのに有効な情報が残る場合もあります。

・暴力を振るわれた場合→写真を撮ってすぐに医療機関を受診し、診断書をもらってください。

・物を壊された場合→写真などを撮って残しておく、動画なども撮れるようであれば取る。

証拠を残しておくことは後に有利になることが多いですが、緊急時や無理をして証拠を揃える必要はありません。もし証拠などが無く得ることが難しそうだと感じた場合はそのままSTEP3に進んでください。


STEP3. 闇金に強い弁護士や司法書士に相談

STEP1、STEP2で揃えたメモや証拠を持って、警察ではなく闇金に強い弁護士や司法書士に状況を伝え相談してください。相談の内容から緊急時の場合は警察に相談するよう指示が出るので、指示に従ってください。

闇金に強い弁護士や司法書士を頼ることで闇金は簡単に解決することが出来ます。

察は被害者を助ける場所ではなく犯罪を取り締まる機関なので、実際に取り立てに困っていたとしても民事不介入を理由に対応してもらえない場合もあります。

日本闇金解決センター 金城
金に強い弁護士や司法書士なら最短即日で取立てを止めることができるため、闇金の取立てにお困りの場合はすぐにお悩みを解決することが出来ます。

日本闇金解決センターサポート カナコ


闇金に強い弁護士や司法書士なら解決できる

どうして闇金に強い弁護士や司法書士なら闇金トラブルを解決できるのか、ここではその理由をご紹介します。

闇金に強い弁護士・司法書士

実は通常の弁護士や司法書士は闇金に関する事案を取り扱っていないため、闇金トラブルにお悩みの場合は闇金事案を取り扱う弁護士や司法書士を探して相談する必要があります。


弁護士や司法書士は法律のエキスパート

弁護士や司法書士は法律のエキスパートなので、法律と照らし合わせ闇金の違法性をすぐに割り出す事ができます。そのためいざとなると闇金を相手に告訴を起こすことも可能です。


和解交渉で穏便に・早く解決できる

闇金は弁護士や司法書士を相手に裁判で勝てる事は無いので、弁護士や司法書士の提示した交渉の条件を飲まざるを得ません。裁判には多くの費用などがかかるため和解交渉で早く穏便に解決出来ることがベストな条件です。


警察など公的機関との連携がスムーズ

警察や裁判所など国の公的機関を頼る場合、手順や説明の仕方1つで対応が変わる場合があります。そういった際に個人で説明するよりも弁護士や司法書士などからの説明があればスムーズに事を進める事ができます。


周囲へのフォローも頼める

職場や親族など闇金業者の被害が拡大した場合、自身で説明をするよりも弁護士や司法書士からの説明があると周囲も安心し決別をすることなく済む場合もあります。

金に強い弁護士や司法書士を頼ることで闇金に与えられた被害の回復を図り、状況に応じて警察への相談を考えるという方法が闇金解決ではベストな方法であると言えます。

日本闇金解決センター 金城
金に関するトラブルは1人で解決しようと思っても難しく、解決までに手間取っている間に被害が拡大して結果周囲に迷惑をかけてしまうことを考えると、出来るだけ早い段階での相談がマストです。

日本闇金解決センターサポート カナコ


闇金に強い弁護士や司法書士に相談するには

闇金に強い弁護士や司法書士は数が少なく、自身で探すのは至難のワザですが闇金に関する事案では解決までに時間をかけてしまうことは命取りです。そこで今回は手っ取り早く解決する方法をご紹介します。

日本闇金解決センターを使う

当サイト、日本闇金解決センターでは全国対応、無料相談、費用の分割や後払いに対応した闇金に強い弁護士や司法書士を多数紹介しています。


簡単3STEPで無料相談

①TOPページへ行く

②気になる弁護士事務所or司法書士事務所を選ぶ

③相談ボタンを押す

だけで簡単にメール、もしくは電話で無料相談することが出来ます。


地方の方や日中お仕事の方でも安心

メールや電話で相談可能なため、地方にいて弁護士や司法書士に中々相談できないという方でも安心してご利用することが出来ます。

また電話での相談受付は各事務所によって対応時間が異なりますが、メールは各事務所24時間年中無休で受け付けているため日中お仕事で相談できないという方でも安心してご相談する事ができます。

top_cv_area


ただし土日祝祭日には注意が必要

ただし土日祝祭日には注意が必要です。

弁護士・司法書士のほとんどはお休み

土日祝祭日は相談の受付業務は行っているものの、弁護士や司法書士がお休みである事が多く対応がすぐにできない場合があります。

土日祝祭日でしか対応が出来ない場合は事前に相談を行い、対応をしてもらえるか確認をする必要があります。


土日祝祭日に緊急事態!になったら

・暴力を振るわれた

・身の危険を感じるほどの脅迫をされた

・休日中に返済をしなければ周囲に取立てをすると言われた

という場合にはお住まいの地域の所轄警察署へ行き状況を説明した上で、闇金に対し警察官から警告を行ってもらうように相談をしてください。

警察からの警告で闇金も警戒し一時的に取立てが止まります。


休みが明けたら弁護士や司法書士に相談

休みが明けたらすぐに闇金に強い弁護士や司法書士に相談してください。警察で対応をしてもらったとしても一時的に取立てが止まっただけに過ぎないので、ほとぼりが冷めるとすぐに取立てが始まります。

取立てが再開する前に闇金に強い弁護士や司法書士に相談をすることが最も重要です。

立てが一時的にでも止まると安心して「闇金に強い弁護士や司法書士への相談をしなくても大丈夫」と思われる方もいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。

日本闇金解決センター 金城
察に相談されたことを根に持ち更に悪質な取立てをしてくる闇金業者は決して少なくはありません。取立てが止まったからと安心したりせずに休みが明けたら闇金に強い弁護士や司法書士にすぐに相談・依頼をしてください。

日本闇金解決センターサポート カナコ


まとめ

今回の記事を簡単におさらいして、ぜひ闇金トラブル解決にお役立てください。

闇金の嫌がらせ行為

・電話回線がパンクするほど執拗に電話をする

・身の危険が及ぶような脅迫をする

・会社に執拗な取立てを行う

・子どもの学校にまで取立てをする

・ピザや寿司などを勝手に注文する

・債務者の名前でイタズラに110番や119番をする

などの嫌がらせ行為は多岐に渡り、悪質さも業者によって変わります。闇金がどの取立て行為を行ってくるかは一概には言えません。


闇金の取立ては2パターン

現在では闇金や犯罪に対する取り締まりが厳重なものになっているため、証拠を残さないよう慎重になっている闇金業者が増えています。そのため闇金の取立ては大きくわけて2つのパターンに分かれます。

ほぼ電話での嫌がらせパターン
→警察などに捕まらないよう証拠を残さずに行う取立て

・暴力など実害が出るパターン
→現在では珍しいタイプの取立て方法ですが、このタイプの場合証拠が残ろうと取立てを行う業者なので非常に危険です。


取立てを止めるには

闇金は犯罪なので「まず警察」と思いがちですが、まず相談するべきは闇金に強い弁護士や司法書士です。

闇金に強い弁護士や司法書士に相談・依頼をしたのち、指示を仰いで警察への相談に行くことがスムーズで最短での解決をすることが出来ます。

サイトでは全国対応・相談無料・費用の分割や後払いに対応した闇金に強い弁護士や司法書士の紹介を行っています。TOPページから気になる事務所を選びボタンを押すだけで簡単にご利用できるので、お悩みの場合はぜひご活用ください。

日本闇金解決センター 金城
top_cv_area

SNS闇金 おすすめ ソフト闇金 ポイント 取り立て 司法書士 和解 報復・嫌がらせ 弁護士 手口 無料 知識 被害 警察 闇金ウシジマくん
〜複数の事務所に相談する事でより早く解決する〜
日本最強の専門家集団!

闇金に関する相談解決は→